スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリミ親分へのインタビュー 

代表の練習開始と共に、プリミ親分へのインタもあちこちで行われている模様。
ここでは、4月9日付Prensa Libre紙に掲載されたものを。
"Cara a cara con el Primi"
なおこのインタ、Selección de Guatemalaというブログにも転載されておりまして、
こちらの方が追記記事もあったりします。
Ramón Maradiaga, entrevista





グアテマラに戻られた理由は?
国際大会に行くためにもう一度予選を戦うためさ。
それは個人的な目標でもあるしね。
これは私にとっては最後の予選だ。
同時に、前回よりももっと良くできると信じている。


前回のW杯予選で敗退した後、
もしグアテマラ代表監督の座をオファーされていたら引き受けられましたか?

もちろん。でもオスカル・アロヨの言うこともわかったからね。
私はユースの監督をやりたかったんだが、
アロヨはそれはやめた方がいいと言った。
私が燃え尽きるんじゃないかと思ったんだな。
それにグアテマラには新しい顔が必要だとも言ったな。


グアテマラに来る前に、ホンジュラス代表監督のオファーを受けましたか?
いや。自分の名前が挙がったことがあるのは知っているが、
呼ぶのはやめてほしい、ホンジュラス代表監督になるつもりはないから、と言っておいた。


監督がいらっしゃらなかった間に、グアテマラのサッカーは進歩したと思われますか?
新しい才能の発掘については進歩があったようだが、
レベルは変わらないだろう。
ハラパやシェラフといったクラブに進歩があったね、
伝統的なクラブだけが支配している時代は終わったようだ。


4年前と今回と、最初の代表メンバーの招集はどちらの方が難しかったですか?
4年前だね。
その当時知っていたのはペスカドとパンドとフレディとマルティン・マチョンだけだった。
いろんな選手を知るために、ホルヘ・ロルダンの手助けは欠かせなかったよ。
でも今回は違うよ。
グアテマラのサッカーのことはずっと追いかけていたしね、
リーグのクラブからオファーを受けたこともある。
ビデオも見たし、監督の何人かとは話もしたしね。


月曜日の招集メンバーは、予選を戦うために使われる選手、ということですか?
私が興味があるのは、結果を出しているかどうかだ。
クラブで結果を出していなければ、招集しないよ。
ピッチで結果を出している選手に機会を与える必要があるだろう。
年齢を見てるわけじゃないよ。


前回予選でいなかった選手の中で、驚かれた選手はいますか?
いや。と言っても、ラリン、ジョニ・フローレス、マルケスは
直接見たことはなかったけれどもね。
3人とも状態が良さそうだし。
ボールをうまく扱うというコンセプトを実現できる選手、
必要があれば相手に対してアグレッシブに行くことができる選手を探している。


グループ予選を見据えて11人を決めるつもりですか?
まず最初はセントルシア戦だ。
セントルシアを過小評価することはできないよ。


4年前と比べて、試合の仕方に違いはあるんでしょうか?
いくつかはね、でもそれは私がどう戦うか、
どういう選手を招集するかによるだろう。


規律についてはいかがでしょう?
(4年前の代表について)いろいろと言われているのは知っているけれど、皆嘘だよ。
皆良く練習し、規律正しいチームだった。
トリゲーニョとラミレスが喧嘩したとか、
選手の何人かが合宿所から抜け出して練習をさぼったとか、
そんなことは何もなかった。


グアテマラにはFWが少ないことは気になりませんか?
もっと選択の余地がないとね。
ルイスを代表の絶対メンバーとすることはないし、
残念ながらエルナン・サンドバルは怪我でプレーできない。
モンテペケ、エストラダ、ゴドイ、ペッサロッシあたりには
もっとレベルを高めて欲しいね。


ファンに望まれることは?
何も望む必要はないよ。
この数日間を振り返っただけで、大きな支援を受けているのがわかるからね。
だけど、プロジェクトに結果が伴うようにしないと。


代表をめぐるもの、マスコミやファンにどう対応されるのですか?
選手達には勝ったからといって有頂天になったり、
負けたからといって卑屈になることはないと言っている。
私は理解できるし、読んだり聞いたり見たりしないとは言えないしね。
情報を受ける必要はあるが、それにこだわるつもりはないね。


サッカーに関して、どなたか、まず意見を求める、という人がいるのでしょうか。
ホンジュラスでは、いろいろと助言を求めた相手がいたよ。
ここではコーチ陣を助けて行くつもりだ。
私は誰の意見でも聞くよ、車の見張り番にもね。


ホンジュラスから敵とみなされることは辛くありませんか?
最初の時はそうだったけれど、もうそんなことはないよ。
中には、またホンジュラスを予選敗退させないでくれよ、
と言った人たちもいたけれどね、
でも勝たなきゃいけないし、実現するよ。


あなたのチームに求めるものは?
堅固さ。
DFにはボールを奪って出すだけではなく、通すことを。
チームが機能すること。
あらゆる状況に対応できるよう、その場限りではなく、
規律とバランスを保つこと。


セントルシアのことはもう分析されましたか?
一度ビデオで見た。
強く、フィジカル・コンタクトの多いチームだ。
使える選手達がいるしね。


CONCACAFのことはどうご覧になられますか?
キューバ、トリニダード、ジャマイカ、パナマは良くなっている。
アメリカが最強だろう。メキシコは問題を抱えているように見える。


W杯予選に向けて、何か気にしていることはありますか?
何もないけれど、対戦する相手それぞれについて思わずにはいられないね。


前回予選の後、代表監督を続けさせなかったのは誤りだったと思われますか?
誤りだったと言うことはできないよ、
十分な時間が取れるから、私は続けたかった、ってことは言えるけれどね。
だけどすべてはボールのように回転するのさ。
今度はグアテマラ人の夢、そして私の夢を実現したいと思っている。






本日、9日の合宿終了後のインタ。

「選手達のプレーに感心したよ。
 テクニックは素晴らしい。
 戦術を理解し実行する能力はもっと優れている。
 最初に与えた指示以外に、何も出す必要がなかったよ。
 この最初の合宿で安心できたし、確信ができたね。」


「当面、この選手たちで続けていくつもりだ。
 怪我とか、何かあった時には他の選手を呼ぶかもしれないが。
 他の選手たちについては、レベルを上げてもらわないと。」


「他の選手については、実際に見てから招集しようと思う。
 シェラフの選手を呼ばなかったのは見なかったからだ。
 誰かからの推薦だけで選びたくはなかったのでね。」


「フォーメーションは必要に応じて変わるだろう。4-4-2とか3-5-2とか4-5-1とかね。」


*タグ/マラディアガ親分

スポンサーサイト

ぷちニュース No.41 

violetプリミの電撃訪問

木曜日にグアテマラへ戻ってきたプリミ・マラディアガ。
なんでも本当は1日1便しかないテグシガルパからグアテマラシティーへの直行便で
朝到着する予定だったのに、
この飛行機が何かのトラブルで飛ばなくなってしまったので、
代わりの便に乗ってやってきたのが木曜日の夜。


でもって、金曜日にはロホスとクレマを電撃訪問。
それぞれ、監督と話をして
「招集するからヨロシク頼むわ」とアイサツして来たそうです。


張り切っているようで、頼もしいわ~。


violetカストリーヨもほしい、はないちもんめ

マルケンセがマルケスを欲しい、っていう話は、
まあマルケスって名字はやっぱりマルケンセ向けよね。
とどうでもいいことを思ってたんですが、
そのマルケンセ、「実は、カストリ君も欲しいんだけれど」と言い出したとか。


でもって、ハラパの方は
「いや、本当に本当なら、売ってもいいよ」。


実はハラパ、今のエドムンド・ルアノ会長になる前、
って06-07シーズンのことですが、
乱脈経理でものすごい借金を作ってしまったらしい。
で、マルケスとカストリーヨを売ってこの借財を返したい・・・・・・。


・・・・・・なかなか泣かせる身売り話ですな。


でもね。カストリーヨは知らないけれど、
マルケスってハラパ出身のハラパカンテラ育ち。
でもって、国外からも一応問い合わせがあったりなんかしたらしい。
そんな選手を、マルケンセにですかい?


グアテマラ国内で「あの子がほしい~」って
金を払ってはないちもんめが成立するケースって
実はかなり少ないので、まあこういうのもあったらいいよな、とは思います。


でも、この後CONCACAFチャンピオンズリーグも控えているし
(まあ、このためにスタジアムの改装しないといけなくて、
 借金が増えたのかも、だけれどさ)
とにかく、今しばらくはこの2人そっとしておいてやってほしいな~。


それこそ、CCLで活躍すれば、もっと高く売れるかもよ?


*タグ/マラディアガ親分 ジャン・マルケス(選手) カルロス・カストリーヨ(選手)

ぷちニュース No.40 

violetマラディアガ、3日にグアテマラへ

代表監督に就任して一旦ホンジュラスに戻ったラモン・マラディアガ、
3日に再びグアテマラにやってくるそうです。
で早速今週末、国内の試合観戦に向う模様。
第14節は何と言ってもクラシコがあるんで
これを見逃す訳にはいかないぞ!ってことのようです。


violetは~ないちも~んめ!?

なんか、マルケンセがハラパのジャン・マルケスを欲しい!
と言ってるとかいう噂が。
マルケンセ、サイドに速い選手を並べているので、
自陣からロングボールが送れる選手が欲しいんだろうな、
と思うんだけれど、このシーズン途中にかい~?


・・・・・・大体、少なくとも今は、ハラパがマルケスを手放すとは思えん・・・・・・。


もしマルケンセが本気なら、ハラパと複数年契約を結ぶマルケスについては
かなりの移籍金が必要です。
ハラパ側はまだオファー受けてない、という話だそうで。


ライオンと虎のはないちもんめ、どっちが勝つかな?


violetペスカド、また怪我

MLSが開幕して、ギャラクシーに復帰したペスカド、
コロラドに4-0で負けたのみならず、
終了間際にシアラン・オブライエンの後ろからのファウルを受けて、
手術したばかりの右膝をまたしても傷めてしまい、
4月1日にまた手術したそうです。
・・・・・・大丈夫か。


オブライエンはこのファウルで一発退場になったけれど、
4-0で勝っているのに、どうしてこんなファウルが必要なんだ!
ホント、こういうのは勘弁・・・・・・。


そう言えば、このペスカドへのファウルの後、
ドノヴァンが何やら無茶苦茶怒ってチームメイトになだめられてましたねぇ。
いいヤツだなぁ~、ドノヴァン。


*タグ/マラディアガ親分 ジャン・マルケス(選手) カルロス・ルイス(選手)

マラディアガ、代表監督就任会見 

28日、ラモン・エンリケ・マラディアガがグアテマラ代表監督に正式に就任。
27日のグアテマラ入りの時もものすごい数の報道陣だったそうですが、
この日の記者会見もかなりの大盛況だったようで。


「グアテマラはW杯へ行くだけの選手を擁している。
 U-23でプレーした選手たちからも、何人かA代表に呼ぶつもりだ。
 ただし、チームのベースとなるのはU-23の選手達ではない。
 前回予選でプレーし、前監督からは招集されなかった選手にも目を向けなければ。」


「基本的には以前と同じコーチ陣と仕事をするつもりだが、
 可能ならば、私達に協力してくれるグアテマラ人コーチがほしい。」


「親善だろうと公式試合だろうと、すべての試合が重要だ。
 結果を重視しなければならない。
 勝ち、更に勝つことに慣れなければならない。
 今は以前よりもずっと良くグアテマラのサッカーを理解しているつもりだし、
 自分の仕事に専念することを約束する。
 今回は前回よりも過ちを減らしていきたい。
 ある予選では5センターボ、別の予選では2センターボが足りなかった。
 グループになって対立するのではなく、皆一緒に仕事を進めて行きたい。」


前回W杯予選の後、「モタグアに行くから」とあっさり辞めたマラディアガ、
U-23の活躍を見て「これなら行ける!」と思ったのかな。
気が早いマスコミでは
プリミの選ぶ代表メンバー、なんてのがもう掲載されてたりして、
U-23からはノリエガ、ラリン、マルケス、コントレラス、パッパ、アビラ、カストリーヨ辺りが選ばれるのではないかとか。
ベテラン組ではフレディとパンド(!)が復活とか噂されておりますが。
まあ、先走りせずに様子を見てみたいですね・・・・・・


プリミはこの記者会見の後、一旦ホンジュラスに戻り、
モタグアとの契約を正式に解除するのだそうです。
再びグアテマラにやってくるのは4月7日の予定。
その後11日には代表メンバーを発表し、
14日に練習を開始、
23日にハイチとの親善試合、というスケジュールになっております。


俄然4月が楽しみになってきたなぁ~。


*タグ/マラディアガ親分 グアテマラ代表

ぷちニュース No.39 

violetマラディアガ、グアテマラ入り

27日、ラモン・マラディアガがグアテマラ入り。
明日、代表監督就任の契約を交わし、お披露目がある模様です。


violetで、早速親善試合

6月14日のW杯予選前に、親善試合が3つ決定しています。
むむ、手際が良いよね、FedeFut。

4月23日 ハイチ戦
5月30日 エルサルバドル戦
6月4日 アメリカ戦

おおお~。最後にアメリカとやるんかい。
まずはお手並み拝見ですよ、プリミさん。


violetケントンはタッチ&ゴー

26日にU-23を引率してグアテマラへ戻ってきたケントン、
同日のうちにFedeFutへの報告を済ませ、
総監督のオファーを受け、
「考えときますわ」と言って、
27日、コスタリカへ休暇で戻っています。


気になるケントンの今後ですが、
2つばかり、代表監督(ユースかな?)のオファーを受けているんだとか。
でも、できるならグアテマラで続けたいので、
FedeFutからのオファーを検討する、とのこと。
回答は来週になりそうです。


ボリーヨが辞任した後、A代表監督へのオファーを受けながら、
「今はオリンピック予選に集中させてほしいから」
と断ったわけではないけれど、返事を先延ばしにしていたケントン。


タイミングよくCCCで負けてしまったマラディアガに
油揚げ(?)さらわれてしまった上、
FedeFutがマラディアガに正式にオファーしたということを
報道を通じて知ったケントン、内心は穏やかではないと思います。


それでも、一応、タテマエとして、
「検討してみる」と言ってくれるケントン、
是非是非残って欲しいんですけれど。
にしても総監督って何するんですかね、アロヨさん???


violet留まれるか、ベニテス?

不振の続くロホス。
25日、チノ・ベニテス監督がロホスのフロントと会合を持っておりますが、
とりあえず留任が決定しております。


ただし、それも次節のマラカテコ戦次第。
この試合に勝てなければ、ベニテスはクビ。


でもこれ、条件としてはかなり緩いんじゃないですかねぇ。
アウェーとは言え、相手は現在9位、降格争い中のマラカテコ。
加えて、U-23に持っていかれていた6人も帰ってくるし。
これで負けるようならマジでやば過ぎでしょう。


さてさて、一体どうなることやら・・・。


*タグ/マラディアガ親分 グアテマラ代表 ケントン親分 ムニシパル(クラブ) ベニテス親分

新代表監督マラディアガはかく語りき 

前だろうと現だろうと当選確実だろうと、
代表の親分方の声はできるだけ拾っていきたいと思っております。
というわけで、見事A代表の監督に当選したラモン・マラディアガのインタです。
Prensa Libre




グアテマラからのオファーをどう受け止められましたか?
嬉しかったねぇ~、
グアテマラ代表の監督を受けるってことが意味する
全ての責任と期待をも受け止めているよ。


グアテマラのサッカーがどういう状況にあるかご存知ですか?
いつも気にしていた。
どんな風に変遷してきたかはずっと気にかけていた。


誰を招集するか、もう考えていらっしゃいますか?
U-23の予選を見た。
すばらしい活躍で、呼ぶべき選手もいると思う。


以前よりも良い選手が増えたと思われますか?
U-23のやってきたことが、展望を開いてくれるね。


過去においては、何人かの選手を特別待遇にしていらっしゃいましたが、
今度はどうされるのでしょうか?

特別待遇なんて、どこからそんな話が出てきたのかわからない。
時には決断しなければならないこともあるが、
誰に対しても反対の立場にはいない。


今回は何をして下さるのでしょう?
私にできるのは仕事をし、過去の過ちを訂正することだけだ。


予選で対戦する相手のことはご存知ですか?
わかっているよ。
最初にタークス・カイコス諸島とセントルシアの情報を得ないとね。
だけど、最初の段階を経ずに次へ行くべきじゃないね。


またしてもトリニダード・トバゴやアメリカといったライバルと相対することになりますが。
トリニダードは私たちからプレーオフのチャンスを奪い、
W杯に行けなくしてくれた相手だからね。
いずれも難しい相手だし、キューバだって楽には勝たせてくれないだろう。


過去と同じようなことにならないためには何をしなければならないのでしょう?
気持ちはわかるよ。
チャンスを逃したフラストレーションだね。
当時言ったように、誰に責任があるとかを追求するべきではない。
だから自分の責任を引き受けたんだ。

今は以前よりももっといろいろな経験を積んだ。
トリニダード・トバゴ戦で起こったようなことが起こらないように
細心の注意を払わなくてはね。



プリミ・マラディアガの過去を探る!

Ramón Enríque el Primitivo Maradiaga Chávez
(1954年11月30日生まれ)


  • 現役時代はMFとして、モタグア、レアル・エスパーニャの他、
    エルサルバドルのアリアンサやスペインのテネリフェでもプレーしたことあり。

  • ホンジュラス代表として1982年のスペインW杯に出場、
    初戦はスペインと1-1で引き分け、
    2戦目の北アイルランド戦も1-1、
    3戦目のユーゴスラビア戦で0-1と負け、グループで敗退。

  • 監督デビューは1996年、母国ホンジュラスの代表チーム。
    このフランスW杯予選ではメキシコを破ったものの、
    最終予選でジャマイカに負け、本大会進出ならず。

  • 2000年、ホンジュラスのU-23代表監督としてシドニーオリンピック出場。

  • 2001年にはアルゼンチンがコパ・アメリカの出場を辞退したのを受け、
    急遽ホンジュラスが参加。
    マラディアガ率いるホンジュラスは準決勝まで進出、
    準決勝でコロンビアに敗れたものの、ウルグアイをPK戦で下して3位。
    なお、この大会ではフェリーペ・スコラーリ率いるブラジル代表にも2-0と勝っており、
    FIFAはこの年のベスト代表チーム(そんなのあったんかい)に
    ホンジュラス代表を選出しております。

  • 2002年の日韓W杯予選では
    トリニダード・トバゴ、メキシコに負けて本大会への出場ならず。

  • さて、やっとこさウチなんですが。
    2004年、ビクトル・マヌエル・アグアド(Mex)が代表監督を辞任した後を受けて、
    グアテマラ代表監督に就任。
    目標は2006年ドイツW杯出場。
    ホンジュラスやカナダを破って最終予選に進出したものの、
    5位に終わって本大会出場ならず。

  • その後、ホンジュラスに戻ってモタグアの監督を務めておりました。



*マラディアガ親分

ぷちニュース No.38 

violet代表監督はマラディアガ?

今日24日、FedeFutはラモン・マラディアガに正式なオファーをしたそうです。
返事は後ほど、とのことですが。


マラディアガ、ボリーヨの前のグアテマラ代表監督で、
現在はモタグア監督。
でも、1、2週間程前のインタビューでは、オファーされれば受ける、
と言ってましたから、もうほぼ確定なんじゃないですかねぇ。


個人的にはケントンに監督になってほしかったし、
今更マラディアガにオファーするんなら、
どうしてボリーヨ呼んだりしたのよ?て気もするんですが、
まあ、いいです。
いい監督なのは間違いないしね。


violetで、ケントンはと言いますと

グアテマラに帰ってくるの、水曜日だそうです。
なんとナッシュビルから一旦ロスに戻って、ロスからグアテ。
このロス発便が火曜日の深夜で、水曜日早朝着。
ま、折角ですから、楽しんできてちょうだいな。


で、ですね。
このケントンに、どうやらオファーする気でいるクラブがあるという噂が。


タイミング的に、どう考えたってロホスしかないじゃないですかぁ~。


ケントンがU-23で見せたチームづくりって、
ロホスのそれにも合ってるから、これは案外おもしろいかも。
ただU-23の代表監督よりも遥かにロホスの監督ってプレッシャーありますけどもね。


う~ん、これが実現したら、楽しそうだな。


violet一方、ロホスは

25日、フロントとチノ・ベニテスが会合を持つ模様。


ただし、ロホスが最近調子出ないのは、監督のせいというよりは
コマ不足、FWの決定力不足、
つまりフロント(特にSD)がチームづくりを誤ったからだと思いますけれどもね。


鳴り物入りで迎えたベニテスでしたが、その運命は如何に?


*タグ/マラディアガ親分 ケントン親分 ムニシパル(クラブ) ベニテス親分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。