スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネーションズカップの準決勝と決勝 

私的にはどうでも良かったネーションズカップの準決勝と決勝。
てか、金曜日には用事が入ってたこともあって
すーーーっかり忘れていたりもしたのですが、
結構ナマで見たかったかも、エルサルバドルの負傷退場。


準決勝 コスタリカ 3 - 0 エルサルバドル

既報の通り、
エルサルバドルの負傷者続発により試合が中止、
規定によりコスタリカが3-0で勝利を収めております。


準決勝 ホンジュラス 0 - 1 パナマ

パナマはGKのペネドが大活躍だった模様。
そして39分、リカルド・フィリップスのミドルでゴールを決めると
後はもう11人で引きこもり。
これが功を奏したという次第。


いやそれにしても、ホームのホンジュラスに勝つなんてすごすぎ。
W杯予選の敗退は、やっぱり勿体無かったな。


三位決定戦 エルサルバドル 0 - 1 ホンジュラス

さすがに勝たなきゃまずいでしょ、ホンジュラス。
てなわけで勝ってます。
ゴールは30分、ロジャー・エスピノーサ。
エスピノーサってこの試合が初キャップらしい。


この試合ではホンジュラスのアマド・ゲバラがイエロー2枚で退場してます。
ゲバラ、最初の試合でもイエロー2枚で退場じゃありませんでした?
どうしたんでしょうね、ロボさん。


一方のエルサルバドルは89分にショウン・マルティンが退場。
いや相変わらずですな、エルサルバドルは・・・。


決勝 パナマ 0 - 0 コスタリカ (PK: 5 - 3)

なかなかいい試合だったらしいです。
コスタリカ優勢の序盤、でもパナマも持ち直し、
後半は一進一退の攻防、って感じだったらしい。


そしてPK。
先に蹴ったのがパナマですね。
パナマは5人全員成功、
コスタリカは3人目がはずして、5-3でパナマの勝ち。


パナマはネーションズカップ初優勝。
W杯予選敗退の憂さも少しは晴れたかな。


全然晴れないのがグアテマラなんですが(ブツブツ)・・・。


今大会の最終成績は

  1. パナマ
  2. コスタリカ
  3. ホンジュラス
  4. エルサルバドル
  5. ニカラグア
  6. グアテマラ
  7. ベリーズ


パナマは優勝おめでとう。


*タグ/パナマ代表 コスタリカ代表 ホンジュラス代表 エルサルバドル代表


スポンサーサイト

ネーションズカップ2日目&3日目 

金曜日はアメーバで伏せっておりました。
なので、2日目、コスタリカ対パナマの試合は見なかったので
結果だけ書きますと、3-0でコスタリカの勝ち。
ケントンさんが監督になってからのコスタリカ、つおいねー。


得点は
8分 アンディ・フルタード、
15分 アンディ・フルタード、
55分 アルバロ・サンチェス

ただし、2点目のアシストをした、コスタリカのゲームメーカーらしい
ヨシマル・アリアスは怪我で途中で交代しており、
グアテマラ戦も出られない模様。
加えてコスタリカのDFマイケル・ウマーニャがイエロー2枚で退場しており、
コイツもグアテマラ戦、出られません。


しかしそれにしても好調のコスタリカ相手に、
どこまでやれるんでしょうね、ウチ。


UNCAFのサイトをリンクしておきます。





3日目の最初はエルサルバドル対ベリーズ
これも見てませんが4-1でエルサルバドルの圧勝。


得点は
10分 アルフレッド・パチェコ(SLV)
29分 アルフレッド・パチェコ(SLV)
72分 ジェロミィ・ジェームズ(BLZ)
75分 ラモン・サンチェス(SLV)
87分 カルロス・アヤラ(SLV)


詳細はこちらで。





もう一試合のホンジュラス対ニカラグア
こちらは夕食の用意をしながら見ていたのでした。


先制はホンジュラスでやっぱりかぁ~と思っていたら、
ニカラグアのゴラッソ~で前半は1-1で終了。


このままじゃ終われないホンジュラス、後半奮起して
終わってみれば4-1の圧勝。
ニカラグアは後半の後半はかなり疲れてもいたようですね。


こうしてホンジュラス、準決勝進出&ゴールドカップ出場を決めたのでした。


UNCAFのサイトです。






さて、ウチの代表、金曜日の朝6時頃発の飛行機でテグシガルパ入りするために
空港には午前3時頃集合だったそうです。
ここのところ寒い日が続いていて、この日も朝は10度を切るくらいの気温。
アウロラ空港って確か暖房がなかったような・・・・・・、
ま、それも何とか凌いで飛行機に乗り込み、いざ出発、
さあてテグシガルパにそろそろ到着・・・ってところで、機長からのアナウンス。


「テグシガルパは濃霧のため、着陸は危険と判断しました。
よって当機はグアテマラに引き返します」。
えええ~!!!
せめてサン・ペドロ・スーラとかコマラパ(エルサルバドル)とかにしたら・・・。
ま、そんなわけで、一旦戻ってきたんだそうです。
ちなみにテグシガルパのトンコンティン空港、
進入経路に丘があって、着陸する飛行機はこの丘をかすめるように旋回して着陸します。
なので、視界が確保できないのは危ない、んでしょうが、
まあでもこの飛行機、大型機どころか中型機でもなく、
50人乗りの小さな飛行機だったんですけれどもね・・・、
ま、安全第一であります。


11時に同じ飛行機で再度テグシガルパ入り、今度こそちゃんと着陸できて
予定よりも6時間遅れで現地入り。
真打ちはこうじゃなくっちゃ!てなわけであります。


そんなこんなで出足からいきなり調子の狂ったグアテマラ代表ですが、
同じグループのコスタリカの強さにいささか出鼻をくじかれてみたり。
パナマ相手にもここ数年勝ってないのに、コスタリカになんか勝てないよ~。


この大会、ゴールドカップの出場権を賭けておりまして、
1位から5位までがゴールドカップ出場となります。
各組上位2チーム&各組3位によるプレーオフで出場が決定するわけで、
B組は3ヶ国しかありませんから、
最下位でもプレーオフ出場可、となるわけです。


とすると気になるのがA組の3位は誰か?ってこと。
今までのところA組は
  1. ホンジュラス 6 (+4)
  2. エルサルバドル 4 (+3)
  3. ニカラグア 1 (-3)
  4. ベリーズ 3 (-4)

最終戦はホンジュラス対エルサルバドル、
ニカラグア対ベリーズ、となります。


さて。ホンジュラスがエルサルバドルに勝って
ニカラグアがベリーズに勝つと、
エルサルバドルとニカラグアが勝ち点4で並びますよね。
そうすると得失点差で順位が決まるわけですが
可能性は小さいとは言え、エルサルバドルがプレーオフに回る可能性もあり・・・。
いささかぎょぎょぎょっとしていたりするのであります。
いや、今ならニカラグアにだって勝てなさそうな気がするけれど。


ま、そんなわけでB組よりも目が離せないA組(え?)、
こちらも注目なのでありました。


*タグ/グアテマラ代表 エルサルバドル代表 ニカラグア代表 ホンジュラス代表 ベリーズ代表 コスタリカ代表 パナマ代表

親善試合 ホンジュラス 1-0 パナマ 

あ。なんか、パナマ代表に貸し出ししていた?ハイメ・ペネドが帰ってきたようです。
ホンジュラスはテグシガルパで行われたホンジュラス-パナマの親善試合。
1-0でホンジュラスが勝っています。


ホンジュラスは、インテルでプレーするダビッド・スアソも来てますね・・・。
でもってホンジュラスが一方的に攻める試合だったらしい。
パナマ、9人でデフェンスしてたって、え・・・・・・。


得点は53分、ワルテル・マルティネスのヘッドです。
この人、中国でプレーしてる人ですか?


怒涛のような攻撃の前に、パナマが相手ゴールに迫ったのはわずかに1回とかいう話。
パナマで一番活躍したのはペネドだったようです。


ロホスでも一番活躍しているのはペネドですしね・・・?ご苦労ちゃん。


メンバー表があったので、とりあえず貼り付けておきます。
ホンジュラス
Noel Valladares; Sergio Mendoza (Oscar García m.56), Maynor Figueroa, Víctor Bernárdez, Emilio Izaguirre; Amado Guevara (Ramón Núñez m.46), Wilson Palacios, Edgar Álvarez (Walter Martínez m.46), Mario Rodríguez (Carlo Costly m.75); Julio César León y David Suazo (Hendry Thomas m.85).

パナマ
Jaime Penedo; Román Torres, Luis Moreno, Felipe Baloy, Carlos Rivera; Juan Pérez, Víctor Herrera (Nicolás Muñoz m.61), Juan Solís (David Barahona m.78), Rolando Escobar; Alberto Blanco (Jean Maclean m.56) y Edwin Aguilar (César Medina m.66).


審判は・・・、えーと、リカルド・セラヤ。ホンジュラス人。え。いいんか、これ。


さてさて明日は久しぶりにウチの代表の試合。メキシコ戦ですからね~。
勝てなくても(既にネガティブ)、次につながる、いい試合になてほしいです。


【追記】
SHEさんに教えていただいたYouTubeの画像ニ題。
まずは、ホンジュラス側から見た試合の映像。


つづいてパナマ側のFutbol Extremo。



*タグ/ホンジュラス代表 パナマ代表

レアル・マドリー対パナマ代表!? 

新聞を読んでいたら目にひっかかったのが「レアル・マドリーとパナマ代表が親善試合を行う」という話。


これ、今改修工事を行っているロンメル・フェルナンデス競技場の
杮落としとして予定されているんだとか。
ちなみにこの競技場、パナマとグアテマラの親善試合を最後に、
改修工事に入っております。


現在スペインを訪問しているパナマ大統領のマルティン・トリーホスが
レアル・マドリーの会長ラモン・カルデロンと話をつけたとかいう話なので、
実際のところどうなるかはまだわからないですね。


実現するとして、やるとしたらプレシーズンになるんでしょう。
てことはプレシーズンは中米あたりで!?


レアル・マドリーの選手には迷惑な話かもしれませんが、
パナマ代表やサッカーファンのちびっ子(大人も?)たちにとっては、
ちっとは楽しみな話であったりします。


*タグ/パナマ代表

親善試合 パナマ 2-1 グアテマラ 

む。またやられてしまったかあ。


テレビ放送がなかったので、
前半30分くらいから他のことをしながらラジオを聴いていたのですが、
ほとんどの時間帯、パナマがボールを支配して攻撃していたような感じ。
パナマは若手中心のメンバーで望んできたようです。
中でもガブリエル・トーレスというU-20代表の選手がものすごく良かったらしい。
若い選手がどんどんでてきていて、羨ましー。


グアテマラの先発は
GK: パウロ・セサル・モッタ(GK)、
DF: ネストル・マルティネス、グスタボ・カブレラ、ヘンリィ・メディーナ、クラウディオ・アルビスーリス、
MF: マルビン・アビラ、レオネル・ノリエガ、フレディ・トンプソン、ゴンサロ・ロメロ、
FW: カルロス・ルイス、トランシット・モンテペケ。


ゴールドカップ時のメンバーと変わっているのはもちろんGK。
トリゲーニョ、最近は
「反省してるよぉ~。二度とやらないからもう一度やり直させてちょ」
と懲りないアル中親父のような発言。
グアテマラでは代表チームの練習に参加させてもらっていましたが、
さすがにパナマには連れて行ってもらえず。


DFではパブロ・メルガルが召集されず代わりにネストル・マルティネス。
その他は基本的に一緒ですか。


MFは2ボランチがノリエガとトンプソン。
トンプソンは負傷明けで、
まだあんまりプレーしてなかったけれど大丈夫なんだろうか・・・。
このメンバーだと、トンプソンがキャプテンかな。


オフェンシブハーフは
久しぶりに代表入りしたチャロ・ロメロとマルビン・アビラのロホスコンビ。


FWはお馴染みペスカド君とトランシト・モンテペケ。
モンテペケは初代表かな???


パナマのメンバーは・・・?不明。
GKはロホス移籍が確実と見られるハイメ・ペネド。
モッタとペネド、ロホスの正GK争いをする2人が
それぞれのゴールマウスを守る。
てのも珍しい風景ですね。


初めの10分くらいはお互いに相手の探りあい。
その後は少しずつ流れはパナマに傾いていったようです。
それでも最初のゴールはグアテマラ。
21分、ペスカドのパスを受けたモンテペケがシュート!
モンテペケの代表初ゴーーーールでグアテマラが先制。


30分、FKからパナマのゴール。
ゴールを決めたのはアルベルト・ブランコ。
私がラジオを聴き始めたときには既に同点となっておりましたが、
この後はパナマが一方的に攻める展開で、
いいシュートも何本かあったようで、ヒヤヒヤ。
それでもグアテマラ、何とか持ちこたえて前半終了。エライエライ。


後半5分でいきなりPK。
グスタボ・カブレラがガブリエル・トーレスに何かしたらしい。
ばかー、グスタボ~!何をしたんだー!!
ちなみにラジオのおじさんたちは、
ガブリエル君が今日のMOMだと言っていました。


ビクトル・エレーラが決めて1-2。はああ。
えーと、エレーラのお父さんって、
先週の土曜日に殺されて亡くなったのだそうです。
父に捧げる逆転ゴール。
そういうのは次のメキシコ相手(でしたよね?)にやって頂きたかった・・・・・・。


まーその後は一方的にパナマが攻める展開だったよーです。
グアテマラの後半初のチャンスは76分、
DFの隙をついてカルロス・フィゲロアがシュート~!!
でどうしてはずすかカルリート・・・・・・。


おまけに85分にはカブレラが二枚目イエローで退場。
89分にはFKを得てペスカド君がいい感じに蹴ったらしいですが、
惜しくも相手GKに止められて同点ならず。はい、試合終了。


いつもはフランクなボリーヨ親分も、
この試合の後はインタビューにも応じずに引き上げていったとか。
そんなに内容の悪い試合だったのかあぁ・・・・・・


まあね。でも相手の得点はFKとPK。
攻められ続けた割には守備が持ちこたえていたような。
モッタが頑張ったのかな。
ガブリエル君をマークした(と思われる)グスタボは厄日でした。
謹慎の間にお祓いしてくるように。


えーと、次の親善試合はトリニダード・トバゴかしらん。
その後、スリナム、ホンジュラスと
グアテマラが苦手とするタイプとの試合が続きます。
やっぱり前途多難・・・・・・


*タグ/グアテマラ代表 パナマ代表

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。