FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.71 

violetコスタリカ代表監督になっちゃったケントン元ウチの親分は

今週中にコスタリカ入りして、正式に監督就任が決まります。
水曜日にグアテマラを出発、木曜日には就任お披露目の模様。ちくしょー。


コスタリカからの電話取材にはこういう風に答えているようです。

「コスタリカ代表を堅固なチームにしたい。
 相手が誰であろうと、自分達のサッカーができるようなチームにね」

「代表監督は大きな挑戦であると共に大きな責任を伴うものだ。
 24時間、フルに仕事をしないといけないけれど、
 サッカー好きにはたまらない仕事だよ」。

「今まで私が率いてきたチームのように、
 ラインのバランスを保ち、守備にも攻撃にも自分達らしさのあるチームにしたい」


ずーっとやりたかった代表監督にやっと就任できて、本当に嬉しそうですよねぇ。
ウチ的にはあまりありがたくないのだけれど。


violet一方、グアテマラ代表は

今週から練習を再開。
ただし、今週はハラパとロホスの試合があるので、両チームの選手は練習に参加せず。
個人的に気になるのは、カストリーヨとマルケスは?てな話だったりしますが・・・。


こっから先は余談ですが、ユーロカップのスペイン。
ビジャがケガして、1トップにしたのが良かった、という話もありますが、
あの4-1-4-1というフォーメーション、
グアテマラ代表と同じということもあって、ちょっと気にして見てました。


まあもっとも、いくらウチの中盤がタレント多いって言っても、
スペインの芸達者と比べられるレベルじゃないでしょ?ってな気もしますが、
その辺りは目をつぶっていただいて。


中盤を厚くしてボールを支配、DFを崩していくかと思えば、
カウンターも仕掛けられるやらしいスペイン。
てか、スペインのFW、いずれもカウンター向きだったし。
ロシア戦の最初の得点、イニエスタのクロスに走りこんだシャビのゴール、
スペースのないところでプレーできないトーレス君にはああいう芸当はできないかも。
まあ、トーレスは囮役だったと思えばいいか・・・。


で、ウチのペスカド先生はカウンタータイプじゃないよなぁ、
最近の芸風がどんななのか、実は良く知らなかったりするんだけれど、
エリア内で仕事をするタイプでしょう。
カウンターでの速攻ができるといいんだけれどなぁ、ウチ。
やっぱり決定的に欠けてるのはスピードだろうなぁ。


足の速さもそうだけれど、プレースピードが遅い、
特にチャロが入ると遅くなるような気がするのは、気のせいだと嬉しい・・・。


まあ全然結論も何もありませんが、何となく見ながら思った点、
忘れないように書き留めておきます(備忘録です、このブログ)。
今後、ウチがどういう風に変化していくのかいかないのか、
そういう点でも楽しみです。


*タグ/グアテマラ代表 ケントン親分

スポンサーサイト

ぷちニュース No.70 

violetうああああ、やられたっ!

ケントン、コスタリカに盗られちゃいましたよぅ~。
先日クビになったメドフォードの後を受けて、
コスタリカ代表の監督就任を引き受けたそうです。


ケントン、以前からA代表、あるいはクラブの監督をしたがってましたからねぇ。
一旦は心を決めてウチのU-20代表監督になってくれたけれど、
母国のA代表とあっては、やっぱりそりゃあ頼まれたら二つ返事だよなぁ。


「グアテマラではいい結果を出せて、自分の足跡も残すことができたから。
 ここを去るのは辛いけれど、これはまたとない機会だしね。
 いつか、戻ってこれたらと思っているよ」

「コスタリカ監督の仕事は容易じゃないけれど、
 いい結果を出したいと思ってる」。


コスタリカの方でも
「メドフォードは何一つ結果を残すことができなかったけれど、
 ケントンは以前、オリンピック出場を得たことがあったし」
と好意的な声が聞こえてきています。
・・・・・・だからって、横取りせんでもいいやん・・・・・・。


余談ですが、コスタリカ、2007年のネーションズカップで優勝してますよね。
ところが、このネーションズカップで優勝する監督は、
その後ダメになってクビになっちゃうというジンクスがあるんだそうです、コスタリカでは。
フランシスコ・マツラナ、オラシオ・コルデーロ、それから誰だったかな、
そしてこのメドフォード。


それがわかっているなら、ネーションズカップの優勝は他の国にゆずりなさい!
とちょっと思ったりするんだけれど・・・。


まあとにかく。折角やるのなら、頑張ってください。
ボリーヨ以上に、ウチの手の内が見すかされそうでイヤだけれど。


でもって、監督を横取りされてしまったウチのU-20代表は
急遽監督を探すことになりました。
当然ですが、後任はまだ未定です。


violetグアテマラはCONCACAFじゃなかったのか?という話

調べ物をしていてWikipediaのサイトをいろいろとさまよっていたのですが。
「CONCACAFのサッカー代表」という目次ページ(スペイン語)を見て目が点に。
グアテマラがありませんけれど・・・・・・。
記念にスクリーンショットなんかもとってしまいました。

Seleccion de Concacaf


他にもドミニカ(共和国じゃない方のドミニカ)とか落ちてるかな。
いや、別に落ちてるからどうだ、って話じゃないんですが、
ちょっとびっくりでした。
「グアテマラ代表」ってサイトそのものは存在しているんだけれどね。


あと、「キュラソー代表」ってのがここにありますけど、
現在は「蘭領アンティル」に吸収合併されてるそうです。


「サン・ペドロ&ミゲロン代表」ってなんだこりゃあ~???
と思ったら、はあ、サン・ピエール&ミケロンね・・・。
一度だけベリーズ代表と試合したことがある(3-0で勝ってる)そうで、
CONCACAFのメンバーでもないのに、ここに入っているのか・・・。
それなのにグアテマラはないのか・・・。ふーーーーん。


ま、だからどうだってわけじゃないんだけれど、ちょっと書いてみたかっただけです。


*タグ/U-20グアテマラ代表 ケントン親分

ぷちニュース No.69 

violetロコ、メキシコへ?

コロンビアのクラブからオファーがあるという、
ロコことマリオ・ラファエル・ロドリゲスですが、
そこにメキシコのコアッツァコアルコス(早口言葉か、これは)から
オファーが届いた模様。


両方を見比べたロホスフロント、
「おいっ、こっちのオファーの方がええでー。メキシコ行けっ、ロコ!」
と言ったかどうかは知りませんが、どうもこちらの方が本命になりそうです。


ただし、来週に控えているハラパとのCCLシード権決定戦には
ロコもロホスでプレー。
ロホスのロコを見るのはこれで最後かもなぁ~、と思ったら、
コアッツァコアルコス、ここもロホスってニックネーム?
ティブローネス・ロホスねぇ、ユニも赤と青だったりするしなぁ。
案外すんなり入れるかもね、ロコちゃん。


にしても、コロンビアの1部よりメキシコの2部の方がたくさん払ってくれるって、
やっぱりメキシコ、景気良いのね。



violetクレマに戻ったと思ったトンプソンは

結局、クレマと契約内容で合意に至らず。


ところがトンプソンの場合、クレマがロホスに違約金$25,000を支払っていたので、
今度はトンプソンか移籍先のクラブがこれを支払わなければいけない。
もともとトンプソン欲しいって言ってたクラブはあったわけですが、
ロホスは「クレマ以外ならレンタルしてあげる」って言ってたので、
こうなってくるとどうなるのかよくわからないですねぇ~。


いっそのこと、トンプソンも海外に高飛びか!?


violetさて代表の親善試合

今度のアメリカ・韓国遠征しての
ホンジュラスU-23と韓国U-23戦のメンバーが発表になっていますが、
これはまた別途。
3試合目の相手が決まったようです。
7月19日、韓国からアメリカに戻って、シカゴ・ファイヤー!だって。


その後は8月20日のアメリカ戦になるのかなぁ?
いやぁ、多分きっとどこかと親善やるんですよね、きっと。


violetコスタリカのメドフォード監督は、

遂にクビが発表されました。
本人はまだやりたかったみたいで、
私も是非続けて欲しいと思っていたんですが。


後任には前から名前があがっているボリーヨことエルナン・ダリオ・ゴメス、
ルイス・フェルナンデス・スアレス、そしてセルヒオ・マルカリアンの名が。
と思ったら、え、ケントンの名前もあるとかないとかいう噂が。


まあケントンは「いや、誰も連絡してきてないよ。大体私は今、U20に集中してるから」。
オリンピック予選が終わった時点だったらどうなったかわからないけれど、
今なら大丈夫かな(多分)。続けてちょふだい、ケントンさん。


*タグ/グアテマラ代表 マリオ・ロドリゲス(選手) フレディ・トンプソン(選手) ケントン親分

ぷちニュース No.52 

violetまずはめでたい系の話題から。

「マルケスがほしいよっ、ほしい、ほしい~っ!!」とおねだりしてたクレマ、
めでたくハラパとの間で移籍金について話がまとまったそうです。
移籍金の金額は不明。
まあね、まだ1ヶ月分のお給料払えてないのに、
マルケスほしいからハラパに大金払うなんて言ったら、今いる選手が怒るもんね・・・。


こほ。それはともかく。
というわけで、次はクレマとジーン・マルケスの間でのお給料交渉が始まります。
「1年分の給料一括前払い」にしといた方がいいかもね、ジーン君。


violetハラパの監督だったフリオ・ゴンサレスは、

昨日、今日とグアテマラシティーにてシェラフの会長になったばかりの
フアン・フェルナンド・ロペスさんと長時間にわたる話し合いの結果、
シェラフの監督にならない。ってことになりました。あらら・・・・・・。


まとまらなかったのはお給料の話。
ゴンサレスの要求はゴンサレス+コーチ陣に$25,000。
でもシェラフはどんなに頑張っても$16,000しか出せない。
ううう~ん、$16,000かぁ。
これで優勝してくれ、って言われるのも切ないかもなぁ。


そんなわけで、シェラフは再び監督を探しています。
候補として名前が上がっているのは、
カルロス・フラードのアシスタントコーチだったガブリエル・カスティーヨとか
コスタリカ人のハビエル・デルガード。ふう~ん。
安くていい監督が見つかるといいですな。


で、ゴンサレスはこの先どうするんでしょうね・・・・・・?


violet監督と言えば、ケントンは、

いつの間にかU-20の監督を引き受けていた模様。なぬっ。
で、昨日かな?プリミ・マラディアガと共に渡米、
ルゥ・タイスのところに行ったそうです。


ルゥ・タイスって、ほら、ボリーヨ親分時代の去年の9月に、
ウチの代表、イメージトレーニング受けにいったことあるじゃあございませんか。
あの時のタイス先生様でございますんです。


もちろんこれ、親分職研修。ではありません。
今度の代表たちのメンタルトレーニングのことなどを話し合うらしい。
このトレーニングが続くのはいいですな。
てか、オリンピック予選の前にやっとけば良かったのにねぇ(ぼそっ)。


violetまったくの余談ですが

今日、職場から小僧をお迎えに行っていた道中で、
チェホ・ゲバラとコヨーテ・アセベドを発見してしまいました。

「明日のペタパ戦に向けて、ロホスの面々、市内のホテルで合宿中」
というニュースは読んでいたのですが、
まさかそのホテルが我が家の近くのホテルだったとはね。


どうやらホテルの向かいにある某ファーストフード店に行ってたらしく
道路を渡ってホテルにやって来るところだったようです。
ロホスの派手な赤と青の普段着用ユニを着てたから
嫌でも目立つよね、これってさ。


小僧も楽しみにしているペタパとロホスの対戦、明日20時キックオフです。


*タグ/ジーン・マルケス(選手) ハラパ(クラブ) シェラフ(クラブ) フリオ・ゴンサレス親分 カルロス・フラード親分 ケントン親分

ぷちニュース No.47 

violet親善試合、対戦相手変更

「目指せ南アフリカ!やるぞ親善試合!!」で頑張ってるFedeFutですが、
親善試合、アメリカまたはカナダ相手に1つやる、って言ってたの、流れた模様。
その代わりにパナマとやるのかな?


日程は
5月30日 対エルサルバドル(ワシントンDC)
6月1日 対パナマ(マイアミ)
だとか。


むむ、いつもと同じ顔合わせか~。
てか、エルサルバドルとパナマって、W杯予選の次の試合、
この両国で対戦するんじゃありませんでしたっけ?

いいんか、こんなところに首つっこんで。
深手を負わなきゃいいけど・・・。


violet正式発表はまだだけど

U-20代表監督はロドリゴ・ケントンが内定した模様。


と言うニュースは前にもあったような気がするけれどもね・・・。
正式発表があったら、もう一度書くことにします。


violetこれも正式発表はまだですが

以前からまことしやかに、U-20W杯のCONCACAF予選は
トリニダート・トバゴに決定!という情報が流れておりましたが、
どうやら本当らしい。


この大会、グアテマラが立候補していたのは以前にも書きました。
パナマやホンジュラスも本当は立候補予定だったそうですが、
グアテマラ支援に回ってくれていたんだけれどもね・・・、
とにかくCONCACAFの大会って、中米には回って来ないんだよな~。


これ、こんな裏があったらしい。
現在のCONCACAFの会長はトリニダート・トバゴ人のジャック・ワーナー。
このワーナー、ドイツ大会のチケット販売でも黒い噂があって
FIFAにも訴えられたことがあるのですが、
FIFAの会長と言えば、お馴染みジョセフ・ブラッター。
この方、ワーナーの兄貴分なのかゴッドファーザーなのか、
まあそんな仲だそうで、ワーナー、何の処罰も受けなかったそうです。
ほんまかいな。


で、今回のユース大会については、
メキシコのリカルト・カニェドを取り込んで、
U-20をトリニダードでやる代わりに
U-17の予選をメキシコでやろう、ということで話をまとめたそうです。
もちろん、ワーナー、他のカリブ諸国の票も取りまとめております。


そんなわけでウチは相変わらず何にもなしかぁ~。ちえ。
参加国で持ち回りにしたらいいのにね、いっそのこと。


*タグ/グアテマラ代表 ケントン親分 ユース代表

ぷちニュース No.46 

violetエディ・オルティスの出場停止処分取り消し

クレマの提訴により、規律委員会は
サカパのエディ・オルティスの出場停止処分を決定しておりましたが、
サカパの上告であっさり取り消されましたとさ。ちゃんちゃん


これでオルティス、リーグ戦はもとより、
代表戦でも心置きなくプレーできます。いや、招集されれば、ですけどね。


violetで、サカパの監督は

チノ・ベニテス辞任のニュースの陰に隠れてしまいましたが、
ベニテスと日を同じくして、
サカパ監督で同じアルゼンチン人のカミーロ・アギラールも辞任。


アギラール、前監督のルイシーニョ(現マルケンセ監督)が
サカパを放ったらかしにして帰って来なかったので、
急遽ピンチヒッターに担ぎ出されていて、
当初は決して悪くなかったんだけれど、
サカパ病院への入院患者のあまりの多さもあって
最近は成績も下降気味。今は降格ゾーンにいるんだっけか・・・。


後任にはルイス・イバーラが就任しております。
頑張れ、サカパ!


violetそしてロホスの監督には

オラシオ・コルデーロ(Horacio Cordero)が就任!
またアルゼンチン人ですが・・・・・・。


コルデーロ、過去にロホスとクレマの監督経験あり。
優勝経験あり。
というわけで、昔の栄光を再び!なんでしょうが、
ちょっと昔の人だよなぁ~、という気が。


なお、元監督のビクトル・ウーゴ・モンソンがコーチだっけか?に復帰。
コルデーロ、7年前にロホスを率いてたことがあるのですが、
今週末の試合では、その当時にもロホスにいたベテラン選手達を
大量に起用するんではないかと言われてたりします。
やれやれ。大丈夫なんか、この人・・・・・・。


コルデーロの経歴などはまた日を改めて。
(だって、眠いんだも~ん)


violetはたまたU-20の監督候補は

チノ・ベニテス。
なんじゃそりゃ。


ベニテスの他、現ハラパ監督のフリオ・ゴンサレスとか
ハシント・ロドリゲス(誰よ、それ)とか、
ジョバンニ・アルファロ(知らないよ~)とかの名前も挙がっているんですが、
なんと、ケントン教祖様の名前も復活!


どうやらケントン、ロホスの監督になりたかったんだけれど、
コルデーロになっちゃったんで、
アロヨ大親分のところに電話して
「ワシ、やっぱりやりたい」
と申し出た模様。


・・・・・・なんとも正直な人って言っていいのかな~。
ゴンサレスはハラパ監督を続けてください!(給料払ってやってくれよぉ~)
後の2人は知らないから除外。
ケントンにしよ、ケントン。


violetで、そのゴンサレスのハラパは

ラティトゥーがやっとこさ借金の一部を払ってくれたそうです。
これでお給料も払えるね(涙


というわけで、両者のスポンサー関係も継続することになり、
土曜日のハラパ-ペタパはテレビ中継されることとなりました。


めでたし、めでたし。


*タグ/エディ・オルティス(選手) サカパ(クラブ) カミーロ・アギラール親分 ルイス・イバーラ(親分) ムニシパル(クラブ) オラシオ・コルデーロ親分 チノ・ベニテス親分 ケントン親分

ぷちニュース No.45 

今日はなぜか、どひぇ~!な話題がたんまりです。
明日はハイチとの親善だというのに、気分が落ち込む・・・。


violetハラパとLatitudの提携関係解消

この前も少し触れたので、この話題から。
ハラパのエドムンド・ルアノ会長、
ハラパのスポンサーであったテレビ局ラティトゥーに
提携関係の解消を通告したようです。


事の起こりは、ラティトゥーが契約通りに契約料を支払ってくれなかったこと。
ハラパの選手への2・3月分のお給料が滞っていたのもそのためで、
ルアノ会長とオルティス副会長が、私財をなげうって
何とか今週中に一部、
来週までには3月までのお給料全額払えるようにしたい、とのこと。


ハラパ、スポンサーはラティトゥーとの一社独占契約だったため、
これでスポンサーなし、になります。
ついでに、今までハラパホームの試合は
ラティトゥーが独占放送してましたが、これもなくなります。
というか、先週の土曜日に放送がなかったのはそのためだそうです。


個人的にものすご~く気になるのは、
この話がテレビ・アステカがラティトゥーを傘下に入れた後に出てきたこと。
3月の後半でしたっけか、テレビ・アステカがラティトゥーの株を70%買い、
事実上同社をお買い上げしておりまして、
これでラティトゥーの経営も、
おまけにスポンサー関係にあるハラパの経営も改善されるのでは、
というのが当初の見方だったんですけれどもね・・・、
それとも単なる嫌がらせをしにきたんか、テレビ・アステカ・・・。


ルアノ会長は、契約の不履行を法廷に提訴する模様。
やれやれ、一体どうなることやら。


violetエディ・オルティスは試合出場停止

3月9日、エルナン・サンドバルにスライディングして大怪我を負わせた
サカパのエディ・オルティスを、
クレマが「試合出場停止にしろ~!」と規律委員会に訴えておりましたが。


その通りになってしまいました。
期間はまだ未定ですが、一般的にはサンドバルが復帰するまで。
サンドバルの復帰は2009年1月頃と見られているんですが・・・・・・。


加えて、オルティスとサカパは、
サンドバルの治療費も負担しなければならなかったりします。


オルティス、代表にも選ばれて張り切っていたのにね。
サンドバルの骨折は不幸ではあったけれど、
悪意のあるファウルっていうものではなかったと思うので、残念です。
やれやれやれ・・・・・・。


violet一方ロホスは

いきなり突然、チノ・ベニテスが辞任!!!


ロホス、首位滑ったからって、まだまだチャンスあるじゃん。
と思ったら、理由は成績とは直接関係ないらしい。


ベニテス、グアテマラ入りした頃から脅迫を受けていたのが、
最近になってこれが激しくなってきており、
「とてもじゃないけれど、やっとられん。わし、帰るわ」
ってことだったとか。


・・・・・・・・・・・・。


てえことは、脅迫してたのは、ロホスのウルトラスですか・・・。
それが事実なら、クレマのウルトラスよりもタチ悪いやん。


確かにチノ・ベニテスのサッカーはおもしろいものではなかったけれど、
それでも、ロホスは一頃の最悪状態を脱しつつあったし、
パンドもシルバも調子を上げてきていたのにね。
いやあもう、あまりのことに言葉もありません。
やれやれやれやれ・・・・・・。


violet期待の星、ケントンは

最終的に、U-20代表監督のオファーを拒否。
うあああああああ~ん。
アロヨ大親分、ずーーーっと粘って交渉していたようですが、
最後の最後でダメって言われたらしい。


なので、今から監督探しです。


やっぱり、一旦はオファーされたA代表を
マラディアガに横取りされたのが悔しかったのかなぁ~。
とっても、とっても残念です。
やれやれやれやれやれ・・・・・・。


violetまあでも、

一つだけ、おっ!と嬉しくなるようなニュース。
ロホスの後任監督はケントン!?という噂が。


このタイミングでオファーを断ったのは、
ロホスからのコンタクトがあったからと考えることも可能ではあるわけで・・・・・・。


実現したらいいんだけれどな。


*タグ/ハラパ(クラブ) エディ・オルティス(選手) ムニシパル(クラブ) チノ・ベニテス親分 ケントン親分

ぷちニュース No.44 

violetケントン、U-20代表監督に決定

と、アロヨ大親分が言ってます。
ケントン親分自身はまだコスタリカでバケーション中で、どうやら電話で話した模様。


ただし、元々アロヨがケントンにオファーしたのは、
ユース年代の代表GM(という名前の事務職らしい)。
でも、ケントンはこれを断って、U-20代表監督を選んだとか。
目標は2009年にエジプトで行われるU-20W杯でござい。


で、ケントン親分、来週の土曜日にグアテマラに戻ってきて、
いきなり最初の代表合宿メンバーを発表するんだそうです。
わお。気合い十分。


それにしても良かった~。一安心だわ。


violetそしてその予選の方は

グアテマラでやろう!
とアロヨ大親分が息巻いております。


え~と、中米予選の話ではなく、CONCACAF予選の方です。
もう立候補しちゃったそうです。
もしこれが実現したら、中米予選(今年8月)は免除になるとか。


地元で試合ができるなら圧倒的に有利だし、
私達も生の試合を見にいけるかもしれないし、いいなぁ~。


それにしても気合はいってるよね、アロヨ大親分もさっ。


violetA代表の方は

合宿2週目。
今日小僧が学校の帰り道にスクールバスでProyecto Golの前を通ったら、
ホセ・コントレラスがちょうど到着したところだったそうです。


まあ、それはどうでもいいんですが、
A代表のスポンサー、いつものペプシと地元の某銀行に加えて、
ソニーもスポンサーになったとかでとってもびっくり。


なななななななななななななななななんでまた?
イメージ戦略とはちょっと思えないし、やっぱり、アレ?


プレステのサッカーゲームにグアテマラ代表が遂に登場!!?


*タグ/ケントン親分 アロヨ大親分 U-20グアテマラ代表 グアテマラ代表

ケントン@休暇中 

コスタリカでおバカンス中のロドリゴ・ケントンを
コスタリカのマスコミが放っておくはずもないよな~と思ってたんですが。
故郷リモンの海辺で休暇を過ごすケントンにNaciónが電話インタビューしたようです。
http://www.nacion.com/ln_ee/2008/marzo/30/deportes1477231.html


はああ、この記事によりますと、ケントンさんW杯には
1990年のイタリア大会、
2002年の日韓大会にはコスタリカのアシスタントコーチとして、
1998年フランス大会にはナイジェリアのアシスタントコーチとして
参加していたのですね。知らんかった。
2004年のアテネ五輪にはコスタリカ代表の監督。
クラブの監督としては、プンタレーナスとリモン監督を経験。


そんなケントン親分というかケントン教祖様が
「グアテマラはコスタリカよりも可能性を秘めている」と話しているとか。
いや、インタの内容を見るとこの見出しはちょっと大袈裟だな。
コスタリカのマスコミだから、こう書きたかったんだろうけれど。


「U-20の監督を引き受けたのは、大会まで4ヶ月までしかなかった時だった。
 それでいて、あと一歩でW杯まで行けるところに迫ったんだ。
 監督を引き受けて、大急ぎで仕事に取り掛かったよ。
 グアテマラ中を駆け回るうちに、
 どの町にも、見出して、鍛えさえすればよい素材があることに気がついた。」


「どこの町でも、その町にやって来た最初の代表監督だと言われたよ。
 ラリン・サルバティエラもそうやって見つけたんだが、
 彼は中米最高のセンターバックだよ。
 ラリンだけじゃなくて、何人もの選手が現在はトップリーグでプレーしている。」


「U-20W杯予選で勝てなかったのは精神的な面が大きかった。
 グアテマラは未だに36年続いた内戦の精神的な傷を癒すことができないでいる。
 これが肉体面、技術面、戦術面で選手たちに影響を及ぼしている。
 これらを理解せずには、この国のサッカーを良くしていくことはできない。」


「たとえば、U-20W杯予選では、
 パナマに1-1、それからアメリカに0-0と引き分けた。
 アメリカと引き分けたのは初めてのことで、
 最終戦でハイチに勝てば、チケットを手にするばかりとなった。」


「そこでグアテマラのマスコミは大挙をなしてパナマを訪れ、
 私達が泊まっていたホテルに侵入してきた。
 パレード用の御輿車まで用意して、
 選手達はもう試合に勝った気になってしまった。
 今だから話すけれど、状況はもう私の手に負えなくなっていた。
 そうして一番勝てる見込みのあったはずの試合に負けてしまったんだ。」


「前代表監督のエルナン・ダリオ・ゴメスは
 私が遠くの町から見つけてきた選手達を招集し始めた。
 だから、彼が辞任した時、彼は私が後を継ぐべきだと推薦してくれたんだ。
 ボリーヨは私のした仕事を見ていたからね。」


「U-23の場合は、PKで負けたわけだから。
 サッカーとはそんなもんだろう。
 マルティン・パレルモを見てごらんよ。
 アルゼンチン代表として予選のある試合でPKを2回失敗しても、
 彼はまたPKを蹴るだろ。
 それに加えて、グアテマラは国際大会で揉まれるという経験が不足している。
 ホンジュラスが良く見えるのはそのせいだよ、
 サッカーと経験が同時に歩みを進めているからね。」


「グアテマラのサッカーが良くなっているのには、何の秘密もない。
 あるのはハードワークだよ。
 公式な会議がなければ、夜の8時には家で
 私のチームを良くするためにはどうしたらよいだろうかと、
 読んだり、計画を練ったり、瞑想したりしていたからね。」





今後については、オファーを4つ受けていることを明らかにしています。
http://www.nacion.com/ln_ee/2008/marzo/30/deportes1477235.html


その内の1つが、グアテマラサッカー連盟からの代表コーディネーター職。
ってのは誰もが知ってることなんですが、
あとの3つの内、2つは中米のクラブの監督、だそうです。
残りの1つがCONCACAFの某国代表監督。


コスタリカかもな~。
この時期に代表監督のクビをすげ替えようなんてCONCACAFの国は、
メキシコとコスタリカくらいしかなさげだし。
ウチはもう替えちゃったし・・・・・・。


まあとりあえずは、2週間のバカンスを満喫して、
今後のことはゆっくり考えていくよ、ってところだそうです。


戻ってきてくれると嬉しいんだけれどなー。


*タグ/ケントン親分

ぷちニュース No.39 

violetマラディアガ、グアテマラ入り

27日、ラモン・マラディアガがグアテマラ入り。
明日、代表監督就任の契約を交わし、お披露目がある模様です。


violetで、早速親善試合

6月14日のW杯予選前に、親善試合が3つ決定しています。
むむ、手際が良いよね、FedeFut。

4月23日 ハイチ戦
5月30日 エルサルバドル戦
6月4日 アメリカ戦

おおお~。最後にアメリカとやるんかい。
まずはお手並み拝見ですよ、プリミさん。


violetケントンはタッチ&ゴー

26日にU-23を引率してグアテマラへ戻ってきたケントン、
同日のうちにFedeFutへの報告を済ませ、
総監督のオファーを受け、
「考えときますわ」と言って、
27日、コスタリカへ休暇で戻っています。


気になるケントンの今後ですが、
2つばかり、代表監督(ユースかな?)のオファーを受けているんだとか。
でも、できるならグアテマラで続けたいので、
FedeFutからのオファーを検討する、とのこと。
回答は来週になりそうです。


ボリーヨが辞任した後、A代表監督へのオファーを受けながら、
「今はオリンピック予選に集中させてほしいから」
と断ったわけではないけれど、返事を先延ばしにしていたケントン。


タイミングよくCCCで負けてしまったマラディアガに
油揚げ(?)さらわれてしまった上、
FedeFutがマラディアガに正式にオファーしたということを
報道を通じて知ったケントン、内心は穏やかではないと思います。


それでも、一応、タテマエとして、
「検討してみる」と言ってくれるケントン、
是非是非残って欲しいんですけれど。
にしても総監督って何するんですかね、アロヨさん???


violet留まれるか、ベニテス?

不振の続くロホス。
25日、チノ・ベニテス監督がロホスのフロントと会合を持っておりますが、
とりあえず留任が決定しております。


ただし、それも次節のマラカテコ戦次第。
この試合に勝てなければ、ベニテスはクビ。


でもこれ、条件としてはかなり緩いんじゃないですかねぇ。
アウェーとは言え、相手は現在9位、降格争い中のマラカテコ。
加えて、U-23に持っていかれていた6人も帰ってくるし。
これで負けるようならマジでやば過ぎでしょう。


さてさて、一体どうなることやら・・・。


*タグ/マラディアガ親分 グアテマラ代表 ケントン親分 ムニシパル(クラブ) ベニテス親分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。