スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exニュース No.1 

海外というか、国外でプレーする選手たちのことを
まとめてお伝えする新シリーズ?、
ぷちニュースに対抗して「Exニュース」と名づけることにしました。
ExはExtranjero(海外)のExでして、めでたく今日は第1回。


リカルド・ヘレス、デビュー

ウルグアイの2部、レンティスタに買ってもらったリカルド・ヘレス、
開幕戦からプレー。
対戦相手はアウディフレッド、2-1で負けたようですが、
リカちゃん、相手のPKを一つ止めたりして、大活躍だった模様。
おおお~、リカちゃんがPK止めたのなんて、今まで見たことなかったよ。
五輪予選で一つでも止めてくれれば・・・(ブツブツ
Se Volvió Costumbre

公式サイトによれば、前半はレンティスタが良かったけれど、
10分にゴールを決めたフアン・テヘラが
テレビカメラに向ってゴールパフォーマンスをしてたのを、
審判がカメラの後ろにいる相手インチャを挑発しているとして退場処分。

1人少ないレンティスタ、後半は守りに入り、
そしてリカちゃん大活躍。
それでも後半2点決められてしまっての敗戦ではありますが。
まあでも、このサイトによれば「スリナム人審判」だったらしい。
ウルグアイ方面もいろいろあるわけですな・・・・・・。
とにかくリカちゃん、デビューおめ。活躍を期待しております。





ホセ・コントレラスの巻

アルセナルは週末リーベルとの試合だったのですが、
コントレラスはベンチ入りせず。ま、長旅の後だし。
グアテマラからアルゼンチンだと、ヨーロッパから行くよりも
旅行してる時間が長いのと違いますかね?
試合は2-2の引き分けです。
Sin Contreras, Arsenal empató con River





マルコ・パッパの巻

シカゴ・ファイヤーはコロラド・ラピッズとの対戦。
パッパは軽い怪我をしてるらしく、ベンチ入りしてません。
試合は2-0でラピッズの勝利。
ラピッズの木村選手、いいプレーを見せていたようですね。
Sigue mala racha del Fire en Colorado





グスタボ・カブレラの巻


こちらもベンチ入りせず。
AaBとの試合、2-0で勝っているようです。
家庭的なmestreneに中空

相変わらずシュールなGoogle翻訳ですが、
Aabのところに「トッテナムホットスパーズカードFC」って出るのは何故???





カルロス・ルイスの巻

移籍後初めて90分プレーしたのと違うかな。
相手は東部地区のトップを走るコロンバス・クルー、
トロントは最下位、ホームとはいえ厳しい相手でしたが
先制して追いつかれ、結果1-1の引き分け。
Reds draw Crew, lose Trillium Cup

ペスカド、82分にいいパスを受けたみたいだけれど、決められず、ってか。
しっかりやってくれよ~。


*タグ/リカルド・ヘレス(選手) ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) グスタボ・カブレラ(選手) カルロス・ルイス(選手)

スポンサーサイト

コントレラス、デビュー! 

ボカ・ジュニアーズとアルセナルのカードとなった南米のレコパ、
ファーストレグはアルセナルホームで1-3とボカが勝っていて、
もうこりゃ、ボカの勝ちだろー。ってな感じではあったのですが。


セカンドレグにはホセ・コントレラスも招集されてて、
ひょっとして出場することもあったりするかも!?
という噂だったのですが、あららー、本当に出場しちゃいましたよー。


というわけで、モーヨのアルセナルでのデビュー戦はレコパのボカ戦、
それも満員のボンボネラという最高の舞台。
ベンチスタートだったのですが、
ルシアーノ・レギサモンが負傷退場しちゃったので、46分からプレー。
この時点ではボカが1-0と勝っており、
モーヨの背番号は22番でした。いや、つながってませんけど、文脈が。


この時まだ職場にいて、同僚や小僧とちらりと見てたのですが、
アルセナルの最初の得点はモーヨのパスが起点となったもの。


2点目は見てないけれど・・・、その時点で1-2、
あと1点で総合で同点になるところだったんだけれどな。
でも普通、2人も退場してたら勝てないでしょ。
最後の最後にエリア手前でファウルして、
リケルメがニアポスト際に見事なFKでゴール、2-2の同点で試合は終了しました。


さて、モーヨにさっそくGuatefutbol.comがインタビューしてたりします。
Guatefutbol.com - "No lo cambio por nada del mundo"


このサイトはやがて本文が消えてしまうので、全文貼り付けとこうかな。
よいしょ、ペタ。


Por Luis Rolando Solares - Utilizó el número 22 y llegó a la cancha para el segundo tiempo. La Bombonera estaba totalmente llena y el público aclamaba a Boca Juniors, que ganaba el partido 1-0 y estaba cerca de quedarse con la Recopa Sudamericana. Ese fue el momento en el que José Manuel Contreras hizo su debut oficial en el futbol argentino.

"No tuve miedo" dijo "El Moyo" en conversación exclusiva con Guatefutbol.com, afirmando que sintió que sus compañeros de Arsenal de Sarandí lo acuerparon en la cancha, lo que le dio más confianza. Además, dijo que "lo vivído esta noche no lo cambio por nada del mundo. Valió la pena la espera".

Conforme el segundo tiempo fue avanzando y David le dio dos hondazos a Goliat, Contreras sintió que se podía hacer la remontada en el global y forzar a los penales, a pesar que su equipo había sufrido dos expulsiones.

Al final no fue así, ya que Juan Román Riquelme, a quien "El Moyo" ya había enfrentado con la Selección en Los Ángeles, se encargó de sentenciar la serie y apagar la ilusión de los seguidores de Arsenal.

Cuando nos despedimos de José Manuel Contreras le deseamos buenas noches, pero él nos dijo "no se si esta noche voy a poder dormir".

De esa forma ha iniciado "El Moyo" su carrera en el futbol argentino, en el que tiene ahora la posibilidad de debutar el próximo fin de semana en el Torneo de Primera División, cuando Arsenal de Sarandí enfrente a Estudiantes La Plata.


「今夜のことは、世界中の何とも交換不可能だね。ホント、待ってて良かった。
 今夜は眠れないかも」


クレマを出てアルセナルでプレーするまで、ほぼ4ヶ月が経過してましたから
「待ってて良かった」って言葉には実感がありますよねぇ。
なかなか行き先が決まらずに、ジリジリした時間もあったわけだし。
まあそれでも、モーヨのチャレンジは始まったばかり。
この先、いくつ眠れない夜を過ごすことになるのか・・・、
どっちかというと、ぐっすり良く寝ながら頑張ってほしくはあったりしますが。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.84 

五輪サッカーも始まって、
「ああ、今頃はウチがいるはずだったのにぃ~!
 (パボンは相変わらずPKはずしとるし、ウチが出た方が良かったじゃん!)」
と思う一方、
U-23の子達も国外のクラブで新しいスタートを切っていたりして、
案外あそこで負けて良かったのかもね?と悔し紛れに思ったりする今日この頃。


violetタボ、デンマークにいます

アーフスの公式サイトにも写真入りでのっかってます。
Cabrera klar for AGF


また髪伸びたねぇ、タボ。
にしてもデンマーク語なので何が書いてあるのやらさっぱり。
一応、英語メニューもあるのですが、メニューしかなさそうです(爆


というわけで、毎度お世話になっております、グーグルの多言語翻訳に突撃。
それがこれ。
カブレラ準備のAGF


うひゃひゃひゃひゃ。
何が言いたいのかよくわからないけれど、
なんとなくわかりますよね、言いたいこと。
「翻訳を改善する」に協力しようかと思いましたが、
このままの方がおもしろいので、そのままにしておきます。


だって、
「位置:全ての4つの議席を獲得米国国防総省の国防」
って、一体どうしたらこんな翻訳になるんだあああ~!
多分DFの4つのポジションならどこでもこなせるってことなんだけれど、
そうか、DFって国防だったんだ。でも米国国防総省は一体どこから・・・?


元クラブの「本物の塩湖」っていうのもいとをかし。
もちろん、Real Salt Lakeのことでございます。


おもいっきり笑わかせてもらったことでもあるし、
今度はプレーで頑張って。


violetアルゼンチンリーグは週末開幕

だけど、モーヨ・コントレラスはプレーできない模様。
クレマから、移籍用のパスがまだ届かないんだそうな。
嫌がらせせんと、さっさと送ったってよーーー。


violetU-17も親善してたりして

そ言えば11月からW杯予選あるんでしたっけ。
で、いつの間にやら、親善などしてたみたいです。
相手はアメリカだけど場所はグアテマラ。5日のことでした。


・・・・・・ってこれ、今度のA代表の予選の下見と違う、ひょっとして?
そういう下衆の勘ぐりはともかく、試合は2-1でグアテマラの勝ち。
観客なしの試合だったから、ホームがとっても有利って訳じゃあないでしょうけれど、
それでも使い慣れてるピッチでプレーする方がトクかもな。


得点は32分にアメリカが先制、
Soony Saadって何語の名前よ?サアド君かな??
でも後半はグアテマラが盛り返して、
60分にPKを得てヘンリィ・ロペスが、
68分にケンデル・ウルタルテが決めて逆転~!


どこの誰なのかさっぱりわからないけれど、エライっ!
この後、7日(って今日か)にもう一試合同じ顔合わせでやるそうです。


violetたまにはA代表もアメリカに勝ってくれるといいんだけれどな、

などと思う私ですが、U-17にできて、A代表にできないことはない!(といいな)
ま、そのA代表、ボリビアに快勝して帰ってきました。


ただし、マラディアガはアメリカ残留。
アメリカの偵察と、パッパの偵察。
週末、シカゴはニューイングランド・レヴォルーションと試合あるのですが、
パッパも招集されておりまして、その試合を観戦に行くのだとか。
さてさてパッパ、この試合はプレーできるかな???


violetも一人グアテマラに帰ってこなかったのが

フレディ・トンプソン。メキシコに行きました。
長く移籍先の決まらなかったトンプソンですが、
どうやらメキシコの2部、ベラクルスにお買い上げ頂いたらしい。


なんだけれど、ベラクルスでプレーするかどうかは???
というのは、ベラクルス、トンプソンをヨーロッパに売り飛ばすつもりなんだとか。
その場合はオーストリアかスイスのクラブが有力。


で、もしヨーロッパ行きがダメなら、
メキシコ1部のハグアーレスに貰っていただく。


更に、ハグアーレスも「いらないよ」って言うのであれば
ベラクルスにお残り。


と言うのが現在の状況なんだそうだけれど、
今週末までには行き先がはっきりするだろうとか。
どの場合も、新クラブへの合流は8月20日のW杯予選以降となります。


髪を伸ばして心機一転しているっぽいトンプソン、
いい結果が出せるといいね。


*タグ/グスタボ・カブレラ(選手) ホセ・コントレラス(選手) U-17グアテマラ代表 フレディ・トンプソン(選手)

続きを読む

海外移籍選手たちのプレシーズンも開幕 

こんなにまとめて海外でプレーする選手がいるのはひょっとして初?
それも若い選手たちばかり。
なのでそれぞれの近況などなど。


violetモーヨの巻

アルセナルは日本でガンバとやって勝ってきましたが、
お留守番組のコントレラス、どうやらまだホテル暮らしらしいです。
アルゼンチンの寒さに震え上がり、まずは洋服を買いに行ったようですが。


数日前、インタビュー記事が新聞に出ていたのですが、
「アルゼンチンでプレーするようになるなんて想像したことがあったかい?」と聞かれて
「ミゲル・ブリンディシがクレマの監督だった時、
 そのうちアルゼンチンでプレーするようになるぞ、って言われて
 単なる冗談だと思ってたんだけれど・・・」と応えてたのがおもしろい。


現在の代理人、ホルヘ・システルピレルとの出会いについては、
「五輪予選を見て、向こうから自分の契約について尋ねてきた。
 その時はまだ2年契約があったんだけれど、
 3ヶ月の給料未払いに我慢できなくて、解約してもらった。
 お陰でその後の交渉が楽になったんだよね」
我慢ができなかったんじゃなくて、渡りに船、ってやつだったのかい。


アルゼンチンサッカーについては:
「グアテマラより全然上だし、全く違う。
 クレマは練習用のグラウンドもなかったし・・・、
 アルセナルはビッグクラブじゃないけれど、施設はとてもきれいだ。」

「ここは競争も激しいけれど、ポジションを獲得しないとね。
 グアテマラの遅いサッカーにいたから、難しいとは思うけれど、
 きちんと練習を積んでいけば、遠からずチャンスもやってくるだろうし」


将来について:
「アルゼンチンで成功したい。
 もちろん、選手なら皆、
 ヨーロッパでプレーできるようになりたいと思ってるわけだけれど。
 でもこの次はボカでプレーしたいな」

リケルメとポジション争いだね?と言われて:
「(笑)うん、難しいよね」。


監督以下が帰国して、いざこれから、ってところでしょうかね、モーヨの場合は。


Prensa Libre


violetパッパの巻

シカゴ入りして1週間も経たないうちにトップチームでプレーさせてもらったパッパ。
モーヨと違って、言葉の端々に初々しさが伺えるかも。


「オレ、ここが気に入った。
 チームにもなじめたし、特にラテンの選手たちは親切だし。
 チームのプランの中にいるってことが大切だよね」。
 ロホスでは主力としては扱ってもらえなかったしね、パッパ。
そりゃあ嬉しかろう。


パッパ、当初はリザーブチームで慣らしていく、
という話だったんだけれど、30日の朝いきなり、
「パッパ、オマエ、トップチームでプレーしろ。
 それから今日のエヴァートンとの親善、先発やで」
とハムレット監督に言われて
「to be or not to be…」
などとつぶやいたかどうかは知りませぬが、
舞い上がったのは事実みたいです。


「試合の前オマエ先発や、って言ったんやけど
 全然信じとらんかったな」
とハムレット親分。
いや、ひょっとしてパッパちゃん、英語がわからなかっただけでは・・・。


「ピッチではナーヴァスになっとったな。
 そやけど、いいプレーしとった。
 シンプルで速くて、いつも顔を上げてボールを出すところを探しとる」。


そう、自信もってプレーしてちょ。
パッパのテクに磨きがかかることを期待しております。


Prensa Libre


violetヘレスの巻

ウルグアイはモンテビデオへと渡ったリカちゃん、
ペニャロールと合流して、もう練習始めてるそうです。


現在はトップチームがまだヴァケーション中なので、
リカちゃんはエスペシアルカテの選手たちと練習してるそうな。
トップチームは来週半ばに始動とか。
一方リカちゃんのトライアル期間は2週間程度とされています。


さてさてペニャロールに残ることができるか。
幸運を祈っておりますよ。


violetタボの巻

アーフスへの移籍が決まっていたタボ・カブレラ、
本日やっとグアテマラを出発。
今晩はワシントンに1泊、翌日デンマークはアーフスに向うそうです。


ここ2週間ばかり、行き先未定のフレディ・トンプソンと共に
Proyecto Golで練習していたタボ、
慣れないデンマークはいろいろと大変だとは思うけれど
それを乗り越えて頑張って頂戴。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) リカルド・ヘレス(選手) グスタボ・カブレラ(選手)

続きを読む

モーヨ、ウルグアイへ??? 

25日、コントレラスがウルグアイのセントロ・アトレティコ・フェニックスへ移籍、
という話がグアテマラで流れたのですが、これ、ネタ元はクレマらしい。
移籍パスの要請がフェニックスからあったんだよね~、って
某ラジオ局のインタビューで誰かさんが発言したらしくて、
それで、アルセナルじゃなくてフェニックスかい!?と皆が大騒ぎしたんですが、
この次第はこういうことらしい。


コントレラスの代理人であるホルヘ・シーテルスピレルグループって、
フェニックスも所有してるの?
良くわからないけれど何か関係があるんだそうで、
国際移籍をする場合、いつもフェニックスを使って移籍パスのやり取りをするんだとか。
お金のやり取りもウルグアイ経由なんだそうで、ふむ、税金対策なのかもね??


ま、そんなちょっとした騒動もあったお陰で、
La Redってラジオ局がコントレラスに電話インタビューした模様。
以下、その内容です。
La Red « “No me muevo de Arsenal”. José Contreras. »


-アルゼンチンサッカーのレベルやパワーに慣れるのは大変だったかい?
ちょっとね。フィジカル的にいい状態で来てなかったし、
かといって悪くもなかったんだけれど。
もう45分プレーして、いいプレーができたと思ってる。
ここのサッカーのリズムはグアテマラとは全然違うんだ。
フィジカルが良くなってくれば、
ピッチの中でチームメイトとプレーするのにも問題ないと思うよ。


-アルゼンチンってこうなんだってわかっていたかい?
もちろん。ここは練習も全然違うやり方なんだ。
そのうち自分のチャンスがやってくることもわかっているし、
チャンスを逃さないよう、準備するつもりだ。
今のところ、マスコミもチームメイトも俺によくしてくれてるし、落ち着いてるよ。


-仲がいいのは誰?
チームメイトの皆が俺のところに来てくれて、なんだか居心地がいいね。
最初の日に俺にどんな感じだい、って聞いてきたのがアニバル・マテヤン。
寒さで凍えそうなんじゃないか、って言ってたけど、
実際、ここは無茶苦茶寒いんだよ。


-監督は何て言ってるのかな?
監督とはまだあまりゆっくり話す機会がなくってね。
今は皆日本に行くためのビザの手続きで大忙しさ。
監督とちょっと話した限りでは、フィジカル的によくなるよう
今週はハードにトレーニングすれば、
チームメイトと一緒にプレーできるようになると言われた。


-話は変わるけれど、代表については、皆が期待を寄せてるってしってるかな。
もちろん。
国外にいて、その後代表に戻るっていうのは違うことを期待されてるわけだからね。
皆、いいプレーを期待してることはわかてる。
それについては安心しててもらっていいよ。


-ウルグアイのフェニックスがパスを申請してきたことは知ってる?
知ってるけれど、そういう手続きなんだって説明してくれた。
そっちでの噂はデタラメだよ。
俺はアルゼンンチンのアルセナル・デ・サランディに残る。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.80 

violetモーヨのインタビュービデオ

アルゼンチンメディアにもコントレラスが登場。
アルセナルの日本ツアーのニュースのついで、ですけれど。



アルセナル、トップ下の選手を何人か放出してて、トップ下不在でガンバ戦。
とガルネロ監督も嘆いております。
監督さんもおニューですよね、確か。
で、その「エンガンチェいないんだよ~」という話の続きでモーヨが出てきます。
コントレラスとトップ下のポジションをを争うのは
やはり今シーズン移籍してきたばかりのダニエル・カルーみたいですね。


いやそれにしても、モーヨってやっぱりチャピンなんだなって、
発音を聞いたらわかるよねぇ~。


violetエクアドル帰りのフアン・カルロス・アリアサは

今シーズンからエレディア-ハグアーレスと名前を変えたエレディア加入が決定。
エレディア、今シーズンオフには結構力を入れた補強をしていて、
パコ・メルガルが監督になったことでもあるし、
ちょっと楽しみなクラブではあったりします。


・・・・・・いや。Usacの恨みは忘れないけれど。


violetトリゲーニョ、開幕にプレーできないかも?

ペタパのGKリカルド・トリゲーニョ・フォステルと
シナバフルのMFグレゴリィ・レステル・ルイス。
この2人、開幕戦に出場できるかどうかが微妙だとか。


この2人の共通点は何かと言いますと、
「マルケンセ所属で他のクラブにレンタルされてる」ってことでして、
すなわち、マルケンセとレンタル先のクラブで金額の折り合いがつかないらしい。
で、話がまとまらない内はプレーもできない、と。


あーなんか、お互いに相手の足元を見合ってるわけなんですかね、これ。
何でもいいけれど、選手にはプレーさせてやってください。
それは所有権のあるクラブの責任でもあると思うけれどなぁ。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) フアン・アリアサ(選手) マルケンセ(クラブ) レステル・ルイス(選手) 

続きを読む

ぷちニュース No.79 

violetモーヨ、もう練習よ

土曜日にブエノスアイレスに飛んで行ったコントレラス、
月曜日にメディカルチェックを受けて、
その日の内にアルセナルと契約。
契約期間は1年間だとか。


で翌日22日にはもう練習開始なわけであります。
いきなりオフィシャルサイトにも載せてもらったりなんかしていて。
オフィシャルサイト


アルセナル、今日23日に
2部のタイエーレス・デ・エスカラダってなクラブと練習試合。
コントレラスも45分出てまあまあだったみたいです。
試合は0-1で負けたんだけれどね。


さてこの後アルセナルは日本に飛んで
スルガ銀行チャンピオンシップってのをガンバ大阪とやるそうですが、
コントレラスはこれには同行せず。
まあまだそれよりもアルゼンチンの気候と風土に慣れた方がいいよな。
8月にはボカ相手のレコパもあるわけだし。頑張るように。


violetマルコ・パッパは

こちらもメディカルチェックを無事クリアーして1年の契約にサインしたとか。
何でもロホスのアメリカ遠征に同行していたロホス幹部も
シカゴまで駆けつけて、パッパの面倒見てやったとかいう話。


その期待に応えて、大きく花開かせてくれよ~。


violetそう言えば

今週末LNFが開幕するわけですが、無事開幕できるかどうか?
行方の怪しげなクラブが約2つ。


まず新加入のシナバフル
ここ、2部リーグに対して借金(詳細不明)があり、
まだ返済できずにいるのだとか。
なので、開幕戦、ホームでのロホス戦の入場料をそれに当てることで何とかして~、
とお願いしているところ。
相手がそれを飲んでくれなければ、LNFへの登録ができないという事態になるわけですが・・・、
問題はもう一つ。


先日、LNFがスタジアムのチェックをしたところ、
「観客が審判やアウェーチームのロッカールームに簡単に入り込める」
「FIFAで禁止されている簡易スタンドを設置しようとしている」
という2点が引っかかって、改修しなければスタジアムの使用は不可、
となってしまったのでありました。


う~むむむ、今まで時間があったのに、スタジアムの改修はやってなかったんかい・・・。
というわけで、今週の木曜日(って明日ですか)に再チェック。
それまでに改修できてなければ、開幕戦にはスタジアムでプレーできない、
すなわち、お金もそれほど儲からない(多分)ということになってしまうのであります。


現在突貫工事で塀を直しているという話ですが・・・、
お金もないのにね。
さて、間に合うか。


もう1つがハラパ
前執行部の時に契約してたオマール・ピバラルとマルビン・ソリスが
「まだ給料払ってもらってない!」とハラパを訴え、
こちらもこれが解決しない限り、LNFへの登録ができないのでありました。


ハラパのエドムンド・ルアノ会長って、
いつも金策で大変な目にあってるようで、ちょっと同情するんですけれど。


最初は6回分割で支払うという提案をしたそうですが
相手が受け入れてくれず、
仕方がないので、多分また自分の家を担保にでもして
今週末に完済する予定だとか。


開幕に間に合わせないといけないですからね・・・。


新しい選手の契約もあったり、何かと物入りのシーズンオフ。
クラブ幹部にも頭の痛い季節なのかもですね・・・。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) シナバフル(クラブ) ハラパ(クラブ)

ぷちニュース No.78 

violet代表、帰国する

日曜日の夜にロスで試合をして、その深夜の便で帰って来た模様。
てえことは、荷物まとめてスタジアムに向っていたのね・・・、ご苦労さん。


「満足ではないけれど、良かったと思う」
と何やらむにゃむにゃ言ってるのがプリミ親分。
ボリーヨみたいに「あかん、ダメや」と率直に言えないところが辛い?


空港についたところで代表は解散、
次回は8月3日から合宿入り、6日にボリビア戦。
確認できないのは試合する場所で、以前はワシントンという話だったのだけれど、
今度はアトランタだという話も。
まあ、どこでもいいよ、勝ってくれるならさぁ。


violetマルコ・パッパはシカゴに行く

金曜日の夜の便でシカゴ入り、今日メディカルチェックだそうです。
無事すめば契約となるわけですが、
契約期間が「1シーズン」「1年」「1年半」と諸説あって、なんだかよくわからん。
ま、いいです。頑張っとくれ。


実はパッパ、本当は水曜日に発つ予定だったのが、
シカゴファイヤー側のミスでその日の便に乗れなかったのですね。
そこで「パッパもドタキャンされるんじゃないか」と
皆をヤキモキさせた訳ですが、
金曜日、無事飛んでくれて皆安堵のため息。


以前からちらりと聞いてた話では、
シカゴの監督さん(って、誰?)が五輪予選のパッパを見て気に入って、
それで「ウチに是非オタクの若いのを」と申し入れがあったんだとか。
「いやいや監督、なかなかお目が高い!」
と言ってロホスがいくらで売りつけたのかしりませんが・・・、
今のところ、買取オプション有のレンタルだという話です。


マルコ・パッパ一口データ
  • 本名:Marco Pablo Pappa Ponce
  • 生年月日:1987年11月15日、現在20歳
  • ポジション:攻撃的MF、右と左の両方できる
  • 利き足:左
  • 所属クラブ:ムニシパル一筋
  • 代表暦:U-17, U-20, U-23



violetモーヨ・コントレラスは

土曜日にブエノス・アイレスへ飛んでいきました。
以上。


violetペスカド先生は

ケガが治って、やっとスタメンにもしてもらって、
ついでにゴールも決めてみました。
ギャラクシー復帰第1弾はニューヨークでのレッドブルズ戦。
試合のハイライトを見たのですが、何で見たんだっけ?ネットかな??
英語のアナでして、「カルロス・ルイース!」と呼ばれると
なんだか別人みたくて格好いいような気が(あ、気のせいですね、やっぱり)。


ペスカドのゴールは29分、バドルのクロスにうまくヘッドであわせたもの、
その後はレッドブルズが2点入れたのだけれど、
フアン・パブロ・アンヘルのフェイントで相手を交わしてのゴールがお見事。
で、91分にドノヴァンが同点ゴール。
いや、ドノヴァンは多分クロスのつもりで蹴ったんだけれど、
バドルが飛んだもののかすりもせず。
でそのバドルに騙されて飛び出してきたGKの脇にひゅーっと入っていったのでした。
なぜか憮然としているドノヴァンが可笑しい・・・。
その後、ギャラクシーはポストに当たるシュートもあったんだけれど、
跳ね返ってきたボールをボレーで撃ったベッカム様はホームランでした。
それにしても相変わらず、ギャラクシーってDFがひどいような気がする・・・。


あ、ペスカドのゴール、MLSの今週のゴールにノミネートされてるので、
良かったら投票してやってください~。
http://web.mlsnet.com/sights/goal_of_the_week/
アンヘル君のゴールの方が良かったとは思うけどさ(ボソボソ)。


*タグ/グアテマラ代表 マルコ・パッパ(選手) ホセ・コントレラス(選手) カルロス・ルイス(選手)

ぷちニュース No.77 

violetコントレラスの行方

代表のアメリカ・アジア遠征にも同行せず、
ひたすら所属先が決まるのを待ってたホセ・コントレラスでしたが、
やっと決まった模様。
アルゼンチンのアルセナル・デ・サランディ。
南米杯チャンピオンですな。


もうコントレラスのコメントが入っていたり・・・。
「代理人は国際大会でプレーできて、かつトップ下を使うクラブを探してくれてた。
 ありがたいことにやっと決まって、できるだけ早く適応できるようにしたいね。
 あとは自分次第だ。スタメンになれるよう頑張って、
 カルロス・ルイスと同じか、できたらそれ以上になれたらいいね。」


1986年1月19日フティアパ生まれのホセ・マヌエル・コントレラス・イ・コントレラス、
地元のデポルティーボ・アチュアパにいたところをクレマに引き抜かれたのが14歳の時かな。
それ以来8年をクレマで過ごし、
U-17、U-20、U-23代表と来てボリーヨがA代表監督になって以来、
ずっとA代表でもスタメンを張ってる期待の選手。


アルセナルは今シーズンも南米杯出場するわけですが、
初戦はホンジュラスのモタグアが相手。
南米杯でお目にかかれるといいですな。


violetエクアドル2部のフアン・カルロス・アリアサは

そのムニシパル・デ・カニャールを辞めた、とか。


う~むむむ、何だかこういう話みたいです。


「辞める決心は自分でしたよ、このチームでは妙なことが起こっていて、
 自分は悪巧みの片棒を担ぎたくないからね。
 このチームには目標に到達するために走ろうともしなければ
 自分の能力を生かそうともしない選手がいる。
 オレはそんなの好きじゃないし、頭に血が上るよ。」


「監督(フアン・カルロス・エリアス)の決定に納得してない選手がいたんだ。
 監督は、この前の試合に負けたら辞任する、って言ってたんだけれど
 それでワザと勝たないようにした奴らがいたんだよな。
 そんなの好きじゃないし、だから辞めることにした。
 大体、監督がオレを呼んでくれたわけで、だからいつも全力で頑張ったんだ。
 グアテマラには日曜日に戻れるよう準備している。
 LNFでプレーできるといいけれど、全ては帰ってからだね。」


う~むむむ、何があったのか良くわかりませぬが、
まあとりあえずは帰って来てからかな。
ボランチ、欲しいチームもあるだろうし、うまくフィットできるといいですな。


violetさて、ウチの代表たちは

ホンジュラス戦終了とともに飛行機に飛び乗って一路韓国へ。
Ansanって、どこ?イマイチ良くわかってない私ですが、
そのアンサンで明日、現地時間の20時、グアテマラ時間の午前5時に試合あり。


韓国はU-23メンバーですが、ウチはU-23とおじさんミックスで臨む模様。
どうやらこの試合、韓国が同じグループにいるホンジュラス対策として
「仮想ホンジュラス」にグアテマラを選んだ、ってことらしいです。


・・・・・・それなら、相手を間違えてるような気がするが・・・・・・。


まあ多分、ウチとホンジュラスが予選で引き分けたんで、
「おっ、力を計るのにちょうどいいじゃん」って思ったんだろうけれど。
サービス精神旺盛なウチですから、
ついでにまたしてもホンジュラスとの親善試合なんてのもしてさし上げましたからね、
試合の内容なんかも既に把握してるものと思われるし、
どんな試合になるのか、ちょっと楽しみです。


・・・・・・放送ないと思うけれど。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) カルロス・アリアサ(選手) グアテマラ代表

ぷちニュース No.68 

今日は帰宅がちょっと遅かったこともあって、書きたかったこともあるのですが、
ちょっと時間がショートしてしまいました。
取り急ぎ忘れない内にいくつか書き散らかします。


violetW杯予選、GL初戦の相手は

アメリカ!


えー、いきなりかぁ~!一応ホームではありますが、
てえことは、最終戦はアウェーのアメリカってことでもあって・・・。
まあ、最終戦をアウェーでエルサルバドルでやるよりはマシかもな・・・。


日程は次の通り。
8月20日 アメリカ(ホーム)
9月6日 トリニダード・トバゴ(アウェー)
9月10日 キューバ(ホーム)
10月11日 トリニダート・トバゴ(ホーム)
10月15日 キューバ(アウェー)
11月19日 アメリカ(アウェー)

前半にホームでの試合が集中しているので、
この辺りうまく切り抜けて欲しいですねぇ。


violet移籍話をいくつか

まずはグスタボ・カブレラ。
オーフスと正式に契約。って書類にサインしてFAXで送っただけなのですが、
ま、それで十分です。
契約期間は12月まで。
うまくいけば契約を延長してもらえるかも、という話で、
頑張ってほしいですねぇ~。


デンマーク、生活の場としても魅力的なところのようだし、ちょっぴり羨ましい。
でも、しばらくタボを見られなくなるってことだよな・・・。
ま、元気で頑張って頂戴。


ホセ・コントレラスは、今週中くらいに行き先が決まりそうかな。
80%ラヌースだそうです。残りの20%はバンフィールドだという話ですが。
どっちでもいいから、しっかり修行してくるように。


すっかり書き忘れていましたが、ウィリー・シムス。
今月初めにUSLのマイアミFCに移籍しております。
契約期間は8月まで。あら、たった3ヶ月です?


まあでも、今までの3試合に出場。
最初の2試合が途中交代で入り、
3試合目は首位のヴァンクーヴァー・ホワイトキャップス相手に90分プレー、
1アシストしたそうです。
試合は1-1の引き分けだったとか。


クラブが決まらなかった間はどうなることやらと思ったけれど、
これで一安心。
貴重なグアテマラ人FWだけに、地道でもいいから頑張って頂戴。


最後にフレディ・トンプソンはクレマへ出戻り決定。
クレマとの契約終了とともにロホスに来たのに、
ロホスにいらないと言われてクレマに戻るのかい、トンプソン。
ある意味、勇気あるよなぁ~、と思います。


その意気でロホス相手にいいプレーしてほしいなぁ。


*タグ/グアテマラ代表 ムニシパル(クラブ) グスタボ・カブレラ(選手) ホセ・コントレラス(選手) ウィリー・シムス(選手) フレディ・トンプソン(選手)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。