スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.85 

violet第4節で転がったクビが約2つ

最初がスチテペケスのペドロ・エバンヘリスタ・ロドリゲス監督。
前監督のガビーノ・ロマンが「個人的な理由」で辞任して
急遽招聘したパラグアイ人監督だったのですが。
まあ、あれだけの戦力を持っていて、未だ1勝もできないのでは仕方ないのかなぁ。


後任には何人かの名前があがっていますが、
とりあえずはカルロス・カスタニェダとマヌエル・カスタニェダの兄弟が
チームを率いる模様。


で、その次がエレディア監督のフランシスコ・メルガル。
もっともこちらの場合は辞任です。


エレディア、シーズンオフにはかなり金をかけて補強し、
監督にもメルガルを呼んで、
今シーズンこそは最下位にはならないぞ!(最低目標)
って感じだったのに、フタを開けてみれば、第4節までですでに最下位。


だから、あそこで駄々をこねずにUSACの昇格を認めておけば
こんなことにはならなかったのに(ブツブツ)。
こちらも後任は未定です。


violetも一つ転がったのが

こちらは国外ですが。
ペスカドがお世話になっております、ロサンゼルスはギャラクシー、
今シーズン、決して不調ではなかったような気がしたけれど、
ペスカドがケガから復帰したあたりから負けこんでません???
ここ7試合、勝ち星がないそうです、とりあえず。で現在14チーム中11位。
ベッカム様も俺様ドノヴァンもいるのにねぇ。


ま、そのせいかどのせいか、DTのルート・フリット、辞任しちゃいました。
それだけならわからないでもないけれど、
ついでに会長兼GMのアレクシー・ララスまで辞任って、
そりゃあ一体どういうことなんだい!?


多分、投資に見合った効果が上がってないってことなのかもな・・・、
とりあえず代理監督にはコービー・ジョーンズが!これもびっくり。
ペスカドの行方も何だか怪しげだなぁ。
ちょっと心配ではあったりします。




*タグ/ペドロ・ロドリゲス親分 フランシスコ・メルガル親分、カルロス・ルイス(選手)

続きを読む

スポンサーサイト

ぷちニュース No.34 

violetマルケンセ、突然の監督交代と思ったら。

な~んとなんと、新監督はルイス・ダ・コスタじゃあありませんか。
ルイシーニョ、開幕シーズンはサカパ監督だったのですが、
クリスマスと新年の休暇が明けたのに、待てど暮らせど帰って来ない~♪
そんなルイシーニョの心変わり?に涙しつつ、
急遽カミーロ・アギラールを監督に迎えたサカパでしたが、
まあ今シーズンの好調ぶりを見る限りでは、監督交代がうまくいったと言えるかも。


にしてもルイシーニョ、本当にグアテマラに戻って来るんかい。
閉幕シーズン現在7位と調子の出ないマルケンセ、
監督のフランシスコ・メルガルは以前から2度ばかり辞表を出していたのですが、
第8節の終わった火曜日、3度目の辞表を提出したらしい。


クラブの幹部もいい加減愛想がつきていたのかなぁ~。
今回はそれを受理し、ルイシーニョの監督就任をとっとと発表したのでありました。
なお、ルイシーニョ、多分現在はブラジルからグアテマラへの途上で、
明日金曜日にグアテマラ入りする予定。
土曜日にはシェラフとの試合があるんだけれどもね・・・・・・。


ルイス・ダ・コスタ、ブラジル人。
グアテマラではテクルタン(2部)、シェラフ、そしてサカパの監督を歴任しております。
アシスタントコーチのダビッド・ガルディネルと
フィジカルトレーナーのハビエル・ソサは留任とのこと。


violetハイロ・ペレス退院

練習中にビセンテ・ロセラと衝突し、脳挫傷で病院に運ばれたハイロ・ペレス、
とりあえず退院したとか。
退院はしたけれど、やっぱり4~6週間はサッカーしちゃダメなんだそうで。
まあ、後遺症とか残ったら大変だから、しっかり養生してください。


violetベリーズ代表の練習試合の相手は

前回はエレディアでしたが、今度はサカパ。
もち、W杯予選のための練習試合ですよ、ベリーズ的には。


にしても、エレディアといい、サカパといい、ベリーズから近いところのクラブばかりで、
こんな安直なことでいいんでしょうかね、ベリーズ代表。


*タグ/マルケンセ(クラブ) フランシスコ・メルガル親分 ルイシーニョ親分 ハイロ・ペレス(選手) サカパ(クラブ)

ぷちニュース No.13 

U-23代表、海外合宿

まだ決定、というわけではなさそうですが、
グアテマラの期待の星のU-23代表、
3月の北京オリンピック最終予選を前に
2月にはスペインで合宿&親善試合を予定しているとか。


この他にも、韓国か日本で親善試合を行う、という噂もありまして、
U-23代表、とても落ち着いてリーグ戦を戦ってなんかいられそうにないですな。


今年最も活躍した監督は?

例によってGuatefutbol.comのアンケートなのですが、こんな結果に。
投票数418票の時点です。

  1. ロドリーゴ・ケントン(U-23代表) 237
  2. フリオ・ゴンサレス(ハラパ) 74
  3. フランシスコ・メルガル(マルケンセ) 29
  4. カルロス・フラード(シェラフ) 23
    エルナン・ゴメス(A代表) 23
  5. ガビーノ・ロマン(スチテペケス) 21
  6. その他 11


今年はどうも若い選手の活躍が目立った年で、
若手中心のチームをつくってリーグ優勝に導いた
ゴンサレス監督の手腕も素晴らしいとは思いますが、
やっぱりここは、U-23代表のケントンでしょうね。


総投票数の半分以上を獲得してぶっちぎりのトップ。
2008年には2007年以上の活躍を期待しております。


シューミット、ペタパへ

ハラパをクビになったリチャード・シューミット、
ペタパへの移籍が決定しました。


それにしても。
ペタパって、ひょっとして、他のクラブのはみ出し者の寄せ集めですかい?


CONCACAFチャンピオンズリーグの中米代表

え~、未だに何が何やらはっきりしない、CONCACAF版CL。
とりあえず、中米からは
  • グアテマラ
  • エルサルバドル
  • ホンジュラス
  • コスタリカ
  • パナマ
の5カ国は2チームを、
  • ベリーズ
  • ニカラグア
の2カ国は1チームを、
それぞれ代表としてCLに送り込む、ってことのようです。


というわけで、中米代表はトータルで12のクラブ。
カリブ地区は、CL予選前に更なる予備予選をやるそうで、
結局いつの時点でどうやって何チームに絞るのか、詳細は不明です。
本当に6月に始まるんでしょうかね、このCL?


*タグ/U-23グアテマラ代表 ケントン親分 フリオ・ゴンサレス親分 フランシスコ・メルガル親分 カルロス・フラード親分 ボリーヨ親分 ガビーノ・ロマン親分 リチャード・シューミット(選手) ペタパ(クラブ)

ぷちニュース No.11 

エレディア、お引っ越し?

LNFの下位を低迷するエレディアですが、どうやら引っ越しを検討中とか。
エレディアが本拠地とするイサバル県のモラレス、
バナナのプランテーションなんかがあるところなんですが、何にしろ、小さい。
とにかくお客さんの入りが悪いしね・・・、
以前からイサバル県の県都プエルト・バリオスに引っ越し!
って話はあったんだそうですが、実現しないままでした。


まあ、プエルト・バリオスにはイサバル、
その近くで観光地のリオ・ドゥルセにはリオ・ドゥルセ、
更にまたその近くでマヤ遺跡のあるキリグア?にはキリグア、と
いずれもセグンダ(3部相当)のクラブなんですが、結構あるんですよね。


そんなこともあって・・・かもしれませんが、
新しくでた引っ越し先は、サン・ベニート。
ペテン県(えー、ペテン師が多いからではありません、念のため)の県都で、
国際空港だってあります(ティカル遺跡へのアクセス空港)。


でもどうなんでしょ、サン・ベニートにはプリメーラ(2部相当)の
その名もサン・ベニートってチームがいて、プリメーラでは結構上位にいるんですよね。
そのサン・ベニートが使っているスタジアムをそのまま使うつもりなら、
今のデル・モンテ競技場よりも全然小さい競技場になっちゃうし、
う~ん、それでもお客さん入ってくれれば成り立つのかな?
遠征に行くの、すっげえ大変だと思いますけれどもね、空路で行くのかな、ひょっとして。


まあでも、もしエレディアがサン・ベニートにお引っ越ししたら、
ペテンで初!の1部チームの誕生なんだそうです。
さてさて、ペテンの人たちは試合を見に来てくれるのかな・・・・・・。


オフと言えば、手術シーズン?

ロホスのチノ・ルアノは右脚のアキレス腱を、
同じくロホスのマニア・アルビスーレスは膝の半月板を、
ついでにマルケンセのパコ・メルガル監督は胆嚢かな?の手術をしたそうです。


閉幕シーズンには間に合わないかもですが、皆さんどうぞお大事に。


親分方は異動なし?

ハラパのフロントによれば、フリオ・セサル・ゴンサレス監督は
オリンピア(HON)の誘惑にも負けず、ハラパに帰ってくる予定だとか。
まあ、大丈夫だとは思いますけれどもね。
少なくとも来年のCONCACAFチャンピオンズまでは、
このままの体勢で行って欲しいものです。


もう一人、プリメーラ(2部相当)のシナバフルからオファーを受けていた
マラカテコのパウロ・セサル・バーロス。
こちらはオファーを蹴ってマラカテコに残ることを決意。
そりゃやっぱ、1部のチームの方がええよね。
それとも、問題は金額だったのかしらん?


一方のシナバフル、どうやら開幕シーズンを率いていた
バイロン・ロメオ・ペレス監督が優勝を決めた後に仰天辞任したらしく、
それで後任を探しているのだとか。
バーロスに振られたシナバフル、
やっぱりペレスを呼び戻そうかという相談をしているそうですが、さて?


*タグ/エレディア(クラブ) ヘルマン・ルアノ(選手) クラウディオ・アルビスーリス(選手) フランシスコ・メルガル親分 マラカテコ(クラブ) パウロ・バーロス親分 シナバフル(クラブ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。