スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.92 

violetクリスティアン・ガルシア、アウロラへ

スチの正GKとして活躍してきたクリスティアン・ガルシアでしたが、
第7節のマルケンセ戦でハイボールを処理できずに得点を決められたとして
フリオ・セサル・アントゥネス監督、
第8節はカルロス・モラレスにゴールマウスを守らせる!と発表。


それに納得のいかなかったクリスティアン、自らスチを辞めてしまいました。
というのも、マルケンセ戦の前、アントゥネスは
「3試合はとりあえずオマエに任せてみるから」
ってクリスティアンに言っていたのですね。
それが、試合が終わると「今度はモラレスにチャンスをやるから」。
まあ、納得できなくてもアタリマエかも。
スチ、最近内部がガタガタしているのが気になります。
とりあえず、クリスティアンの行き先は
2部のアウロラに決定した模様。


violetルイシーニョも辞任

今シーズン絶不調のマルケンセ。
第8節は土砂降りのハラパで3-0と敗戦、
ルイス・ダ・コスタも辞任に追い込まれたのでありました。


後任はウルグアイ人のエドゥアルド・メンデス。
既にグアテマラ入りしているという話。
まずはお手並み拝見です。


violetチノ・イバンの行く先は

2部のサカチスパス!と発表されて、
おおお~、これはマズイ!
イバン・レオンって、エレディアとシナバフルを1部に上げた監督だし・・・
と思っていたら。


翌日「話がまとまらなかった」とチャラになったことが発表され、
我が家的には安堵の一息。


サカチスパス、週末ホームでUSACに0-1で負けて
その後監督のクビが飛んでおりました。
というよりも、何となくレオンを監督にするために
クビを切った、てな雰囲気が漂っていてですね、
それも会長主導で話が進んだらしい。


選手達はこの話に反発して
クビを切られたセサル・マリオ・カレロに続けさせろと主張、
クラブ側もこれを受け入れざるを得なかった模様。いやいやいや・・・。


というわけで、チノ・イバン、浪人生活。


violetハラパがフティアパになる?

土砂降りの雨の中の試合を制したハラパでしたが、
この試合の後、ハラパ会長エドムンド・ルアノは記者会見をして
「ハラパ市からの支援が得られないので
次節からはフティアパ県のエル・プログレッソで試合をする!」
と発言。


ルアノによりますと、この試合に先立って、
電気代とスタジアムの使用料Q3,000を前金で請求されたんだそうで、
お金のないハラパ、ルアノ個人がこの代金を肩代わり。


それなのにお天気にも祟られて、観客わずかに228人。
Q5,000近い赤字となっており、
これじゃあ、クラブだってやっていけませんわな。
モトモトお客さんの少ないハラパだし。


そんなこんなで今週金曜日、ハラパ市とハラパの間で話し合いが持たれる予定。
さてさてどういう決着がつくのやら。


個人的な興味はハラパがエル・プログレッソに行ってもハラパって名前で
ティグレス・デ・フマイってニックネームを使い続けるのか?ってことだったりしますが・・・、


あ。それからハラパのキャプテン、ホルヘ・ドス・サントスに
メキシコ2部の蹴れ太郎!じゃなかった、ケレタロが関心を示してて
クラブ間で交渉中だとか。
デデーがいなくなったらハラパは壊滅しそうな気がするけれど、
背に腹は変えられないってことか。
さてこちらもどうなりますやら。


*タグ/スチテペケス(クラブ) フリオ・アントゥネス親分 クリスティアン・ガルシア(選手) マルケンセ(クラブ) ルイシーニョ親分 イバン・レオン親分 セサル・カレロ親分 サカチスパス(クラブ) ハラパ(クラブ) ホルヘ・ドス・サントス(選手)

スポンサーサイト

ぷちニュース No.87 

violetペスカド、売り飛ばされる

LAギャラクシーの新監督には、
前アメリカ代表の監督だったブルース・アリーナが決定しましたが、
その後、19日だったかなあ、ペスカドがトロントに移籍することが発表されておりました。
Tronto FC get forward Ruiz from LA


トロントのサッカー部長かな?のモー・ジョンストンさんは
「こんなにレベルの高いFWを獲得できて嬉しい」
と手放しの喜び様。
そんなに喜んでもらえるんだったら、しっかり頑張らないとね!


ペスカドのキャリアーはロホスから始まり、
2000年にはギリシアのPAS Gianninaにいたこともありましたが、
その後は専らMLSで、ギャラクシー、ダラス、ギャラクシーと来て今度はトロント。
心機一転したところでの活躍を期待します。


violetマルビン・バリオス、ケガ

時間がある時に別途新しい代表招集リストを作りますが、
ハラパがCCLのサン・フランシスコ戦を控えていることもあって
ハラパのルイス・ペドロ・モリーナは招集漏れ。


その代わりに、シェラフで今シーズン絶好調のマルビン・バリオスが呼ばれたのですが。
招集を聞いた数時間後に、右足の踵を傷めてしまったとか。
なので15日間はプレーできません。


シェラフのゴールマウスはミゲル・アンヘル・クレーが守るからいいとして、
折角のチャンスに張り切りすぎてケガしてしまったのか、
もったいないことをしてしまいました。


ま、またチャンスもあることだろうから、
焦らず、腐らずに頑張って頂戴。
ちなみに、代わりに招集されたのは、クレマのガト・ゲーラであります。


violetスチの新監督は

フリオ・セサル・アントゥネス(Julio César Antúnez)に決定。
今度はウルグアイ人です。
21日(木)からチームに合流し、
23日(土)のペタパ戦から指揮を取る、というか取りました。


スチと言えば、DFの要、アンデルソン・パソス・バティスタ、
実は先週くらいからだったか、チフス熱と診断されておりました。
最初は食中毒という話で、病院に入院したのですが、
どうやらそれがチフス熱(別名腸チフス)だったんだとか。
もう既に退院して、自宅療養している状態ではあるのですが、
試合復帰はもう少し体力が戻ってきてからになりそうです。


violet全然関係ないけれど

書かずにはいられない話題。


今日23日、小僧のサッカーの試合を観戦していた時のこと。
相手チームの子が小僧チームの子に足を出して引っ掛けて倒す、というプレーが
私たちの目の前で起こったのですね。


審判はファウルを取るわけですが、
ここで某お父さん:
「審判、今のはイエローだろっ!」
審判はもちろん無視。それに腹を立てたこのお父さん、
「スリナム人審判!」だって。
もう大爆笑。


また別のシーンでもちょっとラフプレーがあって、
やっぱりカードとかは出ない。
(子供の試合なので、出さずに口頭で注意する審判が多いです)


そこで別の某お父さん:
「そんなジャッジをしてるから、代表が勝てないんだ~!」
こちらも大爆笑。


ま、でも、これから変なジャッジがあった時には
「スリナム人審判~!」
これで決まりだな。


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マルビン・バリオス(選手) フリオ・アントゥネス親分 スチテペケス(クラブ) アンデルソン・パソス(選手)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。