スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アギーレ、テコンドーを嗜む 

「メキシコ・テコンドー協会、小人への飛び蹴りを見せたハビエル・アギーレと契約か」
なーんてメッセージがTwitterで流れて、大笑いしました。
ナルホド、あれはテコンドーだったのね。


早々はお目にかかれないシーンでしょうから、動画を貼っておきます。
アギーレ対フィリップス・・・、じゃなかった、
黄金杯のメキシコ対パナマ、の1シーン。




見れば見るほど、「ボールを止めようと思った」というアギーレの言葉が信用できなくなるよなぁ。
もっとも当人には蹴るつもりはなかった、というか
相手に当たるとは思っていなかったんでしょうが、
折角後半に入ってメキシコが良くなって来た時間帯に
監督が試合をぶち壊してどーすんだ、ってば・・・・・・。


被害者なのにアギーレをどついたばかりに
倍にドツキ返され、レッドまでもらったフィリップス君。
最初の5分くらいは茫然自失系で、
「なんでオレが退場?」てな感じですが、
残りの5分くらいはスタンドを埋め尽くしていたメキシコ応援団が
あれやらこれやら物を投げ込むものだから、怖くて退場できず。


最後にはオチョアが先導して役員に脇を固められ、
やっと退場できた時にはまた大量に投げ込まれておりますな・・・・・・。
彼はカンペキに被害者だよな、ここまで来ると。


まあでも何とか耐え抜いて同点に持ち込んだパナマ、
勝ち抜きのチャンスもあるだけに、
気を取り直して頑張ってほしいです。


メキシコは・・・・・・、一体どうしちゃったんでしょうね、本当に。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。