スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exニュース No.3 

昨年はあまりぱっとした活躍のなかった
国外でプレーするグアテマラ人たち。
今オフの間に若干の動きが見られますのでまとめてお届け。


icon-flower-wineredフレディ・トンプソン

メキシコの2部ベラクルスにお買い上げいただいたものの
登録時期が過ぎていたためにプレーできないでいたフレディ・トンプソン、
先週、やはり2部のオリサバに売られたそうです。


閉幕シーズンの間だけの契約の模様だけれど
買取オプション付。てえことはレンタルか。


メキシコの2部は既に開幕しているようですが、
オリサバの試合は17日から。
そんなわけで、代表から招集されていたものの、
許可をもらってクラブの方に参戦しております。


icon-flower-wineredグスタボ・カブレラ

最初こそはなかなかいい出足だったタボ・カブレラでしたが
その後は試合に使ってもらえもしないまま。
その後はコロンビアのサンタ・フェという話もありましたが
事情があってそれもダメとなり、
国内のクラブ、当初はマルケンセでしたっけかが有力と言われてましたが
結局ハラパに落ち着きました。


ハラパと言えば兄ちゃんカブレラのエディがいたわけですが、
エディ・カブレラはハラパとは契約更新せず(できず?)
2部のフベントゥ・レタルテカに移籍しており、
弟カブレラのタボは兄ちゃんの後釜として
同じポジションをやることになりそうです。


やっぱり、プレーしてこそサッカー選手。
頑張ってちょうだい。


icon-flower-wineredマルコ・パッパ

実はパッパにはポーランドのクラブから声が掛かったのでした。
シカゴのチームメイトだったトマス・フランコウスキの推薦があって
Jagiellonia Bialystok(読めない)ってクラブからロホスに照会があったらしい。


ところが貧乏ロホス、「$75,000」てな大金?で売りつけようとしたものだから
あっという間にご破算になってしまいました。
ポーランド、うーむ、ようわからんが、ヨーロッパではある。


パッパは2009年のMLSシーズン終了までシカゴにレンタルされることになっており
パッパとしては、その間にシカゴにお買い上げ頂けるよう頑張りたいし、
ロホスとしても$75,000、あわよくばそれより高額で売りつけてしまいたいし、
ポーランドなんかに行かれてしまったら、その後、買戻しもできないんじゃないの?
という心配もあって(邪推?)、できればシカゴにいて欲しいんでしょう。


パッパの気持ちはよくわからないけれど、
今はシカゴでスタメン定着をもくろんでいる模様。


まあそれにしてもロホス・・・・・・。
パッパの将来を踏みにじるようなことだけはしてくれるな。


icon-flower-wineredカルロス・フィゲロア

フィゲロアの話は12月の内に決まっていたのですが、
パラグアイのオリンピアに移籍いたしました。


オリンピア、昨年末の会長選挙やら何やらのすったもんだの結果、
元ロホス監督のエベル・ウーゴ・アルメイダが監督に就任、
このアルメイダがフィゲロアを高く評価していて、
就任する前から「ワシが監督になったら来んかぁ」と
フィゲロアにラブコール(え?)、
シェラフもフィゲロアの移籍を快く認めてくれて、
とんとん拍子に決まったのでした。


オリンピアと言えばパラグアイの名門ではありますが、
ここ数年は低迷中。
アルメイダがこれを立て直すことができるのか、
フィゲロアが貢献することができるのか。
ちょっと注目してみたくはあります。試合見られないけれど。


こんな事情もあって、代表に選ばれていたフィゲロアですが
代表を抜けてしばらくはクラブに専念する模様。
それはそれでかなり正しい選択のような気が・・・。


*タグ/フレディ・トンプソン(選手) グスタボ・カブレラ(選手) マルコ・パッパ(選手) カルロス・フィゲロア(選手)

スポンサーサイト

ぷちニュース No.84 

五輪サッカーも始まって、
「ああ、今頃はウチがいるはずだったのにぃ~!
 (パボンは相変わらずPKはずしとるし、ウチが出た方が良かったじゃん!)」
と思う一方、
U-23の子達も国外のクラブで新しいスタートを切っていたりして、
案外あそこで負けて良かったのかもね?と悔し紛れに思ったりする今日この頃。


violetタボ、デンマークにいます

アーフスの公式サイトにも写真入りでのっかってます。
Cabrera klar for AGF


また髪伸びたねぇ、タボ。
にしてもデンマーク語なので何が書いてあるのやらさっぱり。
一応、英語メニューもあるのですが、メニューしかなさそうです(爆


というわけで、毎度お世話になっております、グーグルの多言語翻訳に突撃。
それがこれ。
カブレラ準備のAGF


うひゃひゃひゃひゃ。
何が言いたいのかよくわからないけれど、
なんとなくわかりますよね、言いたいこと。
「翻訳を改善する」に協力しようかと思いましたが、
このままの方がおもしろいので、そのままにしておきます。


だって、
「位置:全ての4つの議席を獲得米国国防総省の国防」
って、一体どうしたらこんな翻訳になるんだあああ~!
多分DFの4つのポジションならどこでもこなせるってことなんだけれど、
そうか、DFって国防だったんだ。でも米国国防総省は一体どこから・・・?


元クラブの「本物の塩湖」っていうのもいとをかし。
もちろん、Real Salt Lakeのことでございます。


おもいっきり笑わかせてもらったことでもあるし、
今度はプレーで頑張って。


violetアルゼンチンリーグは週末開幕

だけど、モーヨ・コントレラスはプレーできない模様。
クレマから、移籍用のパスがまだ届かないんだそうな。
嫌がらせせんと、さっさと送ったってよーーー。


violetU-17も親善してたりして

そ言えば11月からW杯予選あるんでしたっけ。
で、いつの間にやら、親善などしてたみたいです。
相手はアメリカだけど場所はグアテマラ。5日のことでした。


・・・・・・ってこれ、今度のA代表の予選の下見と違う、ひょっとして?
そういう下衆の勘ぐりはともかく、試合は2-1でグアテマラの勝ち。
観客なしの試合だったから、ホームがとっても有利って訳じゃあないでしょうけれど、
それでも使い慣れてるピッチでプレーする方がトクかもな。


得点は32分にアメリカが先制、
Soony Saadって何語の名前よ?サアド君かな??
でも後半はグアテマラが盛り返して、
60分にPKを得てヘンリィ・ロペスが、
68分にケンデル・ウルタルテが決めて逆転~!


どこの誰なのかさっぱりわからないけれど、エライっ!
この後、7日(って今日か)にもう一試合同じ顔合わせでやるそうです。


violetたまにはA代表もアメリカに勝ってくれるといいんだけれどな、

などと思う私ですが、U-17にできて、A代表にできないことはない!(といいな)
ま、そのA代表、ボリビアに快勝して帰ってきました。


ただし、マラディアガはアメリカ残留。
アメリカの偵察と、パッパの偵察。
週末、シカゴはニューイングランド・レヴォルーションと試合あるのですが、
パッパも招集されておりまして、その試合を観戦に行くのだとか。
さてさてパッパ、この試合はプレーできるかな???


violetも一人グアテマラに帰ってこなかったのが

フレディ・トンプソン。メキシコに行きました。
長く移籍先の決まらなかったトンプソンですが、
どうやらメキシコの2部、ベラクルスにお買い上げ頂いたらしい。


なんだけれど、ベラクルスでプレーするかどうかは???
というのは、ベラクルス、トンプソンをヨーロッパに売り飛ばすつもりなんだとか。
その場合はオーストリアかスイスのクラブが有力。


で、もしヨーロッパ行きがダメなら、
メキシコ1部のハグアーレスに貰っていただく。


更に、ハグアーレスも「いらないよ」って言うのであれば
ベラクルスにお残り。


と言うのが現在の状況なんだそうだけれど、
今週末までには行き先がはっきりするだろうとか。
どの場合も、新クラブへの合流は8月20日のW杯予選以降となります。


髪を伸ばして心機一転しているっぽいトンプソン、
いい結果が出せるといいね。


*タグ/グスタボ・カブレラ(選手) ホセ・コントレラス(選手) U-17グアテマラ代表 フレディ・トンプソン(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.74 

violetペスカドの行方は?

まだ公式には出ていないようですが、ギャラクシーから解雇されたという話。
今シーズンギャラクシーに移籍したものの、初戦に相手のファウルで負傷、
最近やっとこさ復帰したばかりですが、
ペスカド不在でも好調だったギャラクシーに、
今更ペスカドの居場所はないってことらしい。


いや、実はもう一ひねりして
「ギャラクシーはロナウジーニョを狙ってるから外国人枠を空けないといけない」
という話もあったりするんですがね・・・・・・。


で、ペスカドの次の行き先は同じMLSのコロンバス・クルーになる模様。
ま、プレーできないところよりかはプレーできるところの方がいいよね。
元気で頑張ってちょ。


violet人事異動

海外への移籍の話、いくつか取り上げておきます。

  • ロコ
    ロコ自身は「海外移籍の話はもうない」と言ってるらしくて、
    ロホスのヘラルド・ビヤ会長は「まだ何とも言えない」
    と言ってるらしいんですが、何がどうなってるのかさっぱり不明ながら
    ロコはロホスに残留することになるかも?


    ロホスとしてはロコが海外移籍なら
    スチにレンタル中のエドウィン・ビヤトロを呼び戻す予定で、
    ビヤトロのレンタルを続けて欲しいスチにとっても気になるところ。


  • フレディ・トンプソン
    クレマに戻ったばかりのトンプソンですが、代理人によると
    「メキシコの2部かMLSから話あるんだ」とか。
    トンプソン、MLSのチバスUSAに2度チャレンジして苦い思いをしてるし、
    今度こそは決まるといいけれど。


  • マルコ・パッパ
    これはちょっとびっくりでしたが、パッパがシカゴ・ファイヤーに移籍とか。
    もう話はかなり進んでいて「近日中に契約になりそう」なんだとか。
    いやいやそれはメデタイし、
    パッパにとってもいいチャンスだと思うけれど、
    ロホスのMF、ひょっとして足りなくありませんかね?


violetさて、2部の日程とか

決まった模様です。
開幕は8月の2、3日になる模様。


とりあえず、A組とB組の組分けだけ書いておきます。( )内は県名。
A組(西部・南部)
  • ラ・メシーヤ(ウエウエテナンゴ)
  • ラ・ゴメラ(エスクイントラ)
  • コアテペケ(ケツァルテナンゴ)
  • アウロラ(グアテマラ)
  • アンティグア(サカテペケス)
  • アマティトラン(グアテマラ)
  • サン・ペドロ(サン・マルコス)
  • ヌエバ・コンセプシォン(エスクイトラ)
  • フベントゥ・レタルテカ(レタルレウ)
  • マラカテコ(サン・マルコス)


B組(北部・東部)
  • ミクトラン(サンタ・ロサ)
  • カルチャ(アルタ・ベラパス)
  • コバン・インペリアル(アルタ・ベラパス)
  • サナラテ(エル・プログレッソ)
  • アチュアパ(フティアパ)
  • サカチスパス(サンタ・ロサ)
  • USAC(グアテマラ)
  • サン・ベニート(ペテン)
  • ミスコ(グアテマラ)
  • グアスタトーヤ(エル・プログレッソ)


来シーズンこそは昇格するぞ~、がんばれ”U”!


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) フレディ・トンプソン(選手) マルコ・パッパ(選手)

ぷちニュース No.69 

violetロコ、メキシコへ?

コロンビアのクラブからオファーがあるという、
ロコことマリオ・ラファエル・ロドリゲスですが、
そこにメキシコのコアッツァコアルコス(早口言葉か、これは)から
オファーが届いた模様。


両方を見比べたロホスフロント、
「おいっ、こっちのオファーの方がええでー。メキシコ行けっ、ロコ!」
と言ったかどうかは知りませんが、どうもこちらの方が本命になりそうです。


ただし、来週に控えているハラパとのCCLシード権決定戦には
ロコもロホスでプレー。
ロホスのロコを見るのはこれで最後かもなぁ~、と思ったら、
コアッツァコアルコス、ここもロホスってニックネーム?
ティブローネス・ロホスねぇ、ユニも赤と青だったりするしなぁ。
案外すんなり入れるかもね、ロコちゃん。


にしても、コロンビアの1部よりメキシコの2部の方がたくさん払ってくれるって、
やっぱりメキシコ、景気良いのね。



violetクレマに戻ったと思ったトンプソンは

結局、クレマと契約内容で合意に至らず。


ところがトンプソンの場合、クレマがロホスに違約金$25,000を支払っていたので、
今度はトンプソンか移籍先のクラブがこれを支払わなければいけない。
もともとトンプソン欲しいって言ってたクラブはあったわけですが、
ロホスは「クレマ以外ならレンタルしてあげる」って言ってたので、
こうなってくるとどうなるのかよくわからないですねぇ~。


いっそのこと、トンプソンも海外に高飛びか!?


violetさて代表の親善試合

今度のアメリカ・韓国遠征しての
ホンジュラスU-23と韓国U-23戦のメンバーが発表になっていますが、
これはまた別途。
3試合目の相手が決まったようです。
7月19日、韓国からアメリカに戻って、シカゴ・ファイヤー!だって。


その後は8月20日のアメリカ戦になるのかなぁ?
いやぁ、多分きっとどこかと親善やるんですよね、きっと。


violetコスタリカのメドフォード監督は、

遂にクビが発表されました。
本人はまだやりたかったみたいで、
私も是非続けて欲しいと思っていたんですが。


後任には前から名前があがっているボリーヨことエルナン・ダリオ・ゴメス、
ルイス・フェルナンデス・スアレス、そしてセルヒオ・マルカリアンの名が。
と思ったら、え、ケントンの名前もあるとかないとかいう噂が。


まあケントンは「いや、誰も連絡してきてないよ。大体私は今、U20に集中してるから」。
オリンピック予選が終わった時点だったらどうなったかわからないけれど、
今なら大丈夫かな(多分)。続けてちょふだい、ケントンさん。


*タグ/グアテマラ代表 マリオ・ロドリゲス(選手) フレディ・トンプソン(選手) ケントン親分

ぷちニュース No.68 

今日は帰宅がちょっと遅かったこともあって、書きたかったこともあるのですが、
ちょっと時間がショートしてしまいました。
取り急ぎ忘れない内にいくつか書き散らかします。


violetW杯予選、GL初戦の相手は

アメリカ!


えー、いきなりかぁ~!一応ホームではありますが、
てえことは、最終戦はアウェーのアメリカってことでもあって・・・。
まあ、最終戦をアウェーでエルサルバドルでやるよりはマシかもな・・・。


日程は次の通り。
8月20日 アメリカ(ホーム)
9月6日 トリニダード・トバゴ(アウェー)
9月10日 キューバ(ホーム)
10月11日 トリニダート・トバゴ(ホーム)
10月15日 キューバ(アウェー)
11月19日 アメリカ(アウェー)

前半にホームでの試合が集中しているので、
この辺りうまく切り抜けて欲しいですねぇ。


violet移籍話をいくつか

まずはグスタボ・カブレラ。
オーフスと正式に契約。って書類にサインしてFAXで送っただけなのですが、
ま、それで十分です。
契約期間は12月まで。
うまくいけば契約を延長してもらえるかも、という話で、
頑張ってほしいですねぇ~。


デンマーク、生活の場としても魅力的なところのようだし、ちょっぴり羨ましい。
でも、しばらくタボを見られなくなるってことだよな・・・。
ま、元気で頑張って頂戴。


ホセ・コントレラスは、今週中くらいに行き先が決まりそうかな。
80%ラヌースだそうです。残りの20%はバンフィールドだという話ですが。
どっちでもいいから、しっかり修行してくるように。


すっかり書き忘れていましたが、ウィリー・シムス。
今月初めにUSLのマイアミFCに移籍しております。
契約期間は8月まで。あら、たった3ヶ月です?


まあでも、今までの3試合に出場。
最初の2試合が途中交代で入り、
3試合目は首位のヴァンクーヴァー・ホワイトキャップス相手に90分プレー、
1アシストしたそうです。
試合は1-1の引き分けだったとか。


クラブが決まらなかった間はどうなることやらと思ったけれど、
これで一安心。
貴重なグアテマラ人FWだけに、地道でもいいから頑張って頂戴。


最後にフレディ・トンプソンはクレマへ出戻り決定。
クレマとの契約終了とともにロホスに来たのに、
ロホスにいらないと言われてクレマに戻るのかい、トンプソン。
ある意味、勇気あるよなぁ~、と思います。


その意気でロホス相手にいいプレーしてほしいなぁ。


*タグ/グアテマラ代表 ムニシパル(クラブ) グスタボ・カブレラ(選手) ホセ・コントレラス(選手) ウィリー・シムス(選手) フレディ・トンプソン(選手)

ぷちニュース No.67 

violet親善試合?

えーとですね、一応ウチの代表の親善試合が2つばかり決まっています。


最初が7月12日またしてもLAでのホンジュラス戦。
でも、A代表が相手じゃなくて、U-23だとぉ~?
てぇことは、ホンジュラスのオリンピック代表の練習相手になってやる、つーことかい。
オリンピック予選で負けた憎き相手だけにコテンパンに叩きのめしてやるんかい。


と思ったらそこはカトラッチョのマラディアガ、
ウチの代表もU-23メンバーを中心にするんだそーです。
すなわち、ホンジュラスと対戦して負けたあの時のメンバーが中心となる模様。
一応代表に招集されているのはこの顔ぶれですね。

  • リカルド・ヘレス
  • カルロス・カストリーヨ
  • クリスティアン・ノリエガ
  • ウィルソン・ラリン
  • ハイメ・ビデス
  • ジーン・マルケス
  • アブネル・トリゲーロス
  • マルビン・アビラ(ケガの状況次第)
  • ホセ・コントレラス(新クラブが許してくれれば)

足りないポジションは、おじさんたちに頑張ってもらうんだそうです。
って、FWがいませんけれど。
シーズン中のMLSはペスカド貸してくれんだろうし、
モッタ辺り貸し出してもらってくるとかね・・・・・・。
ああそのロホスに戻ったモッタ、ロホスでプレーするのかと思いきや
シェラフにレンタル?てな噂もあります。だったらサカパで良かったんじゃ・・・。


さてその次は韓国。
いや、これも相手はU-23です。
うち、最近やたらとU-23とやってませんかね?いいですけど。
日程は未定ですが、恐らく16日とか17日とか、その近辺。


そしてまたLAに戻ってきて、今度はMLSのどっかとやれたらいいね~、って話だそうです。


にしてもこういう親善試合って、ウチ的に何か意味あるんでしょうかね?
まあ若手にとっては、いい経験かもしれないけれど。


実は、7月6日にグアテマラシティーでガイアナと親善試合をする予定があったのですが、
ガイアナ、スリナムに負けて予選敗退しちゃったので、もうどうでも良くなったらしい。
気持ちはわかりますよね、やっぱり・・・・・・・・。


violetで、このツアーに同行するであろうフレディ・トンプソンは

契約はまだ2年残っているんだけれど、来シーズンはどうやらロホスにはいないらしい。
ロホスの幹部曰く、
「シェラフ、ハラパ、スチとクレマがトンプソン欲しいって言ってきてるんだよね。
シェラフとかハラパとスチだったら、レンタルしてあげてもいいけれど、
もしトンプソンがクレマに戻りたいって言うんだったら、
違約金を支払って契約を解除しなあかんで」。


そんなわけもあったのかも、ですが、クレマカンテラ育ちのトンプソン、
クレマからのオファーを断ってシェラフ行きを決定したという話。
レンタルになるのか、買い取りになるのか、この辺りはまだ未定の模様。


violetウチとは関係ありませんが、エルサルバドルは

久々の快挙に国中が沸いたらしい。ま、そりゃそうだろうな。


加えて選手達も、勝利そのものに加えて嬉しいご褒美を受け取った模様。
エルサルバドル大統領のアントニオ・サカ、パナマ戦の前に
「ゴールを決めた選手には$5,000、勝ったらもちろん別途賞金があるよん~」とニンジン作戦。


そうかぁ、あの粘りにはこのニンジンがあったのかもね?


ま、そんなわけで、代表一同、早速月曜日に大統領を訪れ、
早速そのご褒美を受け取ってきたんだそうです。
2ゴールを決めたチェヨ・キンタニーヤには$5,000x2の計1万ドル!
決勝ゴールとなるシュートを放ったアナヤと
そのシュートを背中でコースを変えたホセ・マルティネスには$2,500ずつ。
いや、このマルティネスにも賞金がある、ってのは笑えますな。


それ以外の選手達には一律$1,000だそうです。
大統領も選手達も、皆嬉しかったでしょうけれど、
さて、この賞金、一体どこから出ているんだ?ってな話は野暮でしたっけかね・・・。


violetさてUSACの運命は

本日FedeFutの控訴委員の採決が行われ、
4-1で当初の裁定を支持する決定が下されました。


くやしいけれど、ここは一つぐっと我慢して、
来シーズンこそ有無を言わせずに昇格しよう!
と思いますよ、私的には。


にしても全く、規律委員会も否決するんだったらさっさと決めてくれやー。


*グアテマラ代表 ムニシパル(クラブ) フレディ・トンプソン(選手) シェラフ(クラブ) USAC(クラブ)

ぷちニュース No.31 

violetタボの挑戦終わる

FCダラスでトライアルが延長されたばかりのタボ・カブレラ、
結局「ハイ、ご苦労さん」ということでアメリカでプレーするという夢は叶わなかったようです。


このトライアル延長に残ったのが、
タボの他、スコット・ジョーンズとドゥドゥ・トゥレだったのですが、
そのどちらかがダラスでプレーすることになるんでしょうね。


そう言えばダラス、ドゥイリオ・ダビーノとアンドレ・ロチャの正式お披露目を
やっとこさ済ませたようです。


violetトンプソンは・・・

フレディ・トンプソン、サンノゼ・アースクイックスとの話があったのですが、
結局のところはボツになった模様。詳細は不明ですが・・・・・・。


まあロホスなら、CONCACAFチャンピオンズももうすぐ始まることだしね。
気持ちの切り替えもなんとかつくんじゃないかな・・・・・・。


violetドーピング事件その後のその後

13日、やっと結論が出ました。
ジミー・オサエタ、エドワルド・サンテリスの両者とも2年間の試合出場停止。


若い2人にとって、この2年は長いのでしょうか、短いのでしょうか。
腐らずに、鍛錬を続けてほしいものですが。


violetさて、キューバに乗り込んだU-23代表は

結論から書きますと、2-2の引き分け。
この試合、ハバナのペドロ・マレーロ・スタジアムで12時から行われる予定だったのですが。
豪雨とグアテマラ代表を乗せたバスの故障のため(!)3時間遅れで始まったそうです。


試合は22分、ホセ・マヌエル・コントレラスがFKを決めてグアテマラ先制。
でも34分、キューバのアルバレスが得点を決めて同点。
後半開始早々の49分にはマルコ・パブロ・パッパが決めて、
グアテマラ再びリードだったのですが、
75分、キューバのウリエル・ラ・ロサが同点ゴール。
このまま試合は終わったそうです。


それにしてもこの代表、昨日キューバ入りしたばかりで、
今日はバスの故障と雨で、それでも同点って、やっぱりすごいよね。


まあ、こういうハプニングもあったせいか、
14日の朝7時に予定されていた第2戦目、中止になったそうです。
てか、元々、この日程の組み方に問題あったんじゃありませんかね・・・・・・?


【追記】
この試合、85分頃にアブネル・トリゲーロスがキューバのDFに殴られた?
か何かが原因で、全員がやいのやいのと集まって騒ぎとなり、
その時点で終了したそうです。


で、14日の試合の中止を申し入れたのはグアテマラ側。
「こんなお粗末な運営で、やってられるかぁ~(帰りの飛行機に乗り遅れたらどうする!)」
てことだったようです。
お疲れ様。

El Periodicoの記事をご参考あれ。


【追記 その2】
この試合の出場メンバーです。
GK: Ricardo Jerez
DF: Carlos Castrillo, Rafael Morales, Erwin Morales, Wilson Lalín
MF: Jairo Arreola, Wilfred Velásquez, Marco Pappa, José Contreras
FW: Carlos Villa, Minor Ignacio López

交代で出た選手と入った選手。誰と誰が交代したか等詳細は不明。
途中から入った選手:
Abner Trigueros, Jean Márquez, Jaime Vides, Cristian Noriega
途中で出た選手:
Jairo Arreola, Marco Pappa, Carlos Castrillo, Wilfred Velásquez


だとすると、出なかったのは
José Rodríguez, Marvin Ávila, Manuel León, Jonny Brownの4人かな。


*タグ/グスタボ・カブレラ(選手) フレディ・トンプソン(選手) ジミー・オサエタ(選手) エドワルド・サンテリス(選手) U-23グアテマラ代表

ぷちニュース No.24 

violetドーピング事件その後

開幕シーズンの決勝戦のドーピングテストで陽性になった2人のうち、
ナンドロロン陽性と判定されたジミー・オサエタは
自分に非があることを認めたとか。
「筋肉を強化する目的で使ったんだけれど、
 買った時には、禁止成分は含まれていないと言われたんだ。
 どうやら、それは嘘だったようだけれど」


と言う訳で24日にFedeFutで行われた公聴会でも自分の非を認め、
罰則を受ける、と発言しています。
ハラパの中盤は競争の激しいポジションでもあったし、
良かれと思ったんでしょうが、不注意だったね・・・。


ハラパのエドムンド・ルアノ会長は、
「残念なニュースだ。
 チームの皆もショックを受けているので、カウンセラーを雇うことにしたよ」
とさりげなく素早い対応を見せております。


一方、大麻陽性のエドワルド・サンテリス。
「どうして大麻陽性になったのか、わからない。
 唯一考えられるのは、6ヶ月前、肝炎にかかって、アメリカで入院したことだ。」


それが事実だとすれば、罰則は下されないでしょうが、
6ヶ月前のクスリが今頃になって尿から出てくる、というのもすごい話・・・。


いずれも、31日にLNFによる最終決定が下される予定です。


violet沈み行くクレマ・・・・・・

クレマのお給料払えません事件、24日に選手たちが事務所に出向いたところ、
確かにそこには、彼らが要求した通りの店頭小切手が用意されていた・・・・・・のでした。


ところが。
ここで終わらないのがクレマらしいところ。
グスタボ・カブレラ、ルイス・ロドリゲス、アルバロ・ヒメネス、リカルド・ヘレスの4人には
小切手が用意されてなかったからさあ大変。


この4人、マスコミや個人的な会話の中で、
「別のクラブに移籍したい」
と発言したから、そんな奴らには給料なんか払ってやらないよ、
ってことなんだとか。


そんなわけで、折角やっとこさお給料貰える!と喜んだ選手たちも、
「もともとの合意は、全員に2ヶ月半の給料を支払うってことだったはず。
 そうじゃなければ、合意の不履行とみなす」
と反発、誰も小切手もらわずに帰ったそうです。


クラブ側の言い分は、
「出て行きたいんなら、出てけば。
 でも、複数年契約してるんだから、契約を破棄する交渉してからお金払ったげるよ」。


ちょっとちょっと。
合意にあった2ヶ月半のお給料てのは、既に仕事をした分、
あんたたちの滞納分の話でしょ。
そんな理屈、成り立つかいっ。


加えて。表立って意見を言いこそはしなかったものの、
選手たちを陰ながら支えていたマルロン・イバン・レオン監督も解任されてしまいました。
表向きの理由は「監督就任3シーズンで、好成績を残していない」から。
そんな理由で、シーズン始まった直後に解任するかいっ!!


後任はアルゼンチン人のイバン・フランコ・ソペグノ。
エスペシアルカテゴリーのクレマ監督だった、というか今もそうです、という人です。


というわけで週末のエレディア戦、またしてもパトッホスの出番のような。
トップチーム登録の選手では
ロロ・フォンセカ、アンヘル・サナブリア、ルイス・アライに加えて
ブラジルから24日夜に戻ってくるという噂のイーベルトン・パエスが出る模様。


選手たちの言い分の方がもっともだと思うんだけれどもなぁ・・・・・・。
代表に選ばれた選手たちにも影響が出そうなのも心配です。


violetペスカドやっとこさお披露目

ベッカム様の同僚となったペスカドことカルロス・ルイス。
やっとこさお披露目をしてもらったそうです。
背番号はやっぱり20。
ギャラクシーの公式(英語)にも一応話が載ってます。


ギャラクシーの試合、ダラスよりはテレビ放送されることが多いですから、
これからはもう少しペスカドの活躍が見られるかもな?
てな意味では嬉しいんですが、まあ、ギャラクシーですからね・・・・・・、
クラブとしてはダラスの方が好きだったんで、ちょっと複雑。


とにかく、心機一転、最初にギャラクシーに移籍した時のような
大活躍を期待することにしましょう。


violet最近になって聞こえてきた移籍の話

決定した人から書いていきますと、
フアン・カルロス・アリアサがエクアドルの2部ですかね?
ムニシパル・デ・カニャールというクラブへ移籍が決定。
このクラブ、現在1部への昇格を狙っているそうです。


アリアサは28歳、テクルタンでデビューし、
ロホスへ移籍したもののプレーする機会に恵まれず、
ハラパはエレディアへレンタルされたこともあったのですが、
2007年の開幕シーズンは2部のミスコでプレーしておりました。


一体全体どういうコネでエクアドルなのぉ?
てのにはびっくりですが、是非是非頑張って来てくださいませ。


で、やっぱりエクアドルへの移籍の噂があるのがロホスのパンド・ラミレス。
W杯予選とかもあるので、どうかな・・・という気はしますが。


前からアメリカに行きたい!と言ってたロホスのフレディ・トンプソンには
MLSのサンノゼ・アースクイックスからオファーが。
ロホスで今それを検討しているところだそうですが、
一足早く、沈み行くクレマから逃げ出したトンプソン、
願い通り新天地でプレーできるようになるかな?


*タグ/ジミー・オサエタ(選手) エドワルド・サンテリス(選手) コムニカシオーネス(クラブ) カルロス・ルイス(選手) フアン・アリアサ(選手) ギジェルモ・ラミレス(選手) フレディ・トンプソン(選手)

ぷちニュース No.21 

violetクレマのお給料未払い問題再燃

「お給料もらってないけど、仕方ないよな~」
と我慢に我慢を重ねてきたクレマの選手たちも、
遂に堪忍袋の尾が切れた!
というよりは、背に腹は変えられないか。


今月の15日で給料未払い期間が3ヶ月に達するに至って、
選手たち、遂にこれをLNFに訴えたのでありました。
どうやら「3ヶ月以上給料が未払いとなった場合、契約の解除を申し出ることができる」
という規則があるらしく、これを元にして訴えでたらしい。


ただし、15日のサカパ戦に出た13人は、契約解除はできても、
LNFの他のクラブへ移籍することは不可能(2部や3部のクラブならOK)。


というわけで、私が思いますに、
給料を支払ってもらうために実力行使に出たのではないかな、と。
まあ中には、複数年契約をシーズン毎の契約に変えてもらおう、
なんて思ってる選手もいるようですが。


実際、クレマの会長エンリケ・ゴドイ、告発を受けて
1ヶ月分の皆のお給料を持って(って現金で持ってったわけではあるまいが・・・)
LNFまで出向いたそうです。


加えて、キケは、
「今月15日までの給料ってのは月末に払うんだから、
 今のところ2ヶ月半の滞納だよ~」
と自慢にもならない言い逃れ。


でも資金繰りが厳しいのは実際その通りなようで、
例のクレマ・ファンド、やっとこさ近日中に立ち上げる予定だとか。
これで200万ドルの資金獲得を予定してるそうなんですが・・・、
ってキケ、ここはグアテマラですよ!?そんなにお金が簡単に集まるかい。


集まるんだったら、私が立ち上げたいわ・・・・・・。


violetトンプソンの行方は?


「ボク、アメリカ行きたい」
「馬鹿もん、これからCONCACAFチャンピオンズもあるのに、放出できるかぁ」


てなやり取りがあったフレディ・トンプソンとロホスですが、
結局のところ、交渉をしてる模様です。


トンプソンの代理人曰く、
「ロホスからはもう条件提示してもらってるから、
あとはチバスUSAが判断するだけだよ」ってことだそうですが、
ロホス会長のヘラルド・ビジャは
「や、まだ何にも決まってないよ。先走りしすぎだってば」
と慎重発言。


早いとこ決まるといいけどね。


violetハラパのスタジアム改装計画


ハラパ、ハラパ市から2年間の約束で、ラス・フローレスの管理を任されたんだそうです。
でもって、その間に改装をやってしまおうと計画してるらしい。
予算は50万ケッツァル超。


「まずは芝生を張り替えて、ロッカールームもキレイにして、
 トイレも直すし、塗り替えもしなくっちゃね」と嬉しそうなルアノ会長。
加えて、市のスタジアムとして、今までコンサートやら何やら
各種イベントが行われていたわけですが、
今後は「使用料を払うのなら」貸し出しすることにするんだとか。


まあハラパ、チャンピオンズがありますから、
恥ずかしくないスタジアムが必要ですよね、やっぱり。
もっとも、大切なのは入れ物よりも中身ではありますが・・・・・・。


violetリケルメ、やる気満々


2月6日にLAで行われるグアテマラとアルゼンチンの親善試合。
結局、アルゼンチンはU-23代表を充てることにしたのですが、
ちょうどリベルタドーレス杯の日程と重なることから、
「リベルタ杯に出るクラブの選手は招集しない。
ヨーロッパでプレーする選手が中心になる」んだとか。


でも、U-23のバティスタ監督、
「五輪本番のオーバーエイジ枠、3人のうち1人はリケだからヨロシク」
とボカのイスチア監督に予告。
一方リケちゃんはリケちゃんで、
「オレもグアテマラとの試合に行きたいよぉ~」
とバティスタ監督に直訴。


こうして、リケちゃん、どうやらグアテマラ戦に出場しそうな気配です。
楽しみ、って言っていいのかな・・・・・・。


【追記】
アルゼンチンのオーバーエイジ枠、
フアン・ロマン・リケルメ、
ハビエル・マスチェラーノ、
マルティン・デミチェリス
の3人と決定したそうです。


というわけで、グアテマラ代表、U-23代表+この3人とご対面することになりそうですね。


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) フレディ・トンプソン(選手) ハラパ(クラブ) グアテマラ代表

ぷちニュース No.16 

violetナイトゲームブーム?

開幕シーズン、ホームゲームを原則土曜日の20:00に設定していたのは
優勝したハラパだけだったのですが。


そのご利益にあやかるため?
閉幕シーズンは4チームがこの時間にホームゲームを設定しています。
ハラパ、シェラフ、ペタパ、スチテペケス。


ペタパはスタジアムに照明を新設したんだそうで、
開幕戦のロホス戦がナイトゲームのお披露目。
観客が来てくれるようになるといいけれどもね。


それにしてもシェラフ。
あんな寒いところでこの寒い時期にナイトゲームか・・・・・・。
お寒い試合ばかりしてると、観客が凍り付いてしまうで。


それ以外では、クレマが土曜日の15:30という時間設定に変更。
マルケンセは土曜日の16:00。
従来通り?日曜日のお昼頃に設定しているのはマラカテコとサカパ。
ロホスとエレディアは未定。


エレディアは結局、完全引越することになりそうです。
さすがにサン・ホセまでモラレスくんだりから行くのは遠すぎる!
ということになった模様・・・・・・。


フローレスでもサン・ベニートでも、エル・レマテあたりでも
住むには十分な環境ではありますからね。
ただ、そんなにすぐにはお引っ越しできないので
第4節、2月最初の週くらいまでは、従来のデル・モンテで試合するようです。


ロホスは・・・・・・。
今頃になって、本拠地を変えようかと考えているらしい。
まあね、2万人以上入るマテオ・フローレスで試合したって、
観客が2000人もいないんじゃ、サビシイ限りだもんね。


というわけで、候補に挙がっているのがセメントス・プログレッソとエル・トレボル。


セメントス・プログレッソねぇ~、半年前まででしたっけ?
クレマがホームにしていたところで、施設はきっちりしております。
収容人数は17,000人、一応屋根も一部あり。
ただし、我家から遠い、というのが大きな問題!なんだよな~、
いや、それを理由に見にいかなくてもいいのなら、それはそれでもいいのか・・・。


エル・トレボルはロホスが練習しているところ。
スタンドもついておりますが、キャパは10,000人。
う~~~ん、グアテマラのビッグクラブを自認するロホスにしてはちょっとサビシイ。


下衆の勘ぐりをしますと、これはお金の節約なのかなぁ、と。
準決勝のスチテペケス戦こそはかなり満杯になってたマテオ・フローレスでしたが、
それ以外の試合ではスタンドにいるのは閑古鳥。
実際、赤字だった試合もある模様だし、
チノ・ベニテスは「勝ちたいんやったら、バタグリア買ってくれ」と言ってるし、
ま、背に腹は代えられませんからね!?


それでも選手にお給料払えるのなら、クレマよりはマシかぁ~。


violet外国へ移籍する選手はナシ

わかってましたけどね。一応書いてみたいぞ、みたいな。


トンプソンとアビラの2人、2月にMLSに挑戦か!てな話もありましたが、
今度はロホスのフロントの方がこれを認めなかった模様。


CCCもあるし、今、この2人に出て行かれたら、
ロホスのお先、そりゃあ真っ暗すぎるよな。


加えてオリンピック最終予選もあるし、W杯予選もあるから、
とにかく選手たちはグアテマラ国内に残そう!ってことでもあるようです。


にしても、ですよ。
ここまでしても勝てなかったら、もっとさびし~よな、と
つい考えずにはいられない私がいるのは、なぜ?


*タグ/エレディア(クラブ) ムニシパル(クラブ) フレディ・トンプソン(選手) マルビン・アビラ(選手)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。