スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exニュース No.3 

昨年はあまりぱっとした活躍のなかった
国外でプレーするグアテマラ人たち。
今オフの間に若干の動きが見られますのでまとめてお届け。


icon-flower-wineredフレディ・トンプソン

メキシコの2部ベラクルスにお買い上げいただいたものの
登録時期が過ぎていたためにプレーできないでいたフレディ・トンプソン、
先週、やはり2部のオリサバに売られたそうです。


閉幕シーズンの間だけの契約の模様だけれど
買取オプション付。てえことはレンタルか。


メキシコの2部は既に開幕しているようですが、
オリサバの試合は17日から。
そんなわけで、代表から招集されていたものの、
許可をもらってクラブの方に参戦しております。


icon-flower-wineredグスタボ・カブレラ

最初こそはなかなかいい出足だったタボ・カブレラでしたが
その後は試合に使ってもらえもしないまま。
その後はコロンビアのサンタ・フェという話もありましたが
事情があってそれもダメとなり、
国内のクラブ、当初はマルケンセでしたっけかが有力と言われてましたが
結局ハラパに落ち着きました。


ハラパと言えば兄ちゃんカブレラのエディがいたわけですが、
エディ・カブレラはハラパとは契約更新せず(できず?)
2部のフベントゥ・レタルテカに移籍しており、
弟カブレラのタボは兄ちゃんの後釜として
同じポジションをやることになりそうです。


やっぱり、プレーしてこそサッカー選手。
頑張ってちょうだい。


icon-flower-wineredマルコ・パッパ

実はパッパにはポーランドのクラブから声が掛かったのでした。
シカゴのチームメイトだったトマス・フランコウスキの推薦があって
Jagiellonia Bialystok(読めない)ってクラブからロホスに照会があったらしい。


ところが貧乏ロホス、「$75,000」てな大金?で売りつけようとしたものだから
あっという間にご破算になってしまいました。
ポーランド、うーむ、ようわからんが、ヨーロッパではある。


パッパは2009年のMLSシーズン終了までシカゴにレンタルされることになっており
パッパとしては、その間にシカゴにお買い上げ頂けるよう頑張りたいし、
ロホスとしても$75,000、あわよくばそれより高額で売りつけてしまいたいし、
ポーランドなんかに行かれてしまったら、その後、買戻しもできないんじゃないの?
という心配もあって(邪推?)、できればシカゴにいて欲しいんでしょう。


パッパの気持ちはよくわからないけれど、
今はシカゴでスタメン定着をもくろんでいる模様。


まあそれにしてもロホス・・・・・・。
パッパの将来を踏みにじるようなことだけはしてくれるな。


icon-flower-wineredカルロス・フィゲロア

フィゲロアの話は12月の内に決まっていたのですが、
パラグアイのオリンピアに移籍いたしました。


オリンピア、昨年末の会長選挙やら何やらのすったもんだの結果、
元ロホス監督のエベル・ウーゴ・アルメイダが監督に就任、
このアルメイダがフィゲロアを高く評価していて、
就任する前から「ワシが監督になったら来んかぁ」と
フィゲロアにラブコール(え?)、
シェラフもフィゲロアの移籍を快く認めてくれて、
とんとん拍子に決まったのでした。


オリンピアと言えばパラグアイの名門ではありますが、
ここ数年は低迷中。
アルメイダがこれを立て直すことができるのか、
フィゲロアが貢献することができるのか。
ちょっと注目してみたくはあります。試合見られないけれど。


こんな事情もあって、代表に選ばれていたフィゲロアですが
代表を抜けてしばらくはクラブに専念する模様。
それはそれでかなり正しい選択のような気が・・・。


*タグ/フレディ・トンプソン(選手) グスタボ・カブレラ(選手) マルコ・パッパ(選手) カルロス・フィゲロア(選手)

スポンサーサイト

ぷちニュース No.98 

violet代表、ホンジュラスと親善試合

ネーションズカップの始まる前、1月10日に
またしてもロサンゼルスでホンジュラス相手に親善試合やるそうです。


代表、今、練習してはいますけれど
ロホスとクレマの決勝が終わってないので
代表を多数抱える両チームからはまだだれも練習に出てません。
こんなんで、本当に勝ち抜けるんでしょうかねぇ、ミンチョ親分。


violetその代表組、

先日、リカちゃんことリカルド・ヘレスが怪我したそうです。
ウルグアイのレンティスタスでGKを勤めるリカちゃん、
13日のリーグ最終戦で肘を傷めたんだそうで、全治2ヶ月。


W杯予選の対アメリカ戦、
なんとリカちゃんがゴールマウスを守って
「リカちゃんの活躍がなかったら、もっととんでもない点差になっていた」
という話だったらしくて、
ネーションズカップで見られるかな、と楽しみにしていたのに
ちょっぴし残念です。
まあ、若いリカちゃんならまだ機会もあるだろう。
リカちゃんの代わりに誰が招集されるのかも興味のあるところ。


violetU-20代表監督のクラビオットは、

辞任しました。


U-20のW杯中米予選、
ベリーズとの引き分けがたたって敗退してしまったU-20でしたが
監督のネストル・クラビオット、
FedeFutはクラビオットの留任を発表していたのですが
先日、故国アルゼンチンからのオファーを受けたんだそうで
それ故に辞任。はあ、なんだかね。


violetタボ・カブレラの行方

結局、AGFアーフスでほとんど出番のもらえなかったグスタボ・カブレラ、
12月で契約が切れるので行き先を物色中。


そのタボに、ボリーヨ元親分から「ウチに来んかい」と声がかかったとか。


ボリーヨ、現在コロンビアの2部サンタ・フェの監督をしています。
どこでタボの話を嗅ぎつけたのか知らないけれど、
ボリーヨはタボにキャプテンやらせてたくらいだからなぁ、
結構気に入った選手だったんだとは思うけれど、
さて、タボの方はいかに・・・・・・。


タボにはマルケンセからもオファーがあるそうです。


violetやっと決勝関係の話

日曜日の決勝戦、累積等で出られないのは、
ロホスのオラシオ・コルデーロ、だけだとか。


決勝戦のファーストレグでエルマル・ロダスに退場処分にされたコルデーロ、
審判団に対する侮辱や脅迫行為があったとして
4試合の出場停止と罰金Q4,000が課されました。


いやはや全くオラシオさん。
言いたいことはあるだろうけれど、じっと我慢するのも監督の仕事だよ。
ロホスにはこの決定を上告することができます。
どちらにしても、セカンドレグのオラシオさんのベンチ入りはないだろうなぁ~。


violet一方、ロダスには

取りあえず試合参加停止、が決定しています。
ただし、これは処分ではなく、
現在審判委員会で事実関係を調査中で、
その結果が出るまでは、別の試合の笛を吹くことはない。


・・・・・・って、試合そのものがないんですけれど。


オラシオさんが怒りまくったPKになったファウルについて、
主審だったエルマル・ロダスは
「自分自身は少し離れた場所にいたが、交錯したのは見えた。
 そこで笛を吹き、副審(セサル・ルアノ)を確認した。
 副審がその場に立ち止まったならFKだが、
 ゴールラインに走っていったら、それはPKだということだ。
 だからPKを指示した」。

「だからと言って、彼に腹を立てているわけではなく、
 審判団のキャプテンとして誤りを犯した自分自身を許せない」


とおっしゃっておられます。
あ、ちなみにこの副審、セサル・ルアノさんも現在試合に出場停止です。
確かに、最近ちょいと???なジャッジが目立つので
何とかして欲しいところではありますが、
審判だって間違えることもあるわけで、
ロダスさん、普段は安定したジャッジをしている方ですから
悪いジャッジだけではなくて、良い方のジャッジも
きちんと評価してあげてほしいですよねぇ。


*タグ/グアテマラ代表 リカルド・ヘレス(選手) ネストル・クラビオット親分 グスタボ・カブレラ(選手) ボリーヨ親分 オラシオ・コルデーロ親分 エルマル・ロダス(審判)

Exニュース No.2 

ウルグアイはレンティスタスでプレーするリカルド・ヘレス、
先週末だったかなぁ、またしてもPKを止めたんだとか。
残念ながらチーム全体としてなかなか勝てずにいるようですが、
リカちゃんが頑張ってるのは嬉しい。
とりあえず3節を終了して4失点、その内1点がPKで、
ストップしたPKは2本。


・・・・・・ってそれ、PKをプレゼントしすぎてないかね、君のチームメイトは。
リカちゃんのための愛の鞭ってヤツなんだろうか。


で、早速インタビュー記事が上がっております。
Ricardo Jerez y su gran momento


リカちゃんとPKと言えば、思い出されるのはあの五輪予選。
あんなにたくさんのPKがあったのに、リカちゃん、一つも止められず、
オリンピック出場をかけた準決勝も、
名誉をかけた3位決定戦もPK戦で負けてしまった、のでありました。
PK戦にもつれこむような試合になったことの方が残念だけれど
2試合連続でPKで敗戦ってのは、
そりゃ悔しかったんだろうね、GKとしては。


「予選が終わった後、通常の練習の他にPKの練習をした。
 あんまり悔しかったからね。
 (ここでは)3試合でもうPKを3つも与えてしまっているけれど、
 有難いことにその内2つを止めることができて、
 チームの皆も、監督たちも喜んでくれてる。 
 いつの日か、代表であの時の借りを返したいね、
 前にも言った通り、あの予選でPKで敗退したのがあまりにも悔しかったんだ」


チームは勝てないけれど?と聞かれて、
「その内2試合はアウェーで、最初の試合は中間地(第三者のスタジアム)だったし。
 次の試合もまたアウェーで、第5節になってやっとホームでプレーできるんだよね」
あ、なる。アウェーじゃ勝てない、という訳・・・・・・じゃだめじゃん。
まあアウェーでも勝ち星1を上げられてるのなら良いけれど、
何故にアウェーばかりが続くのかは謎。


とにかく、その調子で頑張って頂戴。





リカちゃん以外ではペスカドとパッパがケガ、
コントレラスとカブレラは最近試合に出てないような?
コントレラスはまだちょっとアルゼンチンにフィットしてない感じだよなぁ、
それが代表でのプレーにも影響しているのがちと心配。


AGFのタボ・カブレラはリザーブチームの試合でプレーしてるらしい。
トップチーム、実はLSBを売却予定だったので
仕方なく?タボと契約したらしいのだけれど、
結局売買不成立(いや、株じゃないんですけれど)。


そんなわけで、トップチームには御用がなくなり、
もしもの時のために備えて
リザーブチームでプレーしているのであります、カブレラは。
いやでもリザーブチームって、若手養成を目的とするんじゃありませんかね?
まあでも、リザーブチームでいいプレーすれば
もちろんトップチームへの抜擢だったありうるわけで、
今はとりあえず、目前の試合を一試合ずつこなしていくしかないのかも。
それにしてもデンマークはそろそろ寒い時期じゃないんですかねぇ?
風邪引かないように。


*タグ/リカルド・ヘレス(選手) グスタボ・カブレラ(選手)

Exニュース No.1 

海外というか、国外でプレーする選手たちのことを
まとめてお伝えする新シリーズ?、
ぷちニュースに対抗して「Exニュース」と名づけることにしました。
ExはExtranjero(海外)のExでして、めでたく今日は第1回。


リカルド・ヘレス、デビュー

ウルグアイの2部、レンティスタに買ってもらったリカルド・ヘレス、
開幕戦からプレー。
対戦相手はアウディフレッド、2-1で負けたようですが、
リカちゃん、相手のPKを一つ止めたりして、大活躍だった模様。
おおお~、リカちゃんがPK止めたのなんて、今まで見たことなかったよ。
五輪予選で一つでも止めてくれれば・・・(ブツブツ
Se Volvió Costumbre

公式サイトによれば、前半はレンティスタが良かったけれど、
10分にゴールを決めたフアン・テヘラが
テレビカメラに向ってゴールパフォーマンスをしてたのを、
審判がカメラの後ろにいる相手インチャを挑発しているとして退場処分。

1人少ないレンティスタ、後半は守りに入り、
そしてリカちゃん大活躍。
それでも後半2点決められてしまっての敗戦ではありますが。
まあでも、このサイトによれば「スリナム人審判」だったらしい。
ウルグアイ方面もいろいろあるわけですな・・・・・・。
とにかくリカちゃん、デビューおめ。活躍を期待しております。





ホセ・コントレラスの巻

アルセナルは週末リーベルとの試合だったのですが、
コントレラスはベンチ入りせず。ま、長旅の後だし。
グアテマラからアルゼンチンだと、ヨーロッパから行くよりも
旅行してる時間が長いのと違いますかね?
試合は2-2の引き分けです。
Sin Contreras, Arsenal empató con River





マルコ・パッパの巻

シカゴ・ファイヤーはコロラド・ラピッズとの対戦。
パッパは軽い怪我をしてるらしく、ベンチ入りしてません。
試合は2-0でラピッズの勝利。
ラピッズの木村選手、いいプレーを見せていたようですね。
Sigue mala racha del Fire en Colorado





グスタボ・カブレラの巻


こちらもベンチ入りせず。
AaBとの試合、2-0で勝っているようです。
家庭的なmestreneに中空

相変わらずシュールなGoogle翻訳ですが、
Aabのところに「トッテナムホットスパーズカードFC」って出るのは何故???





カルロス・ルイスの巻

移籍後初めて90分プレーしたのと違うかな。
相手は東部地区のトップを走るコロンバス・クルー、
トロントは最下位、ホームとはいえ厳しい相手でしたが
先制して追いつかれ、結果1-1の引き分け。
Reds draw Crew, lose Trillium Cup

ペスカド、82分にいいパスを受けたみたいだけれど、決められず、ってか。
しっかりやってくれよ~。


*タグ/リカルド・ヘレス(選手) ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) グスタボ・カブレラ(選手) カルロス・ルイス(選手)

ぷちニュース No.88 

violet大丈夫か、スチ

日曜日のエレディア戦で、リードしながら追いつかれてしまったスチ。
試合後のロッカールームでは、
監督になって1週間ばかりのフリオ・セサル・アントゥネスの雷が落ちたとか。


雷だけなら良かったんだけれど、
「おら、このデブ!」などと選手を指していったものだから、
腹を立てた選手が出てもおかしくない。
おかしくないけれど、だからってピストル抜いたらいかんてば・・・。


で、そのピストルを抜いたのはエディン・ロペス。
ロペス、ピストルの携帯許可を持ってるらしいのですが、
ロッカールームの、チームメイトやクラブ関係者がいるところで
ピストルを抜いたのみならず、床に向って発砲したとか。


ロペスはこう言ってたらしい。
「試合の後、監督は俺と他のチームメイトのところにやって来た。
 だけど、チームメイトの中には、ユニフォームを汚しもしないような奴がいるんだぜ。
 そりゃあ、俺だってむっとするさ。
 ロッカールームに戻った時、ユニを汚しもしないような奴がいるなんて、
 とんでもないよな、って言ったんだ。
 その後、監督は言うべきじゃないことをいろいろと言った。
 それにむっとしたんだけれど、やるべきじゃないことをしてしまった。」


「監督がマサテにやって来た最初の日から、
 グリフィスとガロにデブって言ってたね。
 最初は俺のことなんか無視してたけれど、昨日集まった時には
 フィジカル的に20%しか出来上がってないと言われた。
 ガロとグリフィスと俺は20分しかプレーできないってね」


で、肝心の発砲したかどうかって点については、
「ロッカールームの中では発砲してない」て言ってるらしいんですが・・・、
証人多数いる上に、ロッカールーム内に銃弾の後が残ってるんですけれど。


結局、ロペスはスチをクビになり、
おまけにこれが刑事事件として告発されたので、
まあ、懲役刑になるこたぁないと思うけれど、
前科者になってしまうかもな・・・。バカたれ。
コスタの人だから、銃を持ってるのはアタリマエかもしれないけれど
人のいるところで発砲するたぁ何事だ。
こんなヤツがいるから、グアテマラの治安はいつまでたっても・・・(ブツブツブツ)


ちなみにロペスには、2部のフベントゥ・レタルテカが
興味を示しているみたいです。
もし決まったら、心を入替えて精進するように。


violetマルケンセも、大丈夫か

いつまで経っても勝てないマルケンセ。
こちらも監督が爆発。
「勝利への執念のない奴らとは一緒に練習できん!」
とチームから8人を「執念ない組」として山に送ったそうです。


・・・・・・「山」って書いてあるんですってば。
一応「フィジカル鍛え直してこいっ!」ってことだと解釈されるのですが、
もちろん、追い出された選手たちは、そんな風に取らないわけで。
「監督は俺たちのこと見たくないんだろうな。
 誰も俺たちには何も言ってくれなかった。
 折角練習に来たってのに、練習を置いて他のところに行けだってさ」


あ、追い出されたのは
イスラエル・ドニス、
リキ・ネルソン・ムルガ、
フランシスコ・アギラール、
ネストール・ソリア、
セサル・アレグリア、
ホアキン・アルバレス、
ホルヘ・エストラダ、
イポリト・フエンテス。


だたし、フエンテスは半日後に監督に呼び戻されチームに合流して
残り7人になりました。
にしても、マルケンセの主力メンバーばかりじゃあありませんか。


マルケンセの不振、
選手達がフィジカル的に出来上がってないせいと言われてまして、
じゃあプレシーズンは何やってたんだっけ?
今年はおアメリカには行かずに、地元で弱っちい相手と練習試合してたんだっけ。
それでフィジカルが出来上がっていないと言われてもねぇ~。


さてこの7人、2日と3日の2日間、山で修行してたんですが、
3日、マルケンセのフロントと監督が話し合い、
この7人を呼び戻すことが決定。
4日から再び全員一緒に練習しているそうです。
めでたしめでたし。


なわけはなくて、練習はまた一緒になったとしても、
選手の間には監督不信が広がってしまったのではないかなぁと、
大体この7人、「この監督とは一緒に仕事したくない」って言ってたし・・・。


まあひょっとしたら、「見返してやるわい、この野郎!」
と選手達が思って頑張って、いきなり勝ち始めるようになるかも?
てか、そうなってくれよ・・・。頼むわ。


violetペッサロッシも大丈夫か

左膝を傷めて、代表からも招集もれしたドワイト・ペッサロッシ、
3日に膝の手術をしたそうです。
手術そのものはうまく行き、練習再開までは4~5週間とのこと。
クレマはロロとアペラニスがいるからまあいいとして、代表・・・。
ただでさえいないFWが、またピンチ。


あ、ついでにここに書いておきますけど、
クレマ、6日にメキシコでサントスと練習試合。
なんでもサントスの25周年記念とか。
そんなところに呼んでもらえるなんて良かったね。
(集金もできるだろうし<良かったね、キケ)



violetタボは大丈夫だった

W杯予選のアメリカ戦でレッドをもらったので
次のトリニダード戦には出られないグスタボ・カブレラ、
4日、AGFの試合で90分プレーした模様。
リーグ戦ではなくて国内のカップ戦のようですが、まずはめでたい。
でそのデビュー戦でついでにゴールも決めてます。


・・・・・・そういうのは代表戦に取っといてくれや~。


まあでも、良かったね。
Guatefutbol.comに記事が出てますので、引用しておきます。


Gustavo Adolfo Cabrera anotó este jueves su primer gol en Dinamarca, en la victoria 4-1 de AGF sobre FC Midtjylland en el Kolind Stadion, en el marco del Torneo de Copa. En conversación con Guatefutbol, Tavo indicó que el tanto se produjo en un tiro de esquina, en el que él ganó el rebote, mandando el balón al fondo del marco adversario. El gol del defensor guatemalteco fue el último del partido, al minuto 85, sellando el contudente triunfo del AGF.
Gustavo Cabrera nos comentó que hoy jugó casi todo el equipo titular, participando él durante los noventa minutos. Dijo sentirse muy bien, un día antes de partir hacia Guatemala, esperando llegar al aeropuerto La Aurora el viernes en horas de la noche y unirse a la Selección Nacional el domingo, cuando el combinado azul y blanco retorne de Puerto España.
Gustavo Adolfo Cabrera no ha debutado aún en la Liga Danesa, pero ha sido titular indiscutible en los partidos de Copa, torneo en el que hoy inscribió su nombre como anotador.



これによりますと、AGFはミディランド?Midtjyllandってところと対戦、
4-1で勝利、タボは最後の4点目を85分に決めたんだとか。
CKから、DFかGKがクリアーして落ちたボールをシュートしたらしい。
デンマークって、大男が多いだろうから、
さほどでかくないタボがSBで通用するのかな・・・って気はするんだけれど、
まずは幸先良い出だしで、良かったこと。


この後、タボは5日にグアテマラに戻り、
来週のキューバ戦には多分、出場することになると思われます。
頼むから、ピッチから出るようなことはせんといて・・・・・・。


さて、恒例?のAGFの公式サイトpowerd by Google翻訳。
ここでカブレラが起きて、ボールをゴールに送信します。


そっか、送信するともれなくゴールになるんだな・・・。


*タグ/スチテペケス(クラブ) エディン・ロペス(選手) マルケンセ(クラブ) ドワイト・ペッサロッシ(選手) コムニカシオーネス(クラブ) グスタボ・カブレラ(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.84 

五輪サッカーも始まって、
「ああ、今頃はウチがいるはずだったのにぃ~!
 (パボンは相変わらずPKはずしとるし、ウチが出た方が良かったじゃん!)」
と思う一方、
U-23の子達も国外のクラブで新しいスタートを切っていたりして、
案外あそこで負けて良かったのかもね?と悔し紛れに思ったりする今日この頃。


violetタボ、デンマークにいます

アーフスの公式サイトにも写真入りでのっかってます。
Cabrera klar for AGF


また髪伸びたねぇ、タボ。
にしてもデンマーク語なので何が書いてあるのやらさっぱり。
一応、英語メニューもあるのですが、メニューしかなさそうです(爆


というわけで、毎度お世話になっております、グーグルの多言語翻訳に突撃。
それがこれ。
カブレラ準備のAGF


うひゃひゃひゃひゃ。
何が言いたいのかよくわからないけれど、
なんとなくわかりますよね、言いたいこと。
「翻訳を改善する」に協力しようかと思いましたが、
このままの方がおもしろいので、そのままにしておきます。


だって、
「位置:全ての4つの議席を獲得米国国防総省の国防」
って、一体どうしたらこんな翻訳になるんだあああ~!
多分DFの4つのポジションならどこでもこなせるってことなんだけれど、
そうか、DFって国防だったんだ。でも米国国防総省は一体どこから・・・?


元クラブの「本物の塩湖」っていうのもいとをかし。
もちろん、Real Salt Lakeのことでございます。


おもいっきり笑わかせてもらったことでもあるし、
今度はプレーで頑張って。


violetアルゼンチンリーグは週末開幕

だけど、モーヨ・コントレラスはプレーできない模様。
クレマから、移籍用のパスがまだ届かないんだそうな。
嫌がらせせんと、さっさと送ったってよーーー。


violetU-17も親善してたりして

そ言えば11月からW杯予選あるんでしたっけ。
で、いつの間にやら、親善などしてたみたいです。
相手はアメリカだけど場所はグアテマラ。5日のことでした。


・・・・・・ってこれ、今度のA代表の予選の下見と違う、ひょっとして?
そういう下衆の勘ぐりはともかく、試合は2-1でグアテマラの勝ち。
観客なしの試合だったから、ホームがとっても有利って訳じゃあないでしょうけれど、
それでも使い慣れてるピッチでプレーする方がトクかもな。


得点は32分にアメリカが先制、
Soony Saadって何語の名前よ?サアド君かな??
でも後半はグアテマラが盛り返して、
60分にPKを得てヘンリィ・ロペスが、
68分にケンデル・ウルタルテが決めて逆転~!


どこの誰なのかさっぱりわからないけれど、エライっ!
この後、7日(って今日か)にもう一試合同じ顔合わせでやるそうです。


violetたまにはA代表もアメリカに勝ってくれるといいんだけれどな、

などと思う私ですが、U-17にできて、A代表にできないことはない!(といいな)
ま、そのA代表、ボリビアに快勝して帰ってきました。


ただし、マラディアガはアメリカ残留。
アメリカの偵察と、パッパの偵察。
週末、シカゴはニューイングランド・レヴォルーションと試合あるのですが、
パッパも招集されておりまして、その試合を観戦に行くのだとか。
さてさてパッパ、この試合はプレーできるかな???


violetも一人グアテマラに帰ってこなかったのが

フレディ・トンプソン。メキシコに行きました。
長く移籍先の決まらなかったトンプソンですが、
どうやらメキシコの2部、ベラクルスにお買い上げ頂いたらしい。


なんだけれど、ベラクルスでプレーするかどうかは???
というのは、ベラクルス、トンプソンをヨーロッパに売り飛ばすつもりなんだとか。
その場合はオーストリアかスイスのクラブが有力。


で、もしヨーロッパ行きがダメなら、
メキシコ1部のハグアーレスに貰っていただく。


更に、ハグアーレスも「いらないよ」って言うのであれば
ベラクルスにお残り。


と言うのが現在の状況なんだそうだけれど、
今週末までには行き先がはっきりするだろうとか。
どの場合も、新クラブへの合流は8月20日のW杯予選以降となります。


髪を伸ばして心機一転しているっぽいトンプソン、
いい結果が出せるといいね。


*タグ/グスタボ・カブレラ(選手) ホセ・コントレラス(選手) U-17グアテマラ代表 フレディ・トンプソン(選手)

続きを読む

海外移籍選手たちのプレシーズンも開幕 

こんなにまとめて海外でプレーする選手がいるのはひょっとして初?
それも若い選手たちばかり。
なのでそれぞれの近況などなど。


violetモーヨの巻

アルセナルは日本でガンバとやって勝ってきましたが、
お留守番組のコントレラス、どうやらまだホテル暮らしらしいです。
アルゼンチンの寒さに震え上がり、まずは洋服を買いに行ったようですが。


数日前、インタビュー記事が新聞に出ていたのですが、
「アルゼンチンでプレーするようになるなんて想像したことがあったかい?」と聞かれて
「ミゲル・ブリンディシがクレマの監督だった時、
 そのうちアルゼンチンでプレーするようになるぞ、って言われて
 単なる冗談だと思ってたんだけれど・・・」と応えてたのがおもしろい。


現在の代理人、ホルヘ・システルピレルとの出会いについては、
「五輪予選を見て、向こうから自分の契約について尋ねてきた。
 その時はまだ2年契約があったんだけれど、
 3ヶ月の給料未払いに我慢できなくて、解約してもらった。
 お陰でその後の交渉が楽になったんだよね」
我慢ができなかったんじゃなくて、渡りに船、ってやつだったのかい。


アルゼンチンサッカーについては:
「グアテマラより全然上だし、全く違う。
 クレマは練習用のグラウンドもなかったし・・・、
 アルセナルはビッグクラブじゃないけれど、施設はとてもきれいだ。」

「ここは競争も激しいけれど、ポジションを獲得しないとね。
 グアテマラの遅いサッカーにいたから、難しいとは思うけれど、
 きちんと練習を積んでいけば、遠からずチャンスもやってくるだろうし」


将来について:
「アルゼンチンで成功したい。
 もちろん、選手なら皆、
 ヨーロッパでプレーできるようになりたいと思ってるわけだけれど。
 でもこの次はボカでプレーしたいな」

リケルメとポジション争いだね?と言われて:
「(笑)うん、難しいよね」。


監督以下が帰国して、いざこれから、ってところでしょうかね、モーヨの場合は。


Prensa Libre


violetパッパの巻

シカゴ入りして1週間も経たないうちにトップチームでプレーさせてもらったパッパ。
モーヨと違って、言葉の端々に初々しさが伺えるかも。


「オレ、ここが気に入った。
 チームにもなじめたし、特にラテンの選手たちは親切だし。
 チームのプランの中にいるってことが大切だよね」。
 ロホスでは主力としては扱ってもらえなかったしね、パッパ。
そりゃあ嬉しかろう。


パッパ、当初はリザーブチームで慣らしていく、
という話だったんだけれど、30日の朝いきなり、
「パッパ、オマエ、トップチームでプレーしろ。
 それから今日のエヴァートンとの親善、先発やで」
とハムレット監督に言われて
「to be or not to be…」
などとつぶやいたかどうかは知りませぬが、
舞い上がったのは事実みたいです。


「試合の前オマエ先発や、って言ったんやけど
 全然信じとらんかったな」
とハムレット親分。
いや、ひょっとしてパッパちゃん、英語がわからなかっただけでは・・・。


「ピッチではナーヴァスになっとったな。
 そやけど、いいプレーしとった。
 シンプルで速くて、いつも顔を上げてボールを出すところを探しとる」。


そう、自信もってプレーしてちょ。
パッパのテクに磨きがかかることを期待しております。


Prensa Libre


violetヘレスの巻

ウルグアイはモンテビデオへと渡ったリカちゃん、
ペニャロールと合流して、もう練習始めてるそうです。


現在はトップチームがまだヴァケーション中なので、
リカちゃんはエスペシアルカテの選手たちと練習してるそうな。
トップチームは来週半ばに始動とか。
一方リカちゃんのトライアル期間は2週間程度とされています。


さてさてペニャロールに残ることができるか。
幸運を祈っておりますよ。


violetタボの巻

アーフスへの移籍が決まっていたタボ・カブレラ、
本日やっとグアテマラを出発。
今晩はワシントンに1泊、翌日デンマークはアーフスに向うそうです。


ここ2週間ばかり、行き先未定のフレディ・トンプソンと共に
Proyecto Golで練習していたタボ、
慣れないデンマークはいろいろと大変だとは思うけれど
それを乗り越えて頑張って頂戴。


*タグ/ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) リカルド・ヘレス(選手) グスタボ・カブレラ(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.68 

今日は帰宅がちょっと遅かったこともあって、書きたかったこともあるのですが、
ちょっと時間がショートしてしまいました。
取り急ぎ忘れない内にいくつか書き散らかします。


violetW杯予選、GL初戦の相手は

アメリカ!


えー、いきなりかぁ~!一応ホームではありますが、
てえことは、最終戦はアウェーのアメリカってことでもあって・・・。
まあ、最終戦をアウェーでエルサルバドルでやるよりはマシかもな・・・。


日程は次の通り。
8月20日 アメリカ(ホーム)
9月6日 トリニダード・トバゴ(アウェー)
9月10日 キューバ(ホーム)
10月11日 トリニダート・トバゴ(ホーム)
10月15日 キューバ(アウェー)
11月19日 アメリカ(アウェー)

前半にホームでの試合が集中しているので、
この辺りうまく切り抜けて欲しいですねぇ。


violet移籍話をいくつか

まずはグスタボ・カブレラ。
オーフスと正式に契約。って書類にサインしてFAXで送っただけなのですが、
ま、それで十分です。
契約期間は12月まで。
うまくいけば契約を延長してもらえるかも、という話で、
頑張ってほしいですねぇ~。


デンマーク、生活の場としても魅力的なところのようだし、ちょっぴり羨ましい。
でも、しばらくタボを見られなくなるってことだよな・・・。
ま、元気で頑張って頂戴。


ホセ・コントレラスは、今週中くらいに行き先が決まりそうかな。
80%ラヌースだそうです。残りの20%はバンフィールドだという話ですが。
どっちでもいいから、しっかり修行してくるように。


すっかり書き忘れていましたが、ウィリー・シムス。
今月初めにUSLのマイアミFCに移籍しております。
契約期間は8月まで。あら、たった3ヶ月です?


まあでも、今までの3試合に出場。
最初の2試合が途中交代で入り、
3試合目は首位のヴァンクーヴァー・ホワイトキャップス相手に90分プレー、
1アシストしたそうです。
試合は1-1の引き分けだったとか。


クラブが決まらなかった間はどうなることやらと思ったけれど、
これで一安心。
貴重なグアテマラ人FWだけに、地道でもいいから頑張って頂戴。


最後にフレディ・トンプソンはクレマへ出戻り決定。
クレマとの契約終了とともにロホスに来たのに、
ロホスにいらないと言われてクレマに戻るのかい、トンプソン。
ある意味、勇気あるよなぁ~、と思います。


その意気でロホス相手にいいプレーしてほしいなぁ。


*タグ/グアテマラ代表 ムニシパル(クラブ) グスタボ・カブレラ(選手) ホセ・コントレラス(選手) ウィリー・シムス(選手) フレディ・トンプソン(選手)

ぷちニュース No.66 

violetCCLシード権決定戦?

グアテマラからCCLに参加するハラパとロホス、
どっちがシードかってのがまだ未定のままですが、
それを決定するための試合の日程が大体固まってきました。


最初が7月1日(火)か2日(水)にハラパホームで
次が7月5日(土)か6日(日)にロホスホームで行われる予定。
あら、ちゃんと遺恨のないようホーム&アウェーでやるのね。


で、これに勝った方がシードとしてD組入り、
負けた方はパナマのサン・フランシスコと対戦して、勝てばB組入りとなります。


violetさてそのハラパは

監督が代わって、選手も上から下への大移動となっておりましたが、
実はジーン・マルケスとカルロス・カストリーヨがハラパで試合する?という話が。


クレマに売り飛ばされたこの2人、
契約には「CONCACAFが認めればCCLをハラパでプレーする」
という条項が入っていたんだとか。
本大会でこれが認められるかどうかは?ですが、
このロホスとのシード権決定戦については問題なさそうだしね。
加えて、ロホスの仇敵のクレマ、
ロホスを倒すためであれば、他の選手だって差し出してくれるんじゃなかろうか。


ま、そんなわけで、代表から帰ったばかりのこの2人、
帰ってきたらクレマで練習するのかハラパで練習するのか、
誰か知ってたら教えて。


violetで、

新しい選手を次々と買いこんで、やたらと景気のよさそうなクレマ。
タボ・カブレラに訴えられたとか。


内容は「給料3ヶ月と手付金の一部の総額$29,000の支払い」を要求したもの。
で、この問題が解決しない限り、クレマはLNFへの来シーズンの登録ができないそうです。
はああ・・・、いい加減、何とかしてくれやぁ~。


violetついでですがサイドバー

メニューをちょっと変更しました。
一番上「試合日程&結果など」のところ、
「データ集目次」というのを作ってあります。


これもまたGoogleのスプレッドシートを使ったページなのですが、
クラブと代表、それぞれ、過去のデータと現在のデータにリンクできるようにしました。
ちょっと気に入らない点もあるのですが、
手軽に作れる上、
クラブと代表をそれぞれ別個だけれど簡単に切替ができるという利点があるので採用。


これでサイドメニューがすっきりはしましたが、さて、使い勝手はどうでしょうね?


*タグ/ムニシパル(クラブ) ハラパ(クラブ) ジーン・マルケス(選手) カルロス・カストリーヨ(選手) グスタボ・カブレラ(選手)

ぷちニュース No.63 

violetタボ・カブレラの行方は

オーフスに決定!おめでと~。


代表合宿中のタボですが、デンマークから連絡があったとか。
6月23日にオーフス入りして、正式に契約する模様。


タボはCopacsaという3部のクラブから始めて、
クレマ、MLSのリアル・ソルト・レイク、クレマ、
そして念願のヨーロッパ。
気候も言葉も全然違うところなんでいろいろと大変でしょうが、
思いっきりやってきてちょ。ブエナ・スエルテ!


violetカルロス・フィゲロアは

ハラパが貸してほしいとか言ってたようですが、
結局、シェラフに移籍することになりました。


フィゲロア、ロホスとの間で合意に至らず他のクラブへということのようですが、
出場機会もあまりなかったし、この移籍は本人にとってはプラスじゃないかな。


ロホスカンテラ出身のフィゲロアとしては、
内心複雑なものがあるようですが、
シェラフで活躍して、代表に復帰するのが目標だとか。
こちらもブエナ・スエルテ!です。


violet代表のW杯予選用ユニお披露目

てのが今日あったらしいです。


とりあえず新聞では昨日のうちに取り上げられておりました。
Prensa Libre


青地に白のたすきがけ、襟元もさわやかな白でござい。
パンツは?ってのがちょっと気になりますが・・・。
個人的にはこのタスキがない方がすっきりしてて好みなんだけれどなぁ、ぶつぶつ。


今日のお披露目では代表の誰かがモデルになってるんでしょうから、
また写真でもあったらご紹介します。


*タグ/グスタボ・カブレラ(選手) カルロス・フィゲロア(選手) グアテマラ代表

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。