スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペスカドの手術とか、今日のニュース三題+おまけ 

ペスカド、手術。


ペスカドことカルロス・ルイス、右膝の半月板の手術をすることになりました。
以前から痛みがあったそうで、医師からも
「シーズン終了後に手術せなあかんで」と言われていたんだとか。


と言うわけで、ダラスも敗退したことだし、手術するなら今だよね?
いや、ちゃんとボリーヨ親分とも相談して決めたんだそうです。
「来年の予選に間に合わせーや、て言われてん」。


手術と言っても、切った、縫ったの手術ではなくて
関節鏡を使って半月板をゴリゴリするんだそうで、3週間程度で復帰できる模様。
手術は13日にダラスで行われる予定。


余談ですが、実はペスカド、ロホスのUNCAFクラブ杯で助っ人として参加か!
という噂もあったんですが、ご破算です。
ロホス、大丈夫かなぁ~。


ロコ、も手術。


11日のマルケンセ戦で顔?頭に膝蹴りを食らったロコことマリオ・ロドリゲス、
左の頬骨骨折で、当日のうちに手術したそうです。
経過は順調で12日には退院しておりますが、4週間はプレーできないとか。


代表、これでFWが2人減ってしまいましたね??
セルビン・モッタとか、ウィリー・シムスとか試すいい機会とも言えるかぁ・・・。


代表はともかく、マジで心配なのが、ロホス。
ロコがいないFWはとても機能するとは思えない・・・。
どーやって乗り切るんだ、UNCAFのアラフエレンセ戦。


ラテンアメリカ版ゴールデンブーツ賞


2007年から、ラテンアメリカで最多得点をした選手に、
Bota de Oro(ゴールデンブーツ)が贈られることになったんだそうです。


本家のゴールデンブーツは各シーズンで表彰されますが、
ラテンアメリカ版ボタ・デ・オロは暦年。
各国リーグでの得点を加算するわけですが、
そのリーグのレベルも勘案して、1得点につき各国ごとに定められたポイントをかけて算出します。


ポイント数が2なのがアルゼンチン、ブラジル、メキシコ、
1.5がコロンビア、ウルグアイ、チリ、パラグアイ、エクアドル、
1がペルー、ベネズエラ、グアテマラ、ボリビア、ホンジュラス、パナマ。


とりあえず上記の国が対象の模様。ん?コスタリカは・・・?ま、いっか。


さてさてもうすぐ1年が終わるわけですが、
現在のところ初代ボタ・デ・オロに一番近いのがアルゼンチンのヘルマン・デニス(インデ)。
20ゴールなのでポイント2をかけて40点。
う~んむむむ、グアテマラのリーグだと年で40~50ゴールしないといけないかぁ・・・。
さすがに厳しそ・・・・・・。


おまけニュース。ギャラクシーがペスカド欲しいとか・・・


LAギャラクシーと言えば、監督がルート・フリットに代わったばかり。
でもってなぜかこのタイミングで「ペスカド欲しい」という声が聞こえてきております。
声の主はギャラクシー会長のアレクシス・ララス。


ペスカドと言えば、ギャラクシー時代に大活躍。
ペスカドがいなくなった年は、たしかパンドが優勝を決めるゴールを決めたのではなかったかな?
というわけで、実はグアテマラ人選手とギャラクシーの相性は結構良かったりするのであります。


ベッカム様を取っても優勝できなかったギャラクシー、
やっぱりこうなったら頼れるのはグアテマラ人しかいない!?


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) ゴールデンブーツ(賞)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。