スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちニュース No.91 

violetサントス戦総括

ロホスご一行は本日グアテマラシティーに戻ってきました。
こちらでは「サントス相手によく頑張ったじゃん」という声が多いようで、
それってつまり、全然敵うわけないだろーって思われてたってことかい?


というわけでLa Red Deportivoのアンケート。
「サントス戦でのロホスの戦いぶりは?」という質問に、
「良かった」と回答した人が65%。
「悪かった」という人が10%にも満たなくて、
クレマインチャでもこの試合ばかりはロホスを応援した、って人すらいたようです。
ま、独立記念日のある9月は愛国心の高揚する時期ですからね・・・・・・。




さて、で、早速インタビュー記事がいくつか。
まず、監督のオラシオ・コルデーロ。
「サントスは素晴らしいチーム。
 うちらの冒険は今始まったばかりやけど、
 サントス戦でしたようにプレーすれば、
 GLを突破する可能性は大いにあるんやないか。

「選手達にも、ようやってくれた、わしゃ嬉しい、と言うた。
 ワシにとって一番大切やったんは、
 グアテマラの名前を高く掲げることやったしな。
 結果については、相手を称えるしかないやろ、汚いプレーもなかったしな」


ん?あっちでもこっちでも同じ記事を見かけるな~と思ったら
元記事はmediotiempo.comですか。


一方、この試合のロホスで一番活躍した選手、パンド。
「自分が今あるのはすべてムニシパルのお陰だし、
 うまく行くよう全力を尽くしてる。
 サントス戦ではいい試合ができたと思うけれど、
 残念ながらDFのミスで負けてしまった。

「そりゃあ、こんな風に負けるのは無茶苦茶悔しいさ。
 苦労して追いついたのに、ミスって言うか、経験不足で負けるなんてさ。」

ビデスを〆ておくように。


violet今度はケレタロ・・・?

さて、サントス戦で髪振り乱しながら?プレーしてたパンドの活躍に、
メキシコ2部のケレタロがいたく感心して関心があるらしい。


「試合の後、ケレタロの会長とGMから電話があった。
 だから最初にウチの会長と話してくれよ、って電話番号を教えたよ。」


う~むむむ、CCLがあるロホスが今の時点でパンドを手放すとは思えないけれど?
それに、W杯予選もあるんだから、ケレタロなんか行ってるばあいじゃないでしょ。
ほら、中村俊輔だって、
「代表に集中できるよう、日本復帰を考えてる」
とか言ってませんでした???


それよか、W杯予選で頑張って、ヨーロッパを目指そうよ???


violetチノ・レオン、シナバフルを訴える

ババ抜きのババをつかんだというか、
彼自身がババなんだと言った方が正しいのか、
ちょっと迷う?ところではありますが、
シナバフルをクビになったマルロン・イバン・レオン、
シナバフルに「退職金」の支払いを求めております。


チノのお月給はQ10万。これって$13,000くらいかな。
いい給料だな・・・・・・。
ひょっとしてクビになったのは、給料高すぎたせいと違うんか。


てな下衆の勘ぐりは置いておきまして、
チノは「シナバフル側からの解雇だから、
契約通り、残り4ヶ月の給料も払ってもらわにゃ困る」
とリーグに訴えたんだとか。


一方のシナバフルは、選手の給料すら細々と分割払いしてるようなクラブ。
4ヶ月分のQ40万なんて、どこからも調達できんでしょー。
そんな身の程知らずの契約するから、選手の給料も払えないんじゃん。


violet全然関係ないけれど

ちょっとびっくりしたので書いちゃいます。
プレミアのニューキャッスルが売りに出ているという話は
しばらく前に聞いたのですが、
お買い上げ候補のトップがなんとビル・ゲイツですってぇ~!?


最近のプレミアは本当にバブリー。
これっていいことなのか、ちょっと考えてはしまいますが、
私もそれだけのお金があったら、クラブ一つくらい持ってみたいかも!?


その辺掘ったら石油出てこないかなぁ~。


*タグ/ムニシパル(クラブ) オラシオ・コルデーロ親分 ギジェルモ・ラミレス(選手) シナバフル(クラブ) イバン・レオン親分

スポンサーサイト

ぷちニュース No.65 

violetグアテマラ代表一行は

日曜日の夜の便でカリフォルニア州はオックスナードに移動。
木曜日にロサンゼルス入りするまではオックスナードで合宿するんだとか。


violet一方、セントルシア代表ご一行は

水曜日にアメリカへ移動の予定。
まあ、グアテマラの方が物価安いしね、多分。
ゆっくりのんびりして行ってください。


で、昨日・今日と、ウチの代表がいなくなったので
Proyecto Golを借りて練習したんだとか。
至れりつくせりって気がしないでもないが・・・、
いい試合を期待しておりますよ。


いや実は今日、セントルシア代表が宿泊しているという
ホテルの近くにあるスーパーに行ったら
なんとなくそれっぽい人たちがいたんですが・・・。
ひょっとしたらひょっとしたのかもね?


violet順延になってたアンティグア・バーブーダとキューバの試合は

キューバが3-4で勝ったそうです。
データは多分セカンドレグの結果と共にお伝えできるかな、と。
それにしてもキューバ、選手たちが亡命しても亡命しても
やっぱり勝っちゃうんですよねぇ~。


violetコスタリカのメドフォード監督の運命は

グレナダとのセカンドレグの結果如何という話だったのですが、
どうやら勝っても負けても退任の模様。


ん~、このタイミングで切るなら、どうしてもっと前に切らなかったんでしょね?
後悔先に立たずかもな、コスタリカ。


選手時代はコスタリカのヒーローだったエルナン・メドフォード、
残念ながら監督としては今ひとつな結果しか残しておりません。
就任が2006年10月、アレクサンドレ・ギマラーレスの後任として代表就任。
23試合を率いて現在まで6勝12分5敗という成績。


後任としては前クルス・アスル監督のマルカリアンだとか
前チャピンランディア代表監督のボリーヨとかの名前が挙がっております。
わはは・・・・・・。


というわけで、グレナダとのセカンドレグが最後の試合になりそうですが、
メドフォードは2-2の引き分けに終わったファーストレグ、
「いや、何もかもがダメだったってワケじゃなかったっしょ。
 グレナダみたいないいチーム相手に、アウェーで引き分け、
 それも前半25分で2-0で負けてたところから
 引き分けに追いついたんだからね。
 ホームでは、いい試合をして勝つから、まあ見ててよ」。


物は言いようですな・・・。
ちなみにFIFAランキングではコスタリカが75位、
グレナダが143位。
ちなみに139位のバミューダはアウェーで
87位のトリニダードに勝ったんでしたっけね・・・。


まあ、ランキングだけではわからないのがサッカーとは言え、
最近のコスタリカはまったくいいところないからなぁ。
最後はしっかりいい試合して退任してくださいよ、メドフォードさん。


violetエルサルバドル代表の

カルロス・デ・コボス監督は相変わらずコボスております。
「パナマ戦の前日の夜、ホテルの前で大音量で音楽を流してた連中がいて
 良く眠れなかったんだ。いや、実にけしからん!」。


というわけで、セカンドレグではパナマ代表宿泊ホテル前で
サルバドレーニョがどんちゃん騒ぎをする予定・・・かもしれません。


とにかく、遺恨の残らない試合となって欲しいものですが。


violetさて、グアテマラのクラブの方は

CCLに参戦するハラパとロホスはもうプレシーズン開始してます。
ハラパは来シーズンの登録選手がほぼ固まったようですが
ロホスはまだまだこれかららしく、
セルビン・モッタとエディー・オルティスの復帰以外には
新しく入ってくる選手の情報がありません。


一方、出て行く選手として名前が挙がっているのがパンドとロコ。
これはまだ噂話でしかありませんが、
パンドはどうやらエクアドルのデポルティーボ・キトだとか。
キトって、今エクアドルリーグの首位に立ってるみたいで、
来シーズンは国際大会も可能性あるのかな?
決まるとおもしろそうかも。


ロコも噂話ですが、コロンビアのクラブからお誘いがあるとか。
コントレラスもアルゼンチンだとすると、
どうやら一頃のMLS移籍ブーム?みたいに
今度は南米への移籍ブームなんでしょうか?
皆、活躍できるといいけどね。


*タグ/グアテマラ代表 ギジェルモ・ラミレス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手)

ぷちニュース No.24 

violetドーピング事件その後

開幕シーズンの決勝戦のドーピングテストで陽性になった2人のうち、
ナンドロロン陽性と判定されたジミー・オサエタは
自分に非があることを認めたとか。
「筋肉を強化する目的で使ったんだけれど、
 買った時には、禁止成分は含まれていないと言われたんだ。
 どうやら、それは嘘だったようだけれど」


と言う訳で24日にFedeFutで行われた公聴会でも自分の非を認め、
罰則を受ける、と発言しています。
ハラパの中盤は競争の激しいポジションでもあったし、
良かれと思ったんでしょうが、不注意だったね・・・。


ハラパのエドムンド・ルアノ会長は、
「残念なニュースだ。
 チームの皆もショックを受けているので、カウンセラーを雇うことにしたよ」
とさりげなく素早い対応を見せております。


一方、大麻陽性のエドワルド・サンテリス。
「どうして大麻陽性になったのか、わからない。
 唯一考えられるのは、6ヶ月前、肝炎にかかって、アメリカで入院したことだ。」


それが事実だとすれば、罰則は下されないでしょうが、
6ヶ月前のクスリが今頃になって尿から出てくる、というのもすごい話・・・。


いずれも、31日にLNFによる最終決定が下される予定です。


violet沈み行くクレマ・・・・・・

クレマのお給料払えません事件、24日に選手たちが事務所に出向いたところ、
確かにそこには、彼らが要求した通りの店頭小切手が用意されていた・・・・・・のでした。


ところが。
ここで終わらないのがクレマらしいところ。
グスタボ・カブレラ、ルイス・ロドリゲス、アルバロ・ヒメネス、リカルド・ヘレスの4人には
小切手が用意されてなかったからさあ大変。


この4人、マスコミや個人的な会話の中で、
「別のクラブに移籍したい」
と発言したから、そんな奴らには給料なんか払ってやらないよ、
ってことなんだとか。


そんなわけで、折角やっとこさお給料貰える!と喜んだ選手たちも、
「もともとの合意は、全員に2ヶ月半の給料を支払うってことだったはず。
 そうじゃなければ、合意の不履行とみなす」
と反発、誰も小切手もらわずに帰ったそうです。


クラブ側の言い分は、
「出て行きたいんなら、出てけば。
 でも、複数年契約してるんだから、契約を破棄する交渉してからお金払ったげるよ」。


ちょっとちょっと。
合意にあった2ヶ月半のお給料てのは、既に仕事をした分、
あんたたちの滞納分の話でしょ。
そんな理屈、成り立つかいっ。


加えて。表立って意見を言いこそはしなかったものの、
選手たちを陰ながら支えていたマルロン・イバン・レオン監督も解任されてしまいました。
表向きの理由は「監督就任3シーズンで、好成績を残していない」から。
そんな理由で、シーズン始まった直後に解任するかいっ!!


後任はアルゼンチン人のイバン・フランコ・ソペグノ。
エスペシアルカテゴリーのクレマ監督だった、というか今もそうです、という人です。


というわけで週末のエレディア戦、またしてもパトッホスの出番のような。
トップチーム登録の選手では
ロロ・フォンセカ、アンヘル・サナブリア、ルイス・アライに加えて
ブラジルから24日夜に戻ってくるという噂のイーベルトン・パエスが出る模様。


選手たちの言い分の方がもっともだと思うんだけれどもなぁ・・・・・・。
代表に選ばれた選手たちにも影響が出そうなのも心配です。


violetペスカドやっとこさお披露目

ベッカム様の同僚となったペスカドことカルロス・ルイス。
やっとこさお披露目をしてもらったそうです。
背番号はやっぱり20。
ギャラクシーの公式(英語)にも一応話が載ってます。


ギャラクシーの試合、ダラスよりはテレビ放送されることが多いですから、
これからはもう少しペスカドの活躍が見られるかもな?
てな意味では嬉しいんですが、まあ、ギャラクシーですからね・・・・・・、
クラブとしてはダラスの方が好きだったんで、ちょっと複雑。


とにかく、心機一転、最初にギャラクシーに移籍した時のような
大活躍を期待することにしましょう。


violet最近になって聞こえてきた移籍の話

決定した人から書いていきますと、
フアン・カルロス・アリアサがエクアドルの2部ですかね?
ムニシパル・デ・カニャールというクラブへ移籍が決定。
このクラブ、現在1部への昇格を狙っているそうです。


アリアサは28歳、テクルタンでデビューし、
ロホスへ移籍したもののプレーする機会に恵まれず、
ハラパはエレディアへレンタルされたこともあったのですが、
2007年の開幕シーズンは2部のミスコでプレーしておりました。


一体全体どういうコネでエクアドルなのぉ?
てのにはびっくりですが、是非是非頑張って来てくださいませ。


で、やっぱりエクアドルへの移籍の噂があるのがロホスのパンド・ラミレス。
W杯予選とかもあるので、どうかな・・・という気はしますが。


前からアメリカに行きたい!と言ってたロホスのフレディ・トンプソンには
MLSのサンノゼ・アースクイックスからオファーが。
ロホスで今それを検討しているところだそうですが、
一足早く、沈み行くクレマから逃げ出したトンプソン、
願い通り新天地でプレーできるようになるかな?


*タグ/ジミー・オサエタ(選手) エドワルド・サンテリス(選手) コムニカシオーネス(クラブ) カルロス・ルイス(選手) フアン・アリアサ(選手) ギジェルモ・ラミレス(選手) フレディ・トンプソン(選手)

フレディ・トンプソン、チバスUSAへ!? 

今シーズン、クレマのキャプテンとして活躍していたフレディ・トンプソンが、
シーズン終了・クレマとの契約満了とともにロホスへの移籍を決めた時は、結構びっくり!でした。


何と言っても、クレマとロホスと言えば、長年のライバル。
そのクレマのキャプテンだったトンプソンですから、
「契約が切れたから、おいらもうロホスに行くよ」
って、おいおい、そんなにあっさり決めていいんか~。クレマのファンが泣いちゃうよ。


でもって、ロホスのユニに袖を通したばかりのトンプソンが
今度はMLSのチバスUSAへ移籍する!という話が出てきた時には2度びっくり。


君、この前移籍したばっかりじゃん。


ロホスとは2010年までの契約をしたんだそうですが、
その直後にチバスへの移籍話が持ち上がったとか。
ってことは、トンプソンがチバスに行くとロホスに移籍料が入る。
う~ん、なかなかせこせこといい商売してまんな、ロホスさん。


まあそれはともかく、フレディ君、メディカル・チェックを受けるためにLA入りしました。
月曜日にでも契約書にサイン、となるかもしれません・・・・・・。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。