スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.46 

violetエディ・オルティスの出場停止処分取り消し

クレマの提訴により、規律委員会は
サカパのエディ・オルティスの出場停止処分を決定しておりましたが、
サカパの上告であっさり取り消されましたとさ。ちゃんちゃん


これでオルティス、リーグ戦はもとより、
代表戦でも心置きなくプレーできます。いや、招集されれば、ですけどね。


violetで、サカパの監督は

チノ・ベニテス辞任のニュースの陰に隠れてしまいましたが、
ベニテスと日を同じくして、
サカパ監督で同じアルゼンチン人のカミーロ・アギラールも辞任。


アギラール、前監督のルイシーニョ(現マルケンセ監督)が
サカパを放ったらかしにして帰って来なかったので、
急遽ピンチヒッターに担ぎ出されていて、
当初は決して悪くなかったんだけれど、
サカパ病院への入院患者のあまりの多さもあって
最近は成績も下降気味。今は降格ゾーンにいるんだっけか・・・。


後任にはルイス・イバーラが就任しております。
頑張れ、サカパ!


violetそしてロホスの監督には

オラシオ・コルデーロ(Horacio Cordero)が就任!
またアルゼンチン人ですが・・・・・・。


コルデーロ、過去にロホスとクレマの監督経験あり。
優勝経験あり。
というわけで、昔の栄光を再び!なんでしょうが、
ちょっと昔の人だよなぁ~、という気が。


なお、元監督のビクトル・ウーゴ・モンソンがコーチだっけか?に復帰。
コルデーロ、7年前にロホスを率いてたことがあるのですが、
今週末の試合では、その当時にもロホスにいたベテラン選手達を
大量に起用するんではないかと言われてたりします。
やれやれ。大丈夫なんか、この人・・・・・・。


コルデーロの経歴などはまた日を改めて。
(だって、眠いんだも~ん)


violetはたまたU-20の監督候補は

チノ・ベニテス。
なんじゃそりゃ。


ベニテスの他、現ハラパ監督のフリオ・ゴンサレスとか
ハシント・ロドリゲス(誰よ、それ)とか、
ジョバンニ・アルファロ(知らないよ~)とかの名前も挙がっているんですが、
なんと、ケントン教祖様の名前も復活!


どうやらケントン、ロホスの監督になりたかったんだけれど、
コルデーロになっちゃったんで、
アロヨ大親分のところに電話して
「ワシ、やっぱりやりたい」
と申し出た模様。


・・・・・・なんとも正直な人って言っていいのかな~。
ゴンサレスはハラパ監督を続けてください!(給料払ってやってくれよぉ~)
後の2人は知らないから除外。
ケントンにしよ、ケントン。


violetで、そのゴンサレスのハラパは

ラティトゥーがやっとこさ借金の一部を払ってくれたそうです。
これでお給料も払えるね(涙


というわけで、両者のスポンサー関係も継続することになり、
土曜日のハラパ-ペタパはテレビ中継されることとなりました。


めでたし、めでたし。


*タグ/エディ・オルティス(選手) サカパ(クラブ) カミーロ・アギラール親分 ルイス・イバーラ(親分) ムニシパル(クラブ) オラシオ・コルデーロ親分 チノ・ベニテス親分 ケントン親分

スポンサーサイト

ぷちニュース No.45 

今日はなぜか、どひぇ~!な話題がたんまりです。
明日はハイチとの親善だというのに、気分が落ち込む・・・。


violetハラパとLatitudの提携関係解消

この前も少し触れたので、この話題から。
ハラパのエドムンド・ルアノ会長、
ハラパのスポンサーであったテレビ局ラティトゥーに
提携関係の解消を通告したようです。


事の起こりは、ラティトゥーが契約通りに契約料を支払ってくれなかったこと。
ハラパの選手への2・3月分のお給料が滞っていたのもそのためで、
ルアノ会長とオルティス副会長が、私財をなげうって
何とか今週中に一部、
来週までには3月までのお給料全額払えるようにしたい、とのこと。


ハラパ、スポンサーはラティトゥーとの一社独占契約だったため、
これでスポンサーなし、になります。
ついでに、今までハラパホームの試合は
ラティトゥーが独占放送してましたが、これもなくなります。
というか、先週の土曜日に放送がなかったのはそのためだそうです。


個人的にものすご~く気になるのは、
この話がテレビ・アステカがラティトゥーを傘下に入れた後に出てきたこと。
3月の後半でしたっけか、テレビ・アステカがラティトゥーの株を70%買い、
事実上同社をお買い上げしておりまして、
これでラティトゥーの経営も、
おまけにスポンサー関係にあるハラパの経営も改善されるのでは、
というのが当初の見方だったんですけれどもね・・・、
それとも単なる嫌がらせをしにきたんか、テレビ・アステカ・・・。


ルアノ会長は、契約の不履行を法廷に提訴する模様。
やれやれ、一体どうなることやら。


violetエディ・オルティスは試合出場停止

3月9日、エルナン・サンドバルにスライディングして大怪我を負わせた
サカパのエディ・オルティスを、
クレマが「試合出場停止にしろ~!」と規律委員会に訴えておりましたが。


その通りになってしまいました。
期間はまだ未定ですが、一般的にはサンドバルが復帰するまで。
サンドバルの復帰は2009年1月頃と見られているんですが・・・・・・。


加えて、オルティスとサカパは、
サンドバルの治療費も負担しなければならなかったりします。


オルティス、代表にも選ばれて張り切っていたのにね。
サンドバルの骨折は不幸ではあったけれど、
悪意のあるファウルっていうものではなかったと思うので、残念です。
やれやれやれ・・・・・・。


violet一方ロホスは

いきなり突然、チノ・ベニテスが辞任!!!


ロホス、首位滑ったからって、まだまだチャンスあるじゃん。
と思ったら、理由は成績とは直接関係ないらしい。


ベニテス、グアテマラ入りした頃から脅迫を受けていたのが、
最近になってこれが激しくなってきており、
「とてもじゃないけれど、やっとられん。わし、帰るわ」
ってことだったとか。


・・・・・・・・・・・・。


てえことは、脅迫してたのは、ロホスのウルトラスですか・・・。
それが事実なら、クレマのウルトラスよりもタチ悪いやん。


確かにチノ・ベニテスのサッカーはおもしろいものではなかったけれど、
それでも、ロホスは一頃の最悪状態を脱しつつあったし、
パンドもシルバも調子を上げてきていたのにね。
いやあもう、あまりのことに言葉もありません。
やれやれやれやれ・・・・・・。


violet期待の星、ケントンは

最終的に、U-20代表監督のオファーを拒否。
うあああああああ~ん。
アロヨ大親分、ずーーーっと粘って交渉していたようですが、
最後の最後でダメって言われたらしい。


なので、今から監督探しです。


やっぱり、一旦はオファーされたA代表を
マラディアガに横取りされたのが悔しかったのかなぁ~。
とっても、とっても残念です。
やれやれやれやれやれ・・・・・・。


violetまあでも、

一つだけ、おっ!と嬉しくなるようなニュース。
ロホスの後任監督はケントン!?という噂が。


このタイミングでオファーを断ったのは、
ロホスからのコンタクトがあったからと考えることも可能ではあるわけで・・・・・・。


実現したらいいんだけれどな。


*タグ/ハラパ(クラブ) エディ・オルティス(選手) ムニシパル(クラブ) チノ・ベニテス親分 ケントン親分

チノ・ベニテス監督へのインタビュー 

開幕シーズン途中からロホスの指揮を取るようになったけれど、
あまりいいところのないままシーズン終了、
最終戦となった準決勝のスチテペケス戦では結構なブーイングも飛んでいましたが
非常に物静かな雰囲気の漂うホルヘ・ベニテス監督。


3日にはもうグアテマラに戻ってきたそうで、
4日から練習に参加しております(ロホスの練習は2日から始まっていた)。
そんなベニテス親分へのインタビュー記事から拾ってみました。


ロホスの補強は?
フロントと話してみるけれど、候補は
セバスティアン・バタグリア、
フェルナンド・ブランダン、
エセキエル・ラサロ、
マティアス・ジグリ の4人だ。
クリエィティブでダイナミックかつ速さのある選手を探している。
(4人のうち本命はバタグリアとブランダンだそうです。
にしても、えええ~、バタグリア~!!!来てくれるんかいな・・・・・・)


チームの評価は?
リーグ戦が終わったところまでは良かった。
ディフェンスのことは信頼しているし、
中盤もボール捌きがうまく、ピッチの4分の3はウチが支配できていたからね。
欠けているのはゴールだ。
でも、ま、チームってのは後ろから前へと作っていくものだからね。
イスラエル・シルバは速くていいサッカーをする選手だから契約した。


今シーズンはどんなチームを目指すのですか?
クリエィティブなプレーのできるチームだ。
私は、相手が固く守ってきたら、開けようとするタイプの監督だからね。


代表に選手が招集された場合はどうされますか?
フロントと話さないとね。まあ非常に難しい話だしな。
クラブからは結果を出すよう求められているわけだし、
一方で代表やU-23で選手がいなくなってしまうのはイタイね。


監督としての優先課題は?
チームがいいサッカーをして、優勝を求め、それを獲得すること。


勝つことのできるチームができあがるのに、どれくらい必要でしょう?
どんな風にシーズンが始まるかによるな。
選手ってのはある日突然無茶苦茶いいプレーをするようになるものだし。
でもって、それは選手によるところが大きいしな。
加えて、私の戦術を選手が理解できるかどうかにもよる。
最終的には、選手次第だな。



プロフィール


  • 名前: Jorge José Benítez

  • ニックネーム: El Chino

  • 生年月日: 1950年6月5日

  • 出身: ゴベルナドール・カストロ(アルゼンチン共和国)

  • ポジション: MF (RSH)

  • デビュー: Racing Club (1969年)

  • 引退: Guaraní Antonio Franco (1983年)

  • 監督デビュー: Boca Juniors (2004年-2005年)

  • 監督として獲得した賞:南米杯 (2004年)


*タグ/ムニシパル(クラブ) チノ・ベニテス親分

今日のニュース三題 

UNCAFクラブ杯はサプリッサが決勝進出

昨日のうちにレポをアップしたかったんですが、眠くてダメでした。
夜起きてられないのは、高齢化のせい!?


まあレポは別途アップするとしまして、アラフエレンセが1-0で勝ってたのですが
最後にサプリッサが得点、決勝進出をもぎとりました。


というわけで、決勝カードはサプリッサ-モタグア、
3位決定戦はアラフエレンセ-ムニシパル となります。


ロホス、後任監督決定

やっぱり!以前から名前が挙がっていたホルヘ・ベニテス(Jorge “Chino” Benítez)の監督就任が決定しました。アルゼンチン人。57歳。
契約期間は1年(今から1年・・・?それとも2008年6月まで??)だそうです。


ベニテス、過去にはボカ・ジュニアーズを率いて2004年に南米杯優勝したことあり。
だけどその翌シーズン、リベルタドーレス杯準々決勝のチバス戦で
アドルフォ・バウティスタに唾を吐きかけてクビになったという、
なかなかの経歴の持ち主。熱そうな人だなぁ・・・。


その後はエクアドルのデポルティーボ・キトの監督だったことがあるそうです。
成績は・・・・・・。不明。


グアテマラ入りは11月7日の予定。11日に行われる第17節のサカパ戦から
ロホスを率いることになりそうです。


今後の手腕に期待。


マルケンセのユース選手、リバープレートに武者修行

この前のニュースで書き逃した・・・と思ってたので、ここに追加。


マルケンセのユース(フベニル・カテゴリー)にいる3人の選手が、
アルゼンチンのリバープレートのユースに修行に行くそうです。


これ、どうやらクラブ間で何やら提携しているらしく、
グアテマラの学校が休暇になるこの時期を見計らって、
3人の選手がアルゼンチン入りし、6週間にわたって修行をする。
その後は6ヶ月間、グアテマラに戻ってトレーニングメニューをこなし、
最後にリーベルのコーチにテストをしてもらう、と。


てえことは、ひょっとしたらリーベル入りの可能性だってなくはないですね。


さてさて選ばれた3人は:
Cristian Gramajo
Brailin De León
Luis Herrador
年齢的には15~16歳の子たちです。


親元を離れてのトレーニングは辛いことも多々あるでしょうが
折角のチャンス、うまくモノにしてほしいですね。


*タグ/ムニシパル(クラブ) マルケンセ(クラブ) チノ・ベニテス親分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。