FC2ブログ

ネーションズカップのこととか 

忙しい一週間だたのは事実なのですが、
これほど書く気の起きなかった一週間というのもまた珍しいかも。


いやだって。
こんなひどい代表を見たのは初めて。
試合を見てる方が切なくなってくる、そんなダメダメ試合の連続で、
パナマ戦は1人少ない相手にゴールを割れずに0-1で敗戦、
ゴールドカップの最後の枠をかけたニカラグア戦で0-2で負けるって・・・。


ちなみに、ニカラグアはグアテマラに初勝利なんだそうです。
9番のウィルソン目掛けたロングボール攻勢にひたすらやられました、って試合。
相手がカウンター狙いなのわかっているのに止められない。
そしてウチの攻撃は個人頼み。
チームとしてのプレーが全然見られない、
こんなんで勝てるわけないでしょ、ってな試合でした。


あ、で肝心のネーションズカップは
コスタリカがエルサルバドルに勝ち、
パナマがホンジュラスに勝って(!)、
決勝はコスタリカ対パナマ、となりました。


さて地に落ちたグアテマラでは
パナマに負けた後
「ニカラグアに負けたら辞任する」って言ってたミンチョでしたが
まさかと思ったニカラグアに見事敗戦で、
辞任するのかと思ったら「いや、辞任しない」。
仕方なくFedeFutがクビにしました。
ってことは、違約金を支払わなければならないのか。セコイね。


ミンチョを選んだFedeFutの幹部にも辞任を求める声が上がっておりますが
アロヨ大親分、「べらぼうめ、辞めてたまるかい」ってなわけで続投です。
いやはや・・・。


ま、ここまで地に落ちたら、これ以上は落ちないよな。
というわけで、頑張ってください、皆さん。


ついでに書いときますが、U-20代表の監督、
セルビン・ポンシアーノに決まったそうです。
なのでポンシアーノ、引退を発表。
それ、順序が逆ではないんですか?いいけど。
大体ポンシアーノ、まだそれ用ライセンスを持ってないという話?
U-20とは言え、代表ですよ、代表。
こんな決め方でいいのかい。
もちろん、決まったからにはポンシアーノに頑張ってほしいけれど。


ま、そんなわけで、サッカーという言葉はしばらく禁句のグアテマラから
細々とお伝えしてみました。

グアテマラ - コスタリカ 

UNCAFネーションズカップ グアテマラ – コスタリカ(B組)
1月25日18:00 ティブルシオ・カリーアス・アンディーノ(テグシガルパ)



ちと買い物に行ってまして、帰って来たら既に20分経過。
UNCAFの試合なのに主審はマルコ・アントニオ・ロドリゲス(Mex)なのは何故?
A組の国の審判が当てにならないってことかしらんね・・・、
A組の試合はウチのバトレスとパナマのモレノさんが吹いているようだけれど。
でもこういう大会で使ってあげないと、力もつきませんよ?


さて、取りあえず見始めた時は0-0。
グアテマラのスタメンは
GK: モリーナ
DF: ガヤルド、ノリエガ、エンリケス、アルビスーリス
MF: カスティーヨ、コット、パッパ、トリゲーロス、
FW: ナッチョ、モッタ
であります。


25分。エリア内のルーズボール、
コスタリカの選手がコントロールしようとしたところへ
ガヤルドがスライディングで相手に触って倒してしまい、PK。
ガヤルドはこれが2枚目イエローで、既に1人少なくなるグアテマラ。
あああ~~~。


11フルタードのPK、大きく吹かして取りあえず助かったけれど
うーむ、あと60分くらい、10人でプレーするんですか?
ガヤルドってファウルの少ない選手なんだけれどなぁ、
相手のプレッシャーが厳しかったか。がっくし。


30分、今度はグアテマラにPK。なんなんだこの試合・・・。
左サイドから切り込んだモッタが倒されたのがPKになったんだけれど
ううう?ファウルですか?ファウルないよね?と思う我が家とテレビの解説。
ま、でもありがと。


蹴るのはパッパだけれど・・・、
GKの左に低く蹴ったボール、きっちり当てられて止められる。
てなわけでPK2つで、まだ0-0。何だね、この試合、まったく。


31分、トリゲーロスが下がってビデス。
退場になったガヤルドの穴埋めです。


34分、中央でコットのマークを振り切った
22番アルバロ・サンチェスがエリア手前から思いっきりシュート、
これがチコトンの左角にずばりっと決まるゴラッソ。
はあ、0-1です。何やっとるんかね、ウチの人たち。
サンチェスって、パナマ戦も1ゴールしてましたねぇ、調子良さ気だし
何よりも思いっきりが良いよね、コスタリカの選手達。


この後はコスタリカの押せ押せ時間、
ルーズボールもことごとく拾われて、
相手の足元のボールがどうにもこうにもカットできない。
パスコースぐらい切ってくれ~と悲鳴の続く時間帯。


39分、グアテマラのCK、
エリア内のナッチョのシャツ、ものすごーーーーく引っ張られていて、
はずそうとしたナッチョがボールをキャッチしたGKと接触、
不可抗力でGKが倒れてボールはゴールの中にコロコロコロ・・・。
で、ナッチョのファウルですか?どして?ボール入ったよ??ダメ???
冷たいなぁ~、ドラキュラさん。


40分、アルビスーリスがいらないところで相手を踏んづけてイエロー。
こらっ、ベテランがそんなことしてどーすんねん。バカ。


それにしても、コスタリカって何気にファウルが多いよなぁ、
体もでかいくせに、ぶつかってきたらウチの子たちが吹っ飛ばされるでしょ!
危ういシーンが多々ありながら、相手のシュートの下手さ加減にも助けられて
前半終了。





ハーフタイムの解説の人たちの前半回顧によりますと
最初の17分くらいは、グアテマラの方が良かったんだとか。
何だ、私達の見てなかった間かい。


私が見ていた間は、
ボランチの位置に入ってるカスティーヨとコットが何気に目立っておりました。
相手のマークだけはしっかりしてください。以上。





後半、マルケスが入ってますか?
出たのは多分パッパ。今日はキレがなかったパッパ。
PKもはずしたパッパ。次回頑張って。


50分、グアテマラのCK、
マルケスの蹴ったボールは大きく開いて戻るボール、
下がってきたモッタが蹴り損ね、
しかし弾んだボールをナッチョが何とか頭で押し込む。
全然格好良くないけれど、ゴールはゴールで1-1の同点!!!


57分、コスタリカの追加点。
中央から左サイドにボールが出て、
17番のエレーラがシュート、モリーナが一旦弾くけれど、
詰めてきた17エレーラがも一度押し込んでゴールで1-2。はああ~。


59分、更に追加点、1-3だよ、おいおいおい~。
またしても中央から人数をかけた攻撃、
ノリエガ~、キャプテンなんだから止めてくれよぉ。
ノリエガがスルーされて?
ロベルト・セグーラの放ったシュートは
ビデスに当たってコースが変わり
反対に飛んだチコトン、止められず。はあああ・・・。
点の取られ方が良くないなぁ。


62分、11番が下がってマンボ・ヌニェスが入るコスタリカ。


63分、モッタが出て8番って誰?ウィルフレッド・ベラスケスか。
中盤強化ってことですね。
それにしても、中盤の4枚の内ベラスケス以外の3人、
いずれもOHもDHもできる選手で、
こんな構成になることも珍しいよねぇ?
FWはナッチョ一人になります。


66分、カスティーヨにレッド。
うーーむむむ、これはイエローならわかるが、レッドですかぁ・・・・・・。
ちょっと厳しすぎね、ドラキュラさん。
腕で相手を押しただけで、相手が大袈裟に一回転したんじゃん。
それにしても、これでグアテマラまた1人減って9人。
最後に残るのは何人でしょーーー、ってこの試合はミステリーだったのか。


テレビの解説もテンションがかなり下がってきたな。
まあでもしかし、このまま粘ればまだB組2位ですよ。
次の試合、カスティーヨもガヤルドもいないのは痛いけれど、
開き直るしかないよね。


グアテマラ、もう相手サイドには誰もいなくて
ナッチョも含めて9人で守備。
思いっきり引いて、バックパスのオンパレードで
とにかくゆっくりボール回し。
それはそれでいいと思うけれど、あああ~退屈。
かと思うとマンボ・ヌニエスが突っ込んできておっとびっくり。


67分、ナッチョと頭をごっつんこしたコスタリカの19番が倒れる。
ナッチョは何ともなくって、いや、君、石頭だね。
しばらくして戻ってきたみたいですね、19番。


69分、ゴールを決めやがったエレーラがさがって
7アレハンドロ・アルピサルが入る。


あまりに退屈な試合なんで、解説の人たちも
次のパナマ戦のスタメン予想なんかしてみたり。


88分コスタリカ最後の交代ですか。
時間稼ぎありがとう、ケントンさん。
誰と誰が交代か、見損ねました。


こうしてやーっと退屈試合が終了。1-3です。
はーーーー助かった。


コスタリカは準決勝進出&ゴールドカップ出場が決定。
グアテマラは、とりあえず2位ですよ。
次のパナマ戦が鍵になりましたね、やっぱり。


*タグ/グアテマラ代表 コスタリカ代表

ネーションズカップ2日目&3日目 

金曜日はアメーバで伏せっておりました。
なので、2日目、コスタリカ対パナマの試合は見なかったので
結果だけ書きますと、3-0でコスタリカの勝ち。
ケントンさんが監督になってからのコスタリカ、つおいねー。


得点は
8分 アンディ・フルタード、
15分 アンディ・フルタード、
55分 アルバロ・サンチェス

ただし、2点目のアシストをした、コスタリカのゲームメーカーらしい
ヨシマル・アリアスは怪我で途中で交代しており、
グアテマラ戦も出られない模様。
加えてコスタリカのDFマイケル・ウマーニャがイエロー2枚で退場しており、
コイツもグアテマラ戦、出られません。


しかしそれにしても好調のコスタリカ相手に、
どこまでやれるんでしょうね、ウチ。


UNCAFのサイトをリンクしておきます。





3日目の最初はエルサルバドル対ベリーズ
これも見てませんが4-1でエルサルバドルの圧勝。


得点は
10分 アルフレッド・パチェコ(SLV)
29分 アルフレッド・パチェコ(SLV)
72分 ジェロミィ・ジェームズ(BLZ)
75分 ラモン・サンチェス(SLV)
87分 カルロス・アヤラ(SLV)


詳細はこちらで。





もう一試合のホンジュラス対ニカラグア
こちらは夕食の用意をしながら見ていたのでした。


先制はホンジュラスでやっぱりかぁ~と思っていたら、
ニカラグアのゴラッソ~で前半は1-1で終了。


このままじゃ終われないホンジュラス、後半奮起して
終わってみれば4-1の圧勝。
ニカラグアは後半の後半はかなり疲れてもいたようですね。


こうしてホンジュラス、準決勝進出&ゴールドカップ出場を決めたのでした。


UNCAFのサイトです。






さて、ウチの代表、金曜日の朝6時頃発の飛行機でテグシガルパ入りするために
空港には午前3時頃集合だったそうです。
ここのところ寒い日が続いていて、この日も朝は10度を切るくらいの気温。
アウロラ空港って確か暖房がなかったような・・・・・・、
ま、それも何とか凌いで飛行機に乗り込み、いざ出発、
さあてテグシガルパにそろそろ到着・・・ってところで、機長からのアナウンス。


「テグシガルパは濃霧のため、着陸は危険と判断しました。
よって当機はグアテマラに引き返します」。
えええ~!!!
せめてサン・ペドロ・スーラとかコマラパ(エルサルバドル)とかにしたら・・・。
ま、そんなわけで、一旦戻ってきたんだそうです。
ちなみにテグシガルパのトンコンティン空港、
進入経路に丘があって、着陸する飛行機はこの丘をかすめるように旋回して着陸します。
なので、視界が確保できないのは危ない、んでしょうが、
まあでもこの飛行機、大型機どころか中型機でもなく、
50人乗りの小さな飛行機だったんですけれどもね・・・、
ま、安全第一であります。


11時に同じ飛行機で再度テグシガルパ入り、今度こそちゃんと着陸できて
予定よりも6時間遅れで現地入り。
真打ちはこうじゃなくっちゃ!てなわけであります。


そんなこんなで出足からいきなり調子の狂ったグアテマラ代表ですが、
同じグループのコスタリカの強さにいささか出鼻をくじかれてみたり。
パナマ相手にもここ数年勝ってないのに、コスタリカになんか勝てないよ~。


この大会、ゴールドカップの出場権を賭けておりまして、
1位から5位までがゴールドカップ出場となります。
各組上位2チーム&各組3位によるプレーオフで出場が決定するわけで、
B組は3ヶ国しかありませんから、
最下位でもプレーオフ出場可、となるわけです。


とすると気になるのがA組の3位は誰か?ってこと。
今までのところA組は
  1. ホンジュラス 6 (+4)
  2. エルサルバドル 4 (+3)
  3. ニカラグア 1 (-3)
  4. ベリーズ 3 (-4)

最終戦はホンジュラス対エルサルバドル、
ニカラグア対ベリーズ、となります。


さて。ホンジュラスがエルサルバドルに勝って
ニカラグアがベリーズに勝つと、
エルサルバドルとニカラグアが勝ち点4で並びますよね。
そうすると得失点差で順位が決まるわけですが
可能性は小さいとは言え、エルサルバドルがプレーオフに回る可能性もあり・・・。
いささかぎょぎょぎょっとしていたりするのであります。
いや、今ならニカラグアにだって勝てなさそうな気がするけれど。


ま、そんなわけでB組よりも目が離せないA組(え?)、
こちらも注目なのでありました。


*タグ/グアテマラ代表 エルサルバドル代表 ニカラグア代表 ホンジュラス代表 ベリーズ代表 コスタリカ代表 パナマ代表

ネーションズカップ開幕 

とうとう始まってしまいました、UNCAFのネーションズカップ。
何でも今回が第10回大会なんだそうで
過去の優勝チームをとりあえず並べてみたりなんかしますと:
1991年 コスタリカ
1993年 ホンジュラス
1995年 ホンジュラス
1997年 コスタリカ
1999年 コスタリカ
2001年 グアテマラ
2003年 コスタリカ
2005年 コスタリカ
2007年 コスタリカ

とコスタリカが圧倒的に強かったりするのであります。
グアテマラは優勝1回、準優勝4回、3位が3回で
不参加1回(1993年)。


というわけで、3位以内は確保していただきたいところではありますが・・・、
今の実力じゃあ4位だって危ないんじゃないかしらん。
今年はホンジュラスで開催されることもあって、
ホンジュラスが優勝候補筆頭、対抗はコスタリカかな。
パナマとエルサルバドルが全然侮れないので、
5位が妥当なところかも?さびしーーーー。





さて。で開幕戦のエルサルバドル対ニカラグア
なんとなんと1-1の同点に終わっています。


先制したのはエルサルバドル、しかしニカラグアのOG。
そして85分、マルロン・メディーナのゴールで同点。
誰もが「エルサルバドルが勝つっしょ」と思ってたこの試合、
ニカラグアだけがゴールを決めて同点で終わるとは一体誰が予想したことか。
ニカラグア、大金星並の勝ち点1をゲットしたのでありました。





お次は本日のメインエベントのホンジュラス対ベリーズ
この試合、ちらりと見ていました。
終始ホンジュラスが主導権を握る試合展開ではあったのですが・・・、
あのね、君たち。シュートは枠の中に撃つものなんだってば。


この試合、ホンジュラスがPKを2つゲットしたのですが、
最初のPKを蹴ったアマド・ゲバラ、狙いすぎてポストの外に外してしまい、
スタンドも解説のおじさんたちも、ひょっとしたらGKまでもが呆気にとられておりました。
しかし2回目はきっちり決めて、こうしてホンジュラスが32分に先制。
ちなみにゲバラ、ホンジュラスのキャプテンです。
カルロス・パボンおじさんもまだまだ頑張ってます。


後半になっても試合の流れは変わらないまま、
61分には左サイドからパボンが絶妙のクロス、
これにワルテル・マルティネスがあわせたシュートがやっと枠を捉えて追加点。
これでなんとか様になったかホンジュラス、と思ったら、
85分にはベリーズが得点。
リスビー・カスティーヨのシュートは当たり損ねだったんだけれど、
DFに当たって方向が変わり、ラッキーとは言え、攻撃を諦めなかったベリーズがエライ。


そ言えば、終盤アマド・ゲバラが2枚目イエローもらって退場になってしまいましたが、
どちらのイエローも???なものでちょっと気の毒。
ちなみに主審はパナマのロベルト・モレノ。
ゲバラに恨みでもあるんだろうか。





取りあえずホンジュラスが勝ち点3で1位ではありますが、
楽勝できる予定だったベリーズ相手に終わってみれば1点差の辛勝。
このグループ、が決定した時点で既に
ホンジュラスとエルサルバドルの勝ち抜け決定だろ~、
と思われていたのでありますが、
試合をしてみればどちらもふにゃふにゃへろへろの
どうにも格好のつかない試合となってしまいました。
油断大敵、大胆不敵、家内安全、商売繁盛、ってことですな。


スタンドには結構観客が来てましたからねぇ~、
この不甲斐ない内容には大いに不満なのではないかしら。
次の対戦は土曜日で、エルサルバドル対ベリーズ、
ホンジュラス対ニカラグアが行われます。





グアテマラが入ってるB組の方は明日、
コスタリカとパナマの試合が行われます。
グアテマラは日曜日にやっと最初の試合がコスタリカ戦。
ま、真打ちですからね。余裕の登場です。


・・・・・・と試合が終わった後でも言えたらいいんだけれどな~。


*タグ/グアテマラ代表 エルサルバドル代表 ニカラグア代表 ホンジュラス代表 ベリーズ代表

親善試合 グアテマラ - ハイチ 

親善 グアテマラ – ハイチ
1月17日18:00 フォート・ピアース(FL)



テレビ放送がないので、あれ、いつの間にあったの?
みたいな感じだったんですが、
30数分遅れで始まったとかいうこの試合、1-0でグアテマラの勝ち。
ミンチョになって初勝利ですか、これ。


ハイチって、77年からこちら、負けたことのない相手なんだそうですが、
何とかでも勝てて、ネーションズカップに向けて一安心。


全体的にグアテマラが支配したという試合だったようだけれど
なかなかなかなかゴールを割れないのは相変わらず。
唯一のゴールは64分、CKにエドウィン・エンリケスが合わせたもの。
得点力に不安はあるものの・・・、ま、仕方ないか。
それより相手の得点を許さなかったことをよしとしよう。


出場メンバーです。
GK: ルイス・ペドロ・モリーナ(リカルド・ヘレス)
DF: カルロス・カストリーヨ(クラウディオ・アルビスーリス)
DF: クリスティアン・ノリエガ
DF: エドウィン・エンリケス
DF: カルロス・ガヤルド(ハイメ・ビデス)
MF: グレゴリー・レステル・ルイス(アブネル・トリゲーロス)
MF: カルロス・カスティーヨ(ウィルフレッド・ベラスケス)
MF: エドガル・アロルド・コット
MF: マルコ・パブロ・パッパ
FW: セルビン・ホエル・モッタ(エドウイン・ビヤトロ)
FW: マイノル・イグナシオ・ロペス・カンポーヨ
DT: ベンハミン・モンテロッソ

書き損ねてましたが、マルビン・アビラは練習に無断欠席したため
代表からはずされています。
代わりに召集されたのが、エドウィン・ビヤトロ。
ジーン・マルケスはこの前のサン・カルロス戦で鼻骨を骨折、
このフロリダツアーには参加しているものの、
10日ほどはヘディングしたらダメ、というドクターの診断のため
この試合には出場していないのだと思われる。
クリスティアン・アルバレスとメルセデス・バスケスの2人は
ツアーには参加していません。
すなわち、ネーションズカップにも招集されないだろう、と思われる。


ま、そんなわけで、とりあえず幸先の良い2009年を迎えた代表。
デンマーク代表との試合はさて、どうなることやらね。


*タグ/グアテマラ代表

ぷちニュース No.98 

うーむ、すっかりご無沙汰してしまいました。
12月から1月って、とにかく何かと忙しい時期で、
特に1月は小僧の学校も始まることもあって、
やることも多々、気づかれも多々、な月だったりします。


一方のサッカーの方は、バルセロナの快進撃で大満足。
今日の雪の中のオサスナ戦、負けるかと思ったけれど
いやもうホントに助かった。


てな話をするためのブログじゃないので、残念ながら切り上げまして
一向に明るい話のないグアテマラのサッカーの話に戻るのであります。


violet代表、親善試合で敗戦する

そりゃま、負けることもあるでしょうが。
相手を選んで負けてくれよ、てな話であります。


その負けた相手ってのはコスタリカのサン・カルロスってチーム。
何やらプレシーズンをグアテマラで過ごしているらしくて
この前はペタパ相手に2-2、
その後は2部のサン・ペドロ相手に3-3と引き分けておりました。


そんな相手に2-1で負けてくれるのだから、
新年早々溜息しか出ないよな、そりゃ。
あ、そ言えばホンジュラスとの親善試合の話がありましたが、
流れました。
マイアミで合宿中のホンジュラス代表、
ロスまでの往復が大変だから、というのが公式の言い訳です。
メキシコよりも強い(?)ホンジュラス代表ですから、
「グアテペオールなんか相手にしてられるかぁ~」
てのが本音かも(鬱々)。


さて、人工芝のフリオ・アルマンド・コバルで行われたこの試合、
前半終了間際に相手にPKを与えて先制され、
後半追加点を奪われ、
後半途中から入ったセルビン・モッタがやっとこさゴールを決めて
何とか1点差にして試合終了。おいおいおい・・・・・・。


出場メンバーは次の通り。
先発出場:
GK : クリスティアン・アルバレス
DF : カルロス・カストリーヨ
DF : ジョニ・フローレス
DF : エドウィン・エンリケス
DF : クラウディオ・アルビスーリス
MF : クリスティアン・ノリエガ
MF : ジーン・ジョナタン・マルケス
MF : マルコ・パッパ
MF : グレゴリー・レステル・ルイス
FW : マイノル・ロペス
FW : カルロス・カスティーヨ

で、後半は
GK : ルイス・ペドロ・モリーナ(リカルド・ヘレス)
DF : ハイメ・ビデス
DF : クリスティアン・ノリエガ
DF : ウィルソン・ラリン
DF : カルロス・ガヤルド
MF : ウィルフレッド・ベラスケス
MF : エドガル・コット
MF : メルセデス・バスケス
MF : アブネル・トリゲーロス
FW : マイノル・ロペス
FW : セルビン・モッタ

そ言えば、キャプテンはノリエガだという話。
90分出場したのは、ノリエガとナッチョ・ロペスの2人だけで、
この2人はこれからも重用されそうな気配。


それにしても、ネーションズカップももう直だというのに
大丈夫なんでしょか、ウチの代表。


とりあえず、あと2試合親善試合が残っています。
1月17日にフロリダはフォード・ピアースのロングウッド・スタジアムでハイチ戦、
20日にはフォート・ローダーデールでデンマーク戦。
このデンマーク戦、ホテル・ホリディ・インで開催・・・、って、それどういう意味???
今ひとつよくわかりませんが、観客なしで朝から試合するんだそうです。
このデンマーク戦って、ひょっとして相手はユースだったりするんじゃあ・・・・・・。


violet閉幕シーズンは2月始まり

2月7日開幕です。
1月はネーションズカップもあるし、
代表のために開けた、ってことなんだろうな。
その甲斐があるような気が全然しないのが困るところなんだが。


*タグ/グアテマラ代表

ネーションズカップ招集メンバー 

1月22日から2月1日にかけて、ホンジュラスはテグシガルパで開催される
ネーションズカップの代表メンバーが12月22日に発表されています。


GK Luis Pedro Molina Jalapa
GK Ricardo Jerez Figueroa Rentistas (Uru)
GK Cristian Álvarez Comunicaciones
DF Claudio Albizuris Rojos
DF Carlos Castrillo Cremas
DF Edwin Enríquez Cremas
DF Yony Flores Marquense
DF Wilson Lalín Suchitepéquez
DF Cristian Noriega Rojos
DF Jaime Vides Rojos
DF Carlos Gallardo Cremas
MF Carlos Rafael Castillo Suchitepéquez
MF Edgar Haroldo Cotto Cremas
MF Carlos Figueroa Xelajú
MF Marco Pablo Pappa Chicago (Usa)
MF Jean Jonathan Márquez Cremas
MF Gregory Léster Ruiz Marquense
MF Fredy Williams Thompson Verazcruz (Mex)
MF Wilfred Velásquez Suchitepéquez
MF Abner Isaí Trigueros Cremas
MF Carlos Mercedes Vásquez USAC
FW Marvin Tomás Ávila Rojos
FW Minor Ignacio López Xelajú
FW Selvin Joel Motta Rojos

かなり若返った感じのするメンバーですが、
初招集はGKのアルバレス、DFのエンリケスくらいかな。
攻撃の起点を誰にするつもりなのかが興味深いところですが、
最近好調のコットかなあ、当面は。
問題はFWなんだけれど、最近頑張ってるナッチョ君と
モッタのコンビなのかなぁ、それともアビラか。
モッタは今シーズン、チャンスがありながら生かせず、
確かほとんど得点がなかったような。
いい選手なので、めげずに頑張ってほしいところですが。


クリスマスやら新年やら、いろいろとある時期ですが
皆さん既に集まっていて、練習始めているそうです。


私もやっとミンチョのグアテマラ代表を見られるわけですが
期待半分、怖いもの見たさ半分、って感じだったり。
1月始めにあるホンジュラスとの親善試合がどうなるかで
期待するかどうか決めよ・・・。


*タグ/グアテマラ代表 グアテマラ代表リスト

ぷちニュース No.98 

violet代表、ホンジュラスと親善試合

ネーションズカップの始まる前、1月10日に
またしてもロサンゼルスでホンジュラス相手に親善試合やるそうです。


代表、今、練習してはいますけれど
ロホスとクレマの決勝が終わってないので
代表を多数抱える両チームからはまだだれも練習に出てません。
こんなんで、本当に勝ち抜けるんでしょうかねぇ、ミンチョ親分。


violetその代表組、

先日、リカちゃんことリカルド・ヘレスが怪我したそうです。
ウルグアイのレンティスタスでGKを勤めるリカちゃん、
13日のリーグ最終戦で肘を傷めたんだそうで、全治2ヶ月。


W杯予選の対アメリカ戦、
なんとリカちゃんがゴールマウスを守って
「リカちゃんの活躍がなかったら、もっととんでもない点差になっていた」
という話だったらしくて、
ネーションズカップで見られるかな、と楽しみにしていたのに
ちょっぴし残念です。
まあ、若いリカちゃんならまだ機会もあるだろう。
リカちゃんの代わりに誰が招集されるのかも興味のあるところ。


violetU-20代表監督のクラビオットは、

辞任しました。


U-20のW杯中米予選、
ベリーズとの引き分けがたたって敗退してしまったU-20でしたが
監督のネストル・クラビオット、
FedeFutはクラビオットの留任を発表していたのですが
先日、故国アルゼンチンからのオファーを受けたんだそうで
それ故に辞任。はあ、なんだかね。


violetタボ・カブレラの行方

結局、AGFアーフスでほとんど出番のもらえなかったグスタボ・カブレラ、
12月で契約が切れるので行き先を物色中。


そのタボに、ボリーヨ元親分から「ウチに来んかい」と声がかかったとか。


ボリーヨ、現在コロンビアの2部サンタ・フェの監督をしています。
どこでタボの話を嗅ぎつけたのか知らないけれど、
ボリーヨはタボにキャプテンやらせてたくらいだからなぁ、
結構気に入った選手だったんだとは思うけれど、
さて、タボの方はいかに・・・・・・。


タボにはマルケンセからもオファーがあるそうです。


violetやっと決勝関係の話

日曜日の決勝戦、累積等で出られないのは、
ロホスのオラシオ・コルデーロ、だけだとか。


決勝戦のファーストレグでエルマル・ロダスに退場処分にされたコルデーロ、
審判団に対する侮辱や脅迫行為があったとして
4試合の出場停止と罰金Q4,000が課されました。


いやはや全くオラシオさん。
言いたいことはあるだろうけれど、じっと我慢するのも監督の仕事だよ。
ロホスにはこの決定を上告することができます。
どちらにしても、セカンドレグのオラシオさんのベンチ入りはないだろうなぁ~。


violet一方、ロダスには

取りあえず試合参加停止、が決定しています。
ただし、これは処分ではなく、
現在審判委員会で事実関係を調査中で、
その結果が出るまでは、別の試合の笛を吹くことはない。


・・・・・・って、試合そのものがないんですけれど。


オラシオさんが怒りまくったPKになったファウルについて、
主審だったエルマル・ロダスは
「自分自身は少し離れた場所にいたが、交錯したのは見えた。
 そこで笛を吹き、副審(セサル・ルアノ)を確認した。
 副審がその場に立ち止まったならFKだが、
 ゴールラインに走っていったら、それはPKだということだ。
 だからPKを指示した」。

「だからと言って、彼に腹を立てているわけではなく、
 審判団のキャプテンとして誤りを犯した自分自身を許せない」


とおっしゃっておられます。
あ、ちなみにこの副審、セサル・ルアノさんも現在試合に出場停止です。
確かに、最近ちょいと???なジャッジが目立つので
何とかして欲しいところではありますが、
審判だって間違えることもあるわけで、
ロダスさん、普段は安定したジャッジをしている方ですから
悪いジャッジだけではなくて、良い方のジャッジも
きちんと評価してあげてほしいですよねぇ。


*タグ/グアテマラ代表 リカルド・ヘレス(選手) ネストル・クラビオット親分 グスタボ・カブレラ(選手) ボリーヨ親分 オラシオ・コルデーロ親分 エルマル・ロダス(審判)

ぷちニュース No.97 

violet代表、合宿開始

最近いささか怠け気味ですが、久しぶりのぷちニュース。
話題はいきなり代表だったり。


リーグ戦も終了して、シーズンオフを満喫している選手もいるかもですが、
オフの代表たちに招集がかかっております。
なんつっても、1月にはホンジュラスでネーションズカップもあるしねぇ、
いい加減練習しないと、また恥ずかしいよ!?ってわけです。


という訳で、今週はカルロス・ラファエル・カスティーヨ、
ウィルソン・ラリン、ウィルフレド・ベラスケス(以上スチ)、
ジョニー・フローレス(マルケンセ)、
ルイス・ペドロ・モリーナ(ハラパ)、
マルコ・パブロ・パッパ(シカゴ)、
という辺りがプロジェクト・ゴールに呼び集められ、
まずはフィジカルテストから始めたんだそうです。ふむ。


相変わらず招集されてないのがリカルド・トリゲーニョ、
リーグ戦絶好調だったホルヘ・パピン・エストラダ、
まあいいけどね、リカルド・ヘレスはまだ試合があるのかしらん?


先月のW杯予選は控えメンバーばかりのアメリカ代表にも負け、
リカちゃんのセービングの他は何も見るべきところがない、
ってこき下ろされていた代表だったけれど、大丈夫なのかいな。


ペスカドは代表引退宣言を、
パンドは代表休養宣言をしており、
残るはやっぱりプラタおじさんかっ!!!
明日の見えないグアテマラ代表、どっちに向って進んでいくのやら。


violetそのネーションズカップ、

先日組み合わせ抽選会が行われまして、
グアテマラはB組、コスタリカとパナマと同組となりました。
きびしーーー。


A組:エルサルバドル、ニカラグア、ホンジュラス、ベリーズ
1月22日 エルサルバドル - ニカラグア、 ホンジュラス – ベリーズ
1月24日 ベリーズ - エルサルバドル、 ホンジュラス – ニカラグア
1月26日 ニカラグア - ベリーズ、 ホンジュラス – エルサルバドル

B組:コスタリカ、パナマ、グアテマラ
1月23日 コスタリカ – パナマ
1月25日 グアテマラ – コスタリカ
1月27日 グアテマラ – パナマ

ちぇー、またパナマとかぁ。
まあまだ、ホンジュラスと一緒じゃなかっただけ良いか・・・。
コスタリカは、ケントンさんを久しぶりに拝める、ってことか。
さてさてウチの戦いぶりや、いかに。


心配だ・・・。


ちなみにこの試合、いずれもW杯予選では使用禁止になった
テグシガルパのティブルシオ・カリアス・アンディーノで行われます。
各組上位2チームがゴールドカップ出場。
総合で5位となったチーム(って試合数が多い方がトク?損??)は
カリブかな?の3位とプレーオフとなります。


violetそう悲観的な話ばかりでもなく

11月下旬、U-17の中米予選てのが行われていました。
この予選、なぜかホーム&アウェーのマジメな予選で
CONCACAF予選は2009年にメキシコで行われることとなっております。


その中米予選、パナマとグアテマラのプレーオフで
最後の1枠を争っていたのでした。
ファーストレグ、ホームで1-1となって、これはヤバイ!と思っていたのが
セカンドレグ、アウェーで0-1と勝ち、勝ち抜きを決めました。


試合は12月1日の午後、
後半はものすごい土砂降りの中の試合だったようですが
74分にガブリエル・ナバスがゴールを決めてくれて本当に良かった!!


CONCACAF予選は3月か4月なんだそうですが、
また既に集まって練習してたりするんだそうです。
このチームの監督はアントニオ・ガルシア。


このガルシアさんって、あと一歩でW杯予選に行けた
U-19でしたっけかのチームの基礎を作った方なんだそうです。
その後、ケントンが監督の座を横取りしたんだそうですが、
ふーーーん、そういうことなら期待してもいいのかも!
とちょっと思ったりするわけです。


2009年にナイジェリアで行われるU-17W杯の
CONCACAF枠は4つ。
なお、2007年の韓国大会はCONCACAF枠が5つで、
ホンジュラス、コスタリカ、ハイチ、トリニダード・トバゴ、アメリカ
の5カ国が出場していたんだけれど、
何でも1枠カットされたらしい。
多分アフリカが増えているのかしらんね・・・・・・。


さてさて念願のW杯。
大人たちはダメだったけれど、子供達はさて、どうかしらんね。
あまり期待しすぎずに、楽しみにしています。


*タグ/グアテマラ代表 U-17グアテマラ代表

新監督と初の招集リスト 

実は、こちらに書いたような理由で、
このブログの方も更新が滞っております。
滞っている間に、代表監督がベンハミン・モンテロッソに決定しました。


ベンハミン・エドゥアルド・モンテロッソ(Benjamín Eduardo Monterroso)、
ニックネームはミンチョ(Mincho)。
過去は98年から2000年の間、代表監督をしてました。
契約期間は1年、
てえことは当面の目標は2009年のネーションズカップとゴールドカップ。


いや、当のご本人は
「ワールドカップに行くチャンスはある!!!」
っておっしゃっていたりするんですが・・・。


さて。


そして11月19日に行われるW杯予選アメリカ戦の
招集メンバーも発表になっています。
現在の招集メンバーは25人、試合前日に18人に絞られる予定。


いや、それにしても、びっくりですよ、このリスト。


GK Luis Pedro Molina Jalapa
GK Ricardo Jerez Figueroa Rentistas (Uru)
GK Oswar Gramajo Rojos (U-20)
DF Carlos Castrillo Cremas
DF Yony Wilson Flores Marquense
DF Carlos Gallardo Cremas
DF Cristian Noriega Rojos
DF Luis Ricardo Rodríguez Xelajú
DF Jaime Vides Rojos
DF Claudio Alvizuris Rojos
DF Wilson Lalín Suchitepéquez
DF Carlos Mercedes Vásquez Usac
MF Francisco Aguilar De León Marquense
MF Jean Jonathan Márquez Cremas
MF José Francisco Catalán Usac
MF Marco Pablo Pappa Chicago (Usa)
MF Carlos Rafael Castillo Suchitepéquez
MF Carlos Fernando Figueroa Xelajú
MF Fredy Williams Thompson Verazcruz (Mex)
MF Wilfred Velásquez Suchitepéquez
FW Mario Giovani Acevedo Rojos
FW Marvin Tomás Ávila Rojos
FW Minor Ignacio López Xelajú
FW Juan Carlos Plata Rojos
FW Guillermo Ramírez Ortega Rojos

タボ・カブレラ、ホセ・コントレラス、ペスカドと言った
海外だけれどほとんどプレーしてない組は招集されず。
トリゲーニョの落選は超びっくり。
アセベドとプラタが呼ばれたのは巨大びっくり。
パンドがMFじゃなくてFWなのにも何気にびっくり。
2部のUSACから2人も招集されているのも意外でびっくり。
ミンチョ、以前Uの監督してて、その頃から知ってるってことらしいんだが。


この顔ぶれの中盤で、ゲームを組み立てるのは誰だ!?
ってのが私的にはよくわからないんだよなぁ、
パッパ、マルケス、フィゲロアあたりなんだろうか。


この妙な顔ぶれで、最終的に誰が残り、
どんな試合をするのか、ものすご~~~く興味あるんですが
残念ながら試合当日の19日は日本にいるので
試合、見られません。


どっちみち、最終予選に行くとは思えないんで
まあいいんだけれど・・・。


一応、当たるも八卦で録画しかけておこうかな。
問題はどのチャンネルで放送してくれるのかがわからない、ってことなんだが・・・、
ま、運が良ければ見られるでしょ。


あ、書き忘れてましたが、コーチングスタッフは以下のような顔ぶれです。
DT : ベンハミン・モンテロッソ
AT : フェリペ・アントニオ・カリアス
FT : コンラード・パレーデス
GKコーチ : ロヘリオ・フローレス、フアン・ヒルベルト・エチェベリア


ま、でも、監督も代わって選手も代わり
気分一新、って感じで良いですな。
勝ってくれれば更に言うことはないのだけれど、どうなりますやら。


*タグ/グアテマラ代表 グアテマラ代表リスト ミンチョ親分