スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.83 

violetパッパ、プレーする

と言っても公式戦じゃあありませんけどね・・・。
エヴァートン相手の親善試合、シカゴが2-0で勝っていますが、
先発出場で45分プレー。
Chicago Fireの公式サイト

シュート数3本はロルフと並んでチーム最多。
よっしゃあ、その調子っ!頑張っちょくれ。
ちなみにパッパ、背番号はロホスの時と同じ16だそうです。


violetアリアサはサインする

エレディア-ハグアーレスといったんはご破算になった
エクアドル帰りのフアン・カルロス・アリアサ、
結局再度エレディアと話し合いをして、契約に至ったそうです。
契約期間は1年。


violetホンジュラス代表はグアテマラに来る

えーと、何しに来るかというと、練習しに来るんだそうです。
8月20日のW杯予選の対メキシコ戦に向けて、
高さに体を慣らすのが目的だそうで、
グアテマラシティーより標高の高いテクパン(2300m)で合宿するそうな。
La Red / Honduras prepara en Guatemala duelo ante Tri


テクパンて、クレマは以前から、
ロホスは今年からプレシーズンの合宿に使っていて
グアテマラシティーからは1時間半の、落ち着いた町です。
テクパンで7日ほど過ごしてからメキシコ入り。
さてこの作戦、結果をもたらしてくれるでしょうかね・・・。


ホンジュラスを代表する選手、ダビッド・スアソはメキシコ戦の参加は微妙。
というのはスアソがインテルに残るのか、あるいは他のクラブに移籍するのか、
今まだ決まっていない状態なんだそうで、
そんな時に呼んでもね、とレイナルド・ルエダ。


いや、でも、ぶらぶらしてるよりは
サッカーに打ち込んだ方がいいかもですよ?
ま、そんなこんなでホンジュラスは気合いが入っているのでした。


violetパナマはゴールドカップ、できる?

2009年のCONCACAFゴールドカップに向けて、
カリブは既に予選が始まってるみたいですけれど
中米予選となるネーションズカップは2009年1月にパナマで行われる予定、でした。


ところが。


開催場所となるロンメル・フェルナンデス・スタジアム、
現在改装中ですが、その工事がひょっとして1月までに終わらないかも?
という話がここに来て浮上しています。
La Red / Panama podria perder la Copa de Naciones


この工事、昨年のUNCAFクラブ杯の後、8月から改装工事が始まって
今年9月には完成して引き渡される予定だったらしい。
まあでも期日通りにいくわけがないのがアタリマエでして、
それでも3ヶ月余裕見とけば大丈夫だろ、と発注側は思ったんでしょうが、
多分パナマも今年は多雨なんじゃないですかねぇ~、
そういう影響もあったんだろうと思うのですが、
全然完成のかけらすら見られないような状況だそうです。


「もし、大会に間に合わないようなら、開催地を変更してもらうしかない」
とはパナマサッカー連盟のアリエル・アルベルト・アルバラドさん。
パナマ代表のW杯予選敗退の傷がまだ癒えぬところへ
何とも景気の悪い話ですが、
スタジアムの方はぜひとも完成させて、気持ち良くやりたいですよね。


*タグ/フアン・アリアサ(選手) マルコ・パッパ(選手)

続きを読む

スポンサーサイト

ぷちニュース No.82 

violetフアン・カルロス・アリアサは

本日エレディアとの契約にサインする予定、だったんですが。


結局のところ、経済問題で折り合いがつかずご破算になったそうで。
両者の言い値の差額がQ7,000(1000ドル近く)だそうで、
それじゃあ、基本的にお金の問題は話してなかったんかい!?


さてそのアリアサ、ひょっとしたらハラパに行くかも?という話。
ハラパはアペラニスの抜けた穴はシルバに頑張って頂くとして、
マルケスの抜けた穴が意外に大きくて、
まあ、ピニェイロさんもいるけどね、
も一人誰か取っといた方がいいんでないか、という話らしい。


ハラパも経済的にさほど余裕があるクラブとは思えないのだけれど・・・。
そう言えば、開幕前に揉めてたお給料未払いの話はどうなったんでしょ。
気がついたら開幕、ちゃんと試合してましたけれどね、ハラパ。


violetリカルド・ヘレスは

ウルグアイのペニャロールへトライアル!?
わーーー、パッパの時に負けず劣らずのびっくりだ~!!!
La Red / Ricardo Jerez parte el miercoles para Uruguay



リカちゃんの代理人って、パンドと同じパブロ・ガレアノって人らしいんですが、
この人がペニャロールとの話をつけてくれたらしい。


そして奥ゆかしいリカちゃんは、この話、しばらく前から出ていたはずなのに、
一言も漏らさず、明後日出発!という日になってやっと監督に打ち明けたのだとか。
クレマの監督はウルグアイ人のフリオ・セサル・ゴンサレス。
そりゃペニャロールへの話なら喜んでくれるだろうけれど、
いきなり言われても困ったかもね・・・。


リカちゃん、05-06年はコバンで、06年はロホスで、
そして07年以降クレマでプレーしている、いやプレーしてないことも多いけれど、
とりあえずクレマに所属な選手なわけですが、
クレマとの契約には
「国外でプレーする機会があった場合、クラブは異を唱えることができない」
っていう文言があるんだそうで、いや、さすがクレマ、太っ腹。
てかリカちゃん、さすが学級委員、じゃなくて元キャプテン。


とりあえずペニャロールでトライアル受けて、
良ければペニャロールに残るけれど、
ダメだったらウルグアイの他のクラブに行く道を探る、と言ってます。
頼もしい。


「本当はヨーロッパでプレーしたかったんだけれど、
 オレ、ヨーロッパ国籍じゃないし、ビザの問題もあったし。
 やっとウルグアイに行けることが決まって、
 全力を出してペニャロールでプレーできるよう頑張るよ。
 グアテマラの名誉のためにもね。
 ウルグアイのサッカーはレベルが高いし、
 ヨーロッパからも見てもらえるしさっ」


ほらほらリカちゃん、グアテマラの名誉なんてどうでもいいってば。
(あ、石投げられるかも)
それよか、リカちゃんが外国で生き生き溌剌とプレーしてくれるのであれば、
それだけでおばさんは嬉しいっ!!
そしてハイボールの処理、もっとうまくなってちょ。



*タグ/フアン・アリアサ(選手) リカルド・ヘレス(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.80 

violetモーヨのインタビュービデオ

アルゼンチンメディアにもコントレラスが登場。
アルセナルの日本ツアーのニュースのついで、ですけれど。



アルセナル、トップ下の選手を何人か放出してて、トップ下不在でガンバ戦。
とガルネロ監督も嘆いております。
監督さんもおニューですよね、確か。
で、その「エンガンチェいないんだよ~」という話の続きでモーヨが出てきます。
コントレラスとトップ下のポジションをを争うのは
やはり今シーズン移籍してきたばかりのダニエル・カルーみたいですね。


いやそれにしても、モーヨってやっぱりチャピンなんだなって、
発音を聞いたらわかるよねぇ~。


violetエクアドル帰りのフアン・カルロス・アリアサは

今シーズンからエレディア-ハグアーレスと名前を変えたエレディア加入が決定。
エレディア、今シーズンオフには結構力を入れた補強をしていて、
パコ・メルガルが監督になったことでもあるし、
ちょっと楽しみなクラブではあったりします。


・・・・・・いや。Usacの恨みは忘れないけれど。


violetトリゲーニョ、開幕にプレーできないかも?

ペタパのGKリカルド・トリゲーニョ・フォステルと
シナバフルのMFグレゴリィ・レステル・ルイス。
この2人、開幕戦に出場できるかどうかが微妙だとか。


この2人の共通点は何かと言いますと、
「マルケンセ所属で他のクラブにレンタルされてる」ってことでして、
すなわち、マルケンセとレンタル先のクラブで金額の折り合いがつかないらしい。
で、話がまとまらない内はプレーもできない、と。


あーなんか、お互いに相手の足元を見合ってるわけなんですかね、これ。
何でもいいけれど、選手にはプレーさせてやってください。
それは所有権のあるクラブの責任でもあると思うけれどなぁ。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) フアン・アリアサ(選手) マルケンセ(クラブ) レステル・ルイス(選手) 

続きを読む

ぷちニュース No.77 

violetコントレラスの行方

代表のアメリカ・アジア遠征にも同行せず、
ひたすら所属先が決まるのを待ってたホセ・コントレラスでしたが、
やっと決まった模様。
アルゼンチンのアルセナル・デ・サランディ。
南米杯チャンピオンですな。


もうコントレラスのコメントが入っていたり・・・。
「代理人は国際大会でプレーできて、かつトップ下を使うクラブを探してくれてた。
 ありがたいことにやっと決まって、できるだけ早く適応できるようにしたいね。
 あとは自分次第だ。スタメンになれるよう頑張って、
 カルロス・ルイスと同じか、できたらそれ以上になれたらいいね。」


1986年1月19日フティアパ生まれのホセ・マヌエル・コントレラス・イ・コントレラス、
地元のデポルティーボ・アチュアパにいたところをクレマに引き抜かれたのが14歳の時かな。
それ以来8年をクレマで過ごし、
U-17、U-20、U-23代表と来てボリーヨがA代表監督になって以来、
ずっとA代表でもスタメンを張ってる期待の選手。


アルセナルは今シーズンも南米杯出場するわけですが、
初戦はホンジュラスのモタグアが相手。
南米杯でお目にかかれるといいですな。


violetエクアドル2部のフアン・カルロス・アリアサは

そのムニシパル・デ・カニャールを辞めた、とか。


う~むむむ、何だかこういう話みたいです。


「辞める決心は自分でしたよ、このチームでは妙なことが起こっていて、
 自分は悪巧みの片棒を担ぎたくないからね。
 このチームには目標に到達するために走ろうともしなければ
 自分の能力を生かそうともしない選手がいる。
 オレはそんなの好きじゃないし、頭に血が上るよ。」


「監督(フアン・カルロス・エリアス)の決定に納得してない選手がいたんだ。
 監督は、この前の試合に負けたら辞任する、って言ってたんだけれど
 それでワザと勝たないようにした奴らがいたんだよな。
 そんなの好きじゃないし、だから辞めることにした。
 大体、監督がオレを呼んでくれたわけで、だからいつも全力で頑張ったんだ。
 グアテマラには日曜日に戻れるよう準備している。
 LNFでプレーできるといいけれど、全ては帰ってからだね。」


う~むむむ、何があったのか良くわかりませぬが、
まあとりあえずは帰って来てからかな。
ボランチ、欲しいチームもあるだろうし、うまくフィットできるといいですな。


violetさて、ウチの代表たちは

ホンジュラス戦終了とともに飛行機に飛び乗って一路韓国へ。
Ansanって、どこ?イマイチ良くわかってない私ですが、
そのアンサンで明日、現地時間の20時、グアテマラ時間の午前5時に試合あり。


韓国はU-23メンバーですが、ウチはU-23とおじさんミックスで臨む模様。
どうやらこの試合、韓国が同じグループにいるホンジュラス対策として
「仮想ホンジュラス」にグアテマラを選んだ、ってことらしいです。


・・・・・・それなら、相手を間違えてるような気がするが・・・・・・。


まあ多分、ウチとホンジュラスが予選で引き分けたんで、
「おっ、力を計るのにちょうどいいじゃん」って思ったんだろうけれど。
サービス精神旺盛なウチですから、
ついでにまたしてもホンジュラスとの親善試合なんてのもしてさし上げましたからね、
試合の内容なんかも既に把握してるものと思われるし、
どんな試合になるのか、ちょっと楽しみです。


・・・・・・放送ないと思うけれど。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) カルロス・アリアサ(選手) グアテマラ代表

ぷちニュース No.36 

violetマルケンセはお給料カット

最近、無茶苦茶調子の悪いマルケンセ。
去年の今頃はCONCACAFチャンピオンズに参加していたクラブとは思えない不調さに、
遂にクラブ首脳も堪忍袋の緒がきれた!?


2月分のお給料、なんと20%カットだったんだそうです。
え、でもこの人たちって、契約でお給料決まってるんじゃなかったっけ?
ひょっとして契約違反で訴えられたりしないんですかね???


まあでもフロントは、「このまま成績が悪ければ、来月もカットやで~」と言ってるんだそうな。
さてさて、お尻に火がついてきたマルケンセ、
これで成績が良くなるんでしょうかね?


violetスチは罰ゲームならぬ罰練習?

こちらもなかなかエンジンのかからないスチテペケス。
この後は15日にロホス、19日にペタパと上位陣との対戦が続きますが、
「ここで勝ち点6を取れんかったら、セマナサンタも練習やで~」だって。


具体的には20日の聖木曜日から23日の復活の主日までの4日間で、
暑いこの時期、世間は海水浴やら何やらでのんび~り過ごすのが普通、
サッカー選手は練習お休みなのが普通。


この2試合、いずれもホームとは言え、
CONCACAFもあって連戦の続くロホスはともかく、
何だかよくわからないけれど好調なペタパ相手に勝ち点3は厳しいような。
ま、お手並み拝見ですよ、ガビーノさん。


violetエクアドルの2部の話なんかもあったり

エクアドルのSerie B、グアテマラ人のフアン・カルロス・アリアサのプレーする
ムニシパル・デ・カニャールってクラブ、
第2節目にして単独首位だそうです。


すなわち、2試合連続で勝ったのはこのチームだけ、ってことですね。
それにしても、アリアサ君はプレーしてるんでしょうか?


*タグ/マルケンセ(クラブ) スチテペケス(クラブ) フアン・アリアサ(選手)

ぷちニュース No.24 

violetドーピング事件その後

開幕シーズンの決勝戦のドーピングテストで陽性になった2人のうち、
ナンドロロン陽性と判定されたジミー・オサエタは
自分に非があることを認めたとか。
「筋肉を強化する目的で使ったんだけれど、
 買った時には、禁止成分は含まれていないと言われたんだ。
 どうやら、それは嘘だったようだけれど」


と言う訳で24日にFedeFutで行われた公聴会でも自分の非を認め、
罰則を受ける、と発言しています。
ハラパの中盤は競争の激しいポジションでもあったし、
良かれと思ったんでしょうが、不注意だったね・・・。


ハラパのエドムンド・ルアノ会長は、
「残念なニュースだ。
 チームの皆もショックを受けているので、カウンセラーを雇うことにしたよ」
とさりげなく素早い対応を見せております。


一方、大麻陽性のエドワルド・サンテリス。
「どうして大麻陽性になったのか、わからない。
 唯一考えられるのは、6ヶ月前、肝炎にかかって、アメリカで入院したことだ。」


それが事実だとすれば、罰則は下されないでしょうが、
6ヶ月前のクスリが今頃になって尿から出てくる、というのもすごい話・・・。


いずれも、31日にLNFによる最終決定が下される予定です。


violet沈み行くクレマ・・・・・・

クレマのお給料払えません事件、24日に選手たちが事務所に出向いたところ、
確かにそこには、彼らが要求した通りの店頭小切手が用意されていた・・・・・・のでした。


ところが。
ここで終わらないのがクレマらしいところ。
グスタボ・カブレラ、ルイス・ロドリゲス、アルバロ・ヒメネス、リカルド・ヘレスの4人には
小切手が用意されてなかったからさあ大変。


この4人、マスコミや個人的な会話の中で、
「別のクラブに移籍したい」
と発言したから、そんな奴らには給料なんか払ってやらないよ、
ってことなんだとか。


そんなわけで、折角やっとこさお給料貰える!と喜んだ選手たちも、
「もともとの合意は、全員に2ヶ月半の給料を支払うってことだったはず。
 そうじゃなければ、合意の不履行とみなす」
と反発、誰も小切手もらわずに帰ったそうです。


クラブ側の言い分は、
「出て行きたいんなら、出てけば。
 でも、複数年契約してるんだから、契約を破棄する交渉してからお金払ったげるよ」。


ちょっとちょっと。
合意にあった2ヶ月半のお給料てのは、既に仕事をした分、
あんたたちの滞納分の話でしょ。
そんな理屈、成り立つかいっ。


加えて。表立って意見を言いこそはしなかったものの、
選手たちを陰ながら支えていたマルロン・イバン・レオン監督も解任されてしまいました。
表向きの理由は「監督就任3シーズンで、好成績を残していない」から。
そんな理由で、シーズン始まった直後に解任するかいっ!!


後任はアルゼンチン人のイバン・フランコ・ソペグノ。
エスペシアルカテゴリーのクレマ監督だった、というか今もそうです、という人です。


というわけで週末のエレディア戦、またしてもパトッホスの出番のような。
トップチーム登録の選手では
ロロ・フォンセカ、アンヘル・サナブリア、ルイス・アライに加えて
ブラジルから24日夜に戻ってくるという噂のイーベルトン・パエスが出る模様。


選手たちの言い分の方がもっともだと思うんだけれどもなぁ・・・・・・。
代表に選ばれた選手たちにも影響が出そうなのも心配です。


violetペスカドやっとこさお披露目

ベッカム様の同僚となったペスカドことカルロス・ルイス。
やっとこさお披露目をしてもらったそうです。
背番号はやっぱり20。
ギャラクシーの公式(英語)にも一応話が載ってます。


ギャラクシーの試合、ダラスよりはテレビ放送されることが多いですから、
これからはもう少しペスカドの活躍が見られるかもな?
てな意味では嬉しいんですが、まあ、ギャラクシーですからね・・・・・・、
クラブとしてはダラスの方が好きだったんで、ちょっと複雑。


とにかく、心機一転、最初にギャラクシーに移籍した時のような
大活躍を期待することにしましょう。


violet最近になって聞こえてきた移籍の話

決定した人から書いていきますと、
フアン・カルロス・アリアサがエクアドルの2部ですかね?
ムニシパル・デ・カニャールというクラブへ移籍が決定。
このクラブ、現在1部への昇格を狙っているそうです。


アリアサは28歳、テクルタンでデビューし、
ロホスへ移籍したもののプレーする機会に恵まれず、
ハラパはエレディアへレンタルされたこともあったのですが、
2007年の開幕シーズンは2部のミスコでプレーしておりました。


一体全体どういうコネでエクアドルなのぉ?
てのにはびっくりですが、是非是非頑張って来てくださいませ。


で、やっぱりエクアドルへの移籍の噂があるのがロホスのパンド・ラミレス。
W杯予選とかもあるので、どうかな・・・という気はしますが。


前からアメリカに行きたい!と言ってたロホスのフレディ・トンプソンには
MLSのサンノゼ・アースクイックスからオファーが。
ロホスで今それを検討しているところだそうですが、
一足早く、沈み行くクレマから逃げ出したトンプソン、
願い通り新天地でプレーできるようになるかな?


*タグ/ジミー・オサエタ(選手) エドワルド・サンテリス(選手) コムニカシオーネス(クラブ) カルロス・ルイス(選手) フアン・アリアサ(選手) ギジェルモ・ラミレス(選手) フレディ・トンプソン(選手)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。