スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2部 USAC - グアスタトーヤ 

USAC – グアスタトーヤ

えーと、2部は確かもう第11節。
折り返しも過ぎて上位と下位はある程度はっきりしてきた感じ。
試合があったのは土曜日で、テレビ見ながらメモしてて、
その後ごにょごにょしていたので、アップするのは今日~。


この相手、グアスタトーヤにはアウェーで2-1で負けているので
USACとしては、今日はきっちり勝たせてもらわなければ。
グアスタトーヤってホームでは圧倒的に強いチームらしいけれど。
Uだってホームは強いですからね。


USAC
GK : 32 Jorge Vinicio Ovando
4 Julian Salomon, Miguel Murillo (LSB), 13 Cristian Carcuz (RSB), 3 Rubén López
15 Otto Barrios, 17 Rubén Esquivel, 21 , Julián Priego, 7 Rosales
30 Hernán Torres, 23 Carlos Kamiani
DT: Rafael Loredo (Mex)





序盤からUがボールを支配して先制は8分、
エリア内で右からのクロスに、トーレス、ヘッドで狙うと見せて
後ろにいたエスキベルへヘッドパス、エスキベルは前へヘッド、
意表をつかれたGK、唖然~。1-0、USACさっさと先制。


17分、グアスタトーヤはもう5番の選手がウォーミングアップを開始。
5番ってことはDFの選手かな。


うーむ、グアスタトーヤってのはサッカーよりも体力勝負のチームか。
Uがボールを持っている時は体当たり。
中盤から後ろの守備はしっかりしてるし、良く走るよなぁ~。
攻撃はサイドから崩して行くって感じ、
相手エリアにはなかなか到達しないけれど。


27分、左サイド、エリアに入ったところでトーレスがクロス、
カミアニがヘッドで合わせたボールはGKが手で弾く。ちー。


30分、グアス最初の選手交代。
2番アルティガが出て5番フレディ・オレヤナが入る。


31分、Uが追加点。
相手ボールを中盤で奪うと、トーレスがだだーーっと左サイドを上がりクロス、
今度はカミアニがしっかり足で決めてゴール、2-0。
よしよしその調子。それにしてもいいコンビだよな、この2人。
このコンビも外国人FWだったりするんだが。


41 分にもこのコンビで追加点。
エスキベルから右サイドのカミアニにパス、
カミアニがトーレスにクロス、
トーレス、滑り込みながらボールを押し込んでゴール。
3-0で前半終了。





ホセ・カタランがルベン・エスキベルの代わりに入って後半開始。
カタランってFWだよね?3トップでプレーするつもり・・・はなくて、
エスキベルのいたところに入ってますね、カタ君は。
グアスの方は2人まとめて交代で交代枠使い切っちゃいました。


後半は3点ビハインドのグアスタトーヤの方が頑張る。
左サイド、2回ばかり続けて破られてるんですけれど・・・、おいおい。


54分、久しぶりにボールをもったU、プリエゴが持ち上がり、
ロサレスがエリアに入り込もうとしたところで倒されてFKゲット。
蹴るのはバリオスかな、左サイドの角のあたりから蹴ったボール、
カルクスが高く飛んでヘッド、これが決まって4点目。うほ~、4-0だよ。


楽勝ムードが漂ってきた付近でグアスタトーヤのゴール。
58分、Uのファウルで左サイドからのFK、
最初は大きくはずしたんだけれどカベが動いたとしてやり直し、
2度目は整列してるところに入れて、
パナマ人のアントニィ・トーレスかな、がヘッドで決めて4-1。
こらこら、しっかりマークしろよ。でも打点が高いヘッドでした。


61分、Uの交代。
15オットー・バリオスが出て、12カルロス・メルセデス・バスケス。
メルセデス、3試合くらい前に頭に肘打ちを受けて病院に行き、
それ以来プレーしてなかったメルセデス、久しぶりの登場。
68分には脚を傷めたプリエゴが下がって、12エルウィン・アギラールが入る。
アギラール、U-20でプレーしてたよな。元気か。


おいおいおい~、72分、再びグアスタトーヤのゴール。
左サイド、30m以上あると思うけれど、思いっきり蹴っ飛ばしたボール、
GKも届かず、ゴールの中に吸い込まれる。
こら~、何をやっとるんじゃぁ、てか、これは蹴った方がエライかな。
4-2。うーむむむ、時間はまだあるけれど、大丈夫だろうなぁ~。


74分、グアスタトーヤ、またしても左サイドから攻撃、
うーーん、カルクスが後ろから蹴っ飛ばしたのかなぁ、
レッドで一発退場。こらー、落ち着けってば。
もう交代枠使い切ってるのに、DFが退場ってどういうことよ。
メルセデスが下がって穴を埋める。


グアスタトーヤはミドルをバシバシ撃ってくるけれど、
ミドルが何本も入ることはそうそうないはずで、
実際なかなか入らない。
Uとしては、守備のチームじゃない(てか、守備下手)ので
ボールを持って回していく方がいいんだけれど、
グアスの足は止まらないな、相変わらずチェックが鋭いので
なかなか思うようにボールを回せない。
テレビの解説は
「素直なチームだから」とか言ってるなあ。
まあそうかも、勝てる相手にきっちり勝って
上に上がるにはずるさも必要ってこと。
きれいなサッカーをするんだよね、日本のサッカーに似てるかも。
どしたら逞しくなれるんでしょ?


なんてことを思ってる間に4-2で試合終了。


第11節を終了して2部のBグループは
1位がミクトランで勝ち点22、
2位がUSACで勝ち点20、
3位はミスコで勝ち点17。
3位までが決勝シリーズに進める(はず)ので、
この調子で頑張って、目指せ、昇格!!


*タグ/USAC(クラブ) グアスタトーヤ(クラブ)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。