FC2ブログ

ぷちニュース No.61 

violetエレディアとUSACの一件は

LNFの規律委員会、エレディアの主張を認める決定を下しました。


むか。


いろいろと情報が錯綜しましたが、
シナバフルとUSACの試合をラジオで放送していた
エミソーラス・ウニーダスの解説、フランシスコ・アギラールによると、
事実関係はこのようなものらしい。


試合後、ファルファンとロサーレスが主審ゲーラに詰め寄り、
“Hijo de gran P….”
という暴言を吐いた。
でも、その後、ファルファンらが観客に向っていた時に
ゲーラはレッドカードを提示、
ファルファンたちはこれを見ていなかった模様。


でもその後、「レッドカードがあった」という報道を聞き、
「一体どうだったんだろう」と心配になったファルファンたち、
プリメーラ・ディビシォンの規律委員会の処罰が罰金だけで
試合出場停止がなかったのに一安心。
なので、試合に出た、と。
「試合終了後のレッドは退場扱いにならない」というのがプリメーラの規定ですから、
どこにも問題はない、と判断したわけです。


一方、今日のLNFの裁定は、
「試合前だろうと後だろうと、レッドもらったら退場」という
国際ルールを当てはめたに過ぎず、
「責任逃れしてる」とアギラール。


私もこのアギラールの意見に同意。
ファルファンもロサーレスも退場にはなったかもしれないけれど
出場停止にはなっていなかったんですもん。
加えて、私個人が?と思ったのは、
主審の意見まで聞いたんだったら、
処罰を決定したプリメーラ・ディビシォンの規律委員会の言い分を聞かないのはなぜ?
おまけに「きっとエレディアが勝つだろう」とばかりに、
セカンドレグの前に決定を下さず、
試合が終わってから1週間も経ってからやっと決定を下すこの遅さ、
非難されても仕方ないと思います。


まあ、この裁定で2試合とも3-0でエレディアの勝ち、
合計では6-0、
エレディアもUSACも現在のカテゴリーに残留ということになります。


USACの方はこの裁定を不服として、FedeFutの控訴委員会へ訴える模様。
「かくなる上はFIFAにまでだって行ってやる!」
と意気軒昂なのはよろしいんですが、さて。
どこまで続くんでしょ、この泥沼・・・・・・。


violetコントレラス続報

アルゼンチン入りしたホセ・コントレラス、
ホルヘ・シーテルスピレルと契約のことで合意に至った模様。
来週にでも正式に契約して、
シーテルスピレルが代理人となりクレマに育成権を支払い、
どっかのクラブへコントレラスを売り飛ばすこととなりました。


で、早速コントレラス、ブリンディシと話をしたそうですが・・・。
いや、話をしただけ、だと思いますよ。
ミゲル・アンヘル・ブリンディシ、2年前でしたっけ?
クレマの監督してましたから、コントレラスのこと知ってるだろうし、
シーテルスピレルは昔ブリンディシの代理人してたみたいだし。
「アトラスにおいでよ」みたいな話、あったかもしれないけれどもね。


まあでも、今のところ、候補に挙がっているのはラヌースみたいです。
アルゼンチンみたいなところでグアテマラ人がプレーするなんて
そらまたスゴイことではありますが、大丈夫かなぁ?


*タグ/エレディア(クラブ) USAC(クラブ) ホセ・コントレラス(選手)

ぷちニュース No.60 

violet代表一行、帰国

チリ戦を終えて本日朝帰国の途についたウチの代表一行、
今日の夜帰国した模様。


ボリビアとの親善試合の話は、
結局のところ、誰が飛行機代持つのよ!?
(ウチかボリビアか)ってところで話がまとまらず、ご破算。


ま、ボリビア旅行してくるよりも、
グアテマラでじっくり練習するのが正解かもね、実際。


violetただ1人、ホセ・コントレラスは

他のメンバーと一緒に帰国せず、アルゼンチン入り。
今まで伝わってきた話を総合してみますと、
クレマが育成権ってのを要求してるってことは既報の通り。
で、コントレラスはFIFAエージェントのホルヘ・シーテルスピレル?
えーっと、Jorge Horacio Cyterszpilerと書くんですが、
このシーテルスピレルがコントレラスの代理人となってクレマに育成権を支払うという話。
一説には$25万と言われております、この金額。


このシーテルスピレル、あのディエゴ・マラドーナの小さい頃からの友人で
マラドーナの最初の代理人だったとか。
現在はマルティン・デミチェリスの代理人とかしてるみたいですね・・・。
なわけで、コントレラス、行く先はアルゼンチンかも。
いいクラブに決まるといいけれどね。
そしてもっと体と精神を鍛えておくれよ。


violetUSACとエレディアの運命は

まだ結論が出ていません・・・。

何でも今日はシナバフル-USACの主審だった
フアン・カルロス・ゲーラから事情を聴取して、
明日決定を下す、んだとか。
早く決めてくれないと、チームづくりに影響するじゃん。


どうも、こういう話のようです。
試合終了後、ミゲル・ファルファンなんかが審判に詰め寄るわけですが、
ゲーラ、レッドカードを提示することなく退場処分とメモったとか?
試合のビデオにはレッドカードが映っていなかったとか。
この試合で試合中にレッドをもらって退場したアギラールだっけか?は
エレディア戦出場しておらず、レッド、無視してるわけじゃないしね・・・。


明日こそ判決か・・・・・・(ドキドキ)


violet突然話は変わりまして、フットサルのことなんか

フットサルのW杯のCONCACAF予選てのが今あったりしまして、
実はグアテマラが会場です。


今週、グループ戦が行われていまして、今日が最終戦。
A組は

  1. キューバ 4
  2. グアテマラ 4
  3. メキシコ 2
  4. トリニダード・トバゴ 0

という順位で、最終戦を迎えました。


最終日はメキシコとトリニダード・トバゴの試合が先に行われ、
7-4でメキシコの勝ち。


メキシコとトリニダードの試合、観客はトリニダードを激しく応援。
何と言っても、メキシコが同点に終われば、
グアテマラの勝ち抜けが決定でしたからね・・・。
まあそこはメキシコ、フットサルとは言え
ここで負けてくれるほどお人よしじゃあありません。
でも、あと1点取っておかないと、
グアテマラが既に得失点差5だったので、
キューバとグアテマラの試合が同点だとメキシコ敗退なんだよね・・・。


結論から言えば、キューバとグアテマラの試合、
同点しかないでしょ、みたいな試合でした。
前半は実に退屈な試合で0-0のまま(キューバのシュートが1つあったきり)、
このままではさすがに格好がつかないと思った両チーム、
最初に攻めるのはキューバで立て続けに3得点、
その後反撃するのがグアテマラでオウンゴールを含む3得点。
同点になったところで、はっきりと試合のペースが落ち、
お互い「同点でいいよね?」ってのが見え見えの試合でした。


そういうわけで、A組はキューバとグアテマラが準決勝進出。


アメリカで行われていたB組はアメリカとパナマが勝ち抜き、
準決勝は7日土曜日に、決勝は8日日曜日に、
どちらもグアテマラシティーのDomo Polideportivoで行われます。


*タグ/グアテマラ代表 ホセ・コントレラス(選手) エレディア(クラブ) USAC(クラブ) フットサル・グアテマラ代表

ぷちニュース No.53 

violetシェラフの監督は結局、

アシスタント・コーチだったガブリエル・カスティーヨが昇格。
な~んだ、手軽なところから引っ張って来ただけかい。
まあ、実力が伴うのならいいけれど。
グアテマラ人監督がまた1人誕生です。


violetで、元シェラフ監督でハラパ監督になったフラードは

シェラフからピニェイロを連れてくるそうです。
まあ、ピニェイロ自身、フラードがウルグアイから連れてきたわけだからね。
マルケスがいなくなったところを埋めるんだろうな。
で、ウルグアイ人のピニェイロ、
同じくウルグアイ人のニコラス・ロペスを追い出して外国人枠を埋めることになります。


で、残る外国人枠2枠のうち、1つはデデーことホルヘ・ドス・サントス。
いなくなるかも?と噂されてましたが、やっぱりデデーはいい仕事してくれるからねぇ。
というわけでもう1シーズン、2009年までの契約です。


さて最終枠は、アペラニスでしょぉ~?
と思ったら、なぜかジョニー・クベロの名前が。
えええ・・・?アペラニス、どこかへ移るのかしらん??
デデーとアペラニスのコンビ、良かったのになぁ。


violet一方クレマは

ホセ・コントレラスとルイス・ロドリゲスとの間で
契約解除の合意に至ったそうです。


これで二人ともめでたく無職。
ロドリゲスの場合は完璧フリー。
コントレラスは育成権を払ってくれるクラブへの移籍が条件。
ま、そんなことはないとは思うけれど、
もしどこのクラブも「そんな金ないよ」って言ったら、
この場合、どうなるんでしょうね?


も1人タボ・カブレラはまだデンマークでトライアル中だとか。
帰国したら、クレマと話し合いするんでしょう、多分。


violet突然ですがU-20は

韓国との親善試合が決まった模様。
場所は不明ですが6月7日に行われるようです。
U-20の単独チームではなく、U-23との混成チームだとか。
へええ、これは楽しみですね。


それにしても、いきなりこんな手強い相手と試合って、
大丈夫なんでしょうかね、ウチのひよこ君たち。


*タグ/シェラフ(クラブ) ガブリエル・カスティーヨ親分 ハラパ(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) ホセ・コントレラス(選手) ルイス・ロドリゲス(選手)、 U-20グアテマラ代表

ぷちニュース No.51 

violet閉幕シーズンも残り6試合、

準々決勝の4試合と決勝2試合を残すのみとなりました。
準決勝のカードは
ロホス – ペタパ
クレマ – スチテペケス

ミッドウィークにファーストレグ、
週末にセカンドレグって予定になっております。


それにしても準々決勝の4試合、
どれもこれも審判に不思議なジャッジがあって、
ゴールを取り消されたり、PKになったり、レッドになったり、
敗退した方にしてみれば、すっきりしないかもしれない。


マルケンセはセカンドレグ、ゴールを取り消されてるし、
シェラフはファーストレグ、ハンドじゃないのにハンドの判定とかね。
ま、そういうのも含めてサッカーと言っちゃえばそれまでだけれど
やっぱり割り切れない感じは残るのであります。


準決勝、決勝の審判団にもちょっぴし注目かな。


violetそのシェラフは敗退が決定した途端、

フリオ・セサル・ゴンサレスの監督就任を発表したらしい。
フリオ・ゴンサレスって、ハラパの監督のゴンサレス。
え、ハラパってCCLもあるのに、ゴンサレスいなくなるのかい?


violetで、ハラパには

カルロス・フラードが監督就任。ずる・・・・・・
なんだ、ハラパとシェラフで監督交換しただけか。


それにしても、何だかとっても不思議な監督交代。
どうも最初に決まったのはゴンサレスのシェラフ監督就任らしく、
そこでハラパがフラードに打診してOKもらったっぽい。
どちらもウルグアイ人でどちらも優勝経験ありな監督さんです。


シェラフもハラパも監督交換でいい結果が出るといいけれど。


violetさて、そのハラパが欲しがっているというコントレラスは

「まだクレマとの関係も清算しきれてないし、大きな声じゃ言えないけれど。
ロホスから話があるみたいなんだよね。
でもMLSのクラブからもオファーがあるって言うし・・・。
MLSへ行けるなら、オレのキャリアにとっては、そりゃものすごいことさ」。

ハラパのハの字も出てきませんな。
個人的には最近ラテンアメリカ人口が急増しているMLSに挑戦してほしいですねぇ。
あまりMLS向きな選手とは思わないけれど、
そこを足がかりにして、他の国へ行けるくらいに成長してほしいなぁ。


ロホスもいいかもだけれど、既に中盤は人余り状況だと思われるし。
ロホスはそれよかパッパちゃん使ってやってくれよぉ~。


violetいきなり話は飛びますが

本日、3部(セグンダ・ディビシォン)の閉幕チャンピオンが決定。
3部と4部は決勝戦を1試合だけやるみたいなんですが、
チアントラがカアボンに3-0で勝って優勝してます。


えーとですね、チアントラって、
メキシコとの国境にあるウエウエテナンゴ県にある市です。
で、カアボンはアルタ・ベラパス県。
3部らしく、なかなか地方情緒に溢れた決勝だったようですね?


さて、で、2部への昇格決定戦は次の組み合わせ。
ペニャロール・ラ・メシーヤ – カアボン
アウロラ – チアントラ

ペニャロールは開幕チャンピオン、アウロラは準チャンピオン。
ペニャロールもウエウエテナンゴ県のチームっぽいですね。
ラ・メシーヤというのはメキシコとの国境の町だったりします。


さて、この2つの組み合わせで対戦して、
勝った2チームはそのあま昇格決定、
負けた2チームは2部のチームとプレーオフで勝てば昇格。
この対戦相手はグアスタトーヤとヌエバ・コンセプシォンが既に決定。


violet一方、2部の優勝決定戦は

本日試合が行われましたが、詳細が不明なのでここに書きます。
コアテペケとUSACによる閉幕チャンピオン決定戦、コアテペケ先勝。


コアテペケって、ケツァルテナンゴ県ではありますが、
太平洋に近い低地に位置しておりまして、暑いです。
この試合気温37度って中でやったとか。


でもって、この試合もちょっと波乱に満ちてたらしく、
前半、USACはPK取られたらしい。
でもこのPKはGKのカルバハルが止めた!えらいっ!!


でも、USAC、退場者も出して、後半ほぼずーっと1人少なかったらしい。
それでもうまく試合をコントロールして、0-0のまま試合終了!
と誰もが思った95分、コアテペケがゴールを決めちゃったらしいです。
USACとしてはちょっと嫌な敗戦ではありますが、
まだセカンドレグがある!1点差なんてどってことはないさっ!!


最後の試合は17日の土曜日・・・。
この日はちょっと用事があるので生では見られないのが悔しいなぁ。


まったくの余談ですが、コアテペケってスポンサーがコカコーラで
ユニも赤と白のツートンカラー。
Uはメインスポンサーがペプシで、ユニは青と白と赤。
ユニの色がスポンサーと関係あるかどうかは別としてですね、
コカコーラとペプシの対決っぽいのもなんだかおもしろい。


がんばれ、ペプシ~!!!


*タグ/ハラパ(クラブ) シェラフ(クラブ) フリオ・ゴンサレス親分 カルロス・フラード親分 ホセ・コントレラス(選手) チアントラ(クラブ) カアボン(クラブ) コアテペケ(クラブ) USAC(クラブ)

ぷちニュース No.49 

violetユース大会の予選のことなど

CONCACAFのサイトにはまだ出てませんが、
U-20大会予選はトリニダード・トバゴ、
U-17大会の予選はメキシコにやっぱり決まったそうです。


というわけで、それに合わせて中米も予選をしないといけない。
こちらの方は本日決定して、もうUNCAFのサイトに出てたりする。

U-20

U-17


U-20W杯の中米予選は:
A組
9月17日~21日、ホンジュラス
参加国:ホンジュラス、コスタリカ、ニカラグア

B組
9月24日~28日、グアテマラ
参加国:グアテマラ、エルサルバドル、パナマ、ベリーズ


でもってU-17の中米予選は:
A組
11月5日~9日、パナマ
参加国:パナマ、ホンジュラス、ベリーズ

B組
11月12日~16日、エルサルバドル
参加国:エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、グアテマラ


で、肝心のU-20の監督にはケントンが今日にも就任、という話だったんだけれど、
まだ確定情報が流れてきません。
あと4ヶ月ちょっと。もたもたしている暇はないはずだけれど。


一方のU-17の方は、既に練習始めてるみたいです。


violetA代表はチリと対戦?

現在調整中らしいですが、
6月4日頃にチリでチリと親善試合を行う模様。


場所はサンティアゴじゃなくて、
音楽祭で有名なビーニャ・デル・マールかランカグアだとか。
へええ。
にしても6月1日にマイアミでパナマとやった後で、
移動だけでも大変そうだけれど・・・・・・。


で、肝心のセントルシア戦でへばってないといいけどね。
大丈夫なのか、ウチの代表たち。
初戦は6月14日、グアテマラシティーで行われます。


violetで、そのセントルシア戦。

アウェーで行われる試合について、
マラディアガはFedefutと直行便(ってチャーターのことよね?)で
行けるように手配してほしい、と掛け合っているとか。


一番一般的なルートはマイアミ経由なわけですが、
その長い長い旅で消耗するのを避けることもできるし、
何よりも。
アメリカのビザが取れないフレディ・ガルシアも
直行便であれば問題なし、と。


いい事尽くめ!お金さえあればね・・・・・・。


violetそのA代表の練習は一部始まっていたりして

クレマを自主退団したカンチェ・ロドリゲスとホセ・コントレラス、
それから決勝シリーズとは縁のないハラパのルイス・ペドロ・モリーナ、
ジーン・マルケス、カルロス・カストリーヨ、カルロス・ガヤルドの合計6人が
Proyecto Golに集合して、練習始めてます。


今週から決勝シリーズと降格プレーオフが始まるわけですが、
それと全く縁のないのはハラパとマラカテコだけなんですよねぇ~。
で、決勝シリーズは敗退したクラブの選手から順に追加招集してくそうです。


violetコントレラスとマルケスの交換会については

ハラパ側からも「その通り」という情報が流れてきています。
現在、クレマとハラパで条件について話しあっている模様。
クレマは既に「マルケス欲しい」と手付金まで払ってるそうです。


で、肝心のマルケスは、当初「ボク、残りたい」という話もありましたが
やっぱりクレマから欲しいって言われればぐらっとくるよね。
「条件が折り合えばいいよ」
って話らしいです。


さてさてコントレラスの意向が気になるところですが。


*タグ/ユース代表 グアテマラ代表 ホセ・コントレラス(選手) ジーン・マルケス(選手)

ぷちニュース No.48 

violetサカパ・イン・クライシス

一体どうしちゃったんだろうねぇ~な話がサカパ方面から続々。


最初は4月14日。
サカパのホームスタジアムであるダビッド・オルドーニェス・バルダーレスが
使用停止処分になったのが不運の始まりかも。

これ、3月9日にLNFがスタジアムのチェックをした時に
問題点が多々あったため、とされているけれど・・・。
なんで今更?な決定が起こったのは、
4月13日にこのスタジアムで行われた試合で
観客席にピストルを持った人物がいたことが明らかになったため・・・・・・。


いや、別にピストルをぶっ放した、ってわけじゃないんだけれど、
新聞に写真が掲載されて、これが決定的となって
このスタジアムの使用停止が決定されます。


まあもちろん、サカパ側は「改善します」と言って
改善プランを提出するよね。
でもって、使用停止は取り消されたのでありました。
ここまでは普通とは言わなくとも、時々ある話。


が。


めでたく処分が取り消されてホームで行えることとなった
4月27日のシェラフ戦。
アラン・アラナのアドゥルフォ・コントレラスKO事件なんかもあったこの試合、
審判がサイテーだったのも事実だけれど、観客もまたサイテーだった。


レッドもらって出てゆくミゲル・フェルナンデス(シェラフ)や
ルイス・イバラ(サカパ)にペットボトル投げたとか、
審判目掛けて石投げたとか・・・・・・。


まあ、降格ラインにいるサカパとしては、
少なくともロスタイムが短すぎるのは納得いかないよね、
そりゃあ審判に腹も立つだろう。それはわかる。
でも、石投げたらあかんよ・・・・・・。


というわけでこのスタジアム、1試合の使用停止となってしまったのでした。
加えて、Q7,500ケツァルの罰金。
最近ドルがどんどこ下落しているので、ドルにすると$1,000以上です。


で、どの試合を代替スタジアムでプレーすることになるかと言うと、
2部との入れ替えプレーオフ。
サカパの命運がかかっている試合だというのに、これは痛いよね・・・。
その代替スタジアムは
チキムラ県のラス・ビクトリアス・スタジアムとなっております。


で。


そんなクラブの運営に嫌気がさしたか?
サカパのワルテル・カスタニェダ会長、
クラブの運営をサカパ市に委ねることを発表。
4月30日のことでした。


最終節を待って市に移譲するとのことなので、
プレーオフからはサカパ市がクラブを担当するんだろうな。
いやいや、サカパの未来はどうなっちゃうんだ・・・。


加えて。


閉幕シーズンが思うようにいかなかったのは
ケガ人が異常に多かったことも原因ですが。
またしてもケガ人が・・・・・・。
エリック・ガルシアは右膝を手術したとかで数ヶ月はプレーできず。
エディ・オルティスはシェラフ戦で足を骨折して全治6週間。
いやいやいや。


サカパの未来は・・・・・・・・・。


violetそしてクレマも

イン・クライシス。ここはいつもか。


いつまで経っても解決しないお給料払えません事件、
4月末の時点で、遂に未払いが3ヶ月に達したそうです。


これを手ぐすね引いて待ち構えていたのが
ルイス・ロドリゲス、グスタボ・カブレラとホセ・コントレラス。
用意していた「3ヶ月の未払いだからクラブ辞めるよ」通告を
5月1日が休日だったので翌2日にとっとと提出。


超準備の良いタボ・カブレラは、書類を提出したかと思うと、
数時間後にはデンマークに飛び立ったそうです。
なんでもオーフスGF(Aruhs GF、2部)ってクラブでトライアル受けるんだとか。
いやいや手際の良いこと。


このタボとカンチェ・ロドリゲスについては、
どこのクラブでも自由に移籍ができるけれど、
まだU-23のホセ・コントレラスについては
移籍先のクラブが「育成料」てのを支払う必要あり。


コントレラス、まあクレマの選手だけれど、
ずーーっとクレマだったわけじゃなくて、
生まれはフティアパ県のアチュアパ。
育ったクラブはアチュアパだったりします。
アチュアパで活躍したのをクレマが見つけて買ってきたわけで、
まあ、トップリーグで大成したとは言えるけれど、なんか要領いいよね。


一方他の選手たちは、キケ・ゴドイが
「来週には払ったるで~、がっはっは」と言っていたので
もうしばらく待ってみる、ってことだそうです。


それにしても、折角閉幕シーズントップだったのに、サビシすぎる・・・。


で、コントレラスの行く先は

ハラパ!?


これ、金はなくても口は減らないキケ・ゴドイの談話なので
90%割引くらいの信憑性かなぁ。
早い話が、ホセ・コントレラスとジーン・マルケスを交換しましょ、そうしましょ、
てな、まったく花いちもんめなお話だったりします。


キケ的には、
「ハラパにはもうコントレラスに接触していいよ、って許可あげてるし、
 両者の間で話がまとまるようなら、そのままマルケスと交換だね」
ってことなんだそうで。


まあクレマは以前からマルケス欲しいって言ってたし、
マルケスもクレマ行きたいって言ってるし(by キケ)、
この話が成立して一番嬉しいのはクレマかもね?


マルケスは、まあその~、お給料は上がるだろうけれど、
払ってもらえないかもよ?
でも、ハラパカンテラ育ちでハラパ一筋のマルケス、
そろそろ他のクラブでも少し成長していい時期なのかも。


ハラパにとっては、違約金なしでコントレラス獲得できるんだったらおいしいか・・・。
なんたって、この後にはCONCACAFチャンピオンズリーグが控えてるんだしさ。
育成料ってのはお互いU-23選手だからチャラになるんだろうし。
でも、マルケスの違約金払ってもらえるのかな・・・・・・。


でもコントレラスの意向としてはどうなんでしょうね?


*タグ/サカパ(クラブ) コムニカシオーネス(クラブ) グスタボ・カブレラ(選手) ルイス・ロドリゲス(選手) ホセ・コントレラス(選手) ハラパ(クラブ) ジーン・マルケス(選手)

北京オリンピック予選 ベストイレブン 

この大会のベスト・イレブンが発表されています。


GK
Kevin HERNANDEZ (HON);

DF
Carlos CASTRILLO (GUA),
Oscar MORALES (HON);
Michael OROZCO (USA);

MF
Nelson BARAHONA (PAN),
José Manuel CONTRERAS (GUA),
Maurice EDU (USA),
Dax MCCARTY (USA);

FW
Freddy ADU (USA),
Leonel DUARTE (CUB),
Will JOHNSON (CAN).


なんだ、これって3-4-3です?いいけど。


にしても、カストリーヨが選ばれてるねぇ~!!
コントレラスはなんとなく予想してたけれど。
アメリカから4人、
ホンジュラスから2人、
グアテマラから2人、
カナダから1人、
パナマから1人、
キューバから1人。
ハイチとメキシコはなし・・・ですか。
アメリカとパナマは試合見てないのでよくわからないなぁ。


奨励賞?敢闘賞?

GK
Johnny PLACIDE (HAI);

DF
Hendry THOMAS (HON),
Roman TORRES (PAN);

MF
Sacha KLJESTAN (USA),
Cesar VILLALUZ (MEX);

FW
Luis Ángel LANDÍN (MEX),
Leonel SAINT-PREUX (HAI).


個人的に、ラリンちゃんに1票!


皆、おめでと。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) カルロス・カストリーヨ(選手)