FC2ブログ

ぷちニュース No.3 

タグつけの関係で、ぷちニュースが2つになってしまいましたが、ご容赦。


アスプリーヤ、移籍先募集中

今シーズン、ペタパからロホスに移籍したばかりのカルロス・アスプリーヤ、
もうロホスからは「君はもう用無しだよ」との通告。
現在、移籍先募集中です。
ペタパではあんなに活躍してたんだから、古巣に戻るのかな?という予感。


シェラフはとっとと2人を補強

ハロル・ミランダ(スチテペケス)とワルテル・アレグリア(サカパ)の2人が既に決定とか。
ミランダが決勝にいなかったのは、ひょっとしてシェラフとサインしてたから!?


ひょっとして、ウルグアイ人ブーム?

サカパの監督はブラジル人のルイス・ダ・コスタですが、
同国人のジョアオ・シルベイラをクビにしたかと思うと、
ウルグアイ人のMFエクトル・ガストン・フェルナンデス(27)にオファーを出してるそうです。


これまでず~っとウルグアイの国内リーグでプレーしてたガストン、
どうやら攻撃的MFらしく、サカパがどんなチームになっていくのかということも含めて、
ちょっと楽しみな選手です。


ペスカドの行方は・・・

今シーズン、7ゴールだったか?で、MLSで最低のシーズンを過ごしたペスカド・ルイス。
売るなら今だ、とばかりに、放出されるという噂が流れています。
それも、行く先はLAギャラクシーだとか?ホンマかいな。


ドノバンがいて、パボンがいて、あとFWには誰がいたっけ、
ま、ともかく、ペスカドが今更行ってあげたって、どうなるわけでもないでしょう。


それともやっぱりあれかな、ベッカム様じゃあダメだけれど、
グアテマラ人がいるとギャラクシーは勝てる!というジンクスのせい?


*タグ/ムニシパル(クラブ) カルロス・アスプリーヤ(選手) シェラフ(クラブ) ハロル・ミランダ(選手) ワルテル・アレグリア(選手) サカパ(クラブ) ガストン・フェルナンデス(選手) カルロス・ルイス(選手)

ペスカドの手術とか、今日のニュース三題+おまけ 

ペスカド、手術。


ペスカドことカルロス・ルイス、右膝の半月板の手術をすることになりました。
以前から痛みがあったそうで、医師からも
「シーズン終了後に手術せなあかんで」と言われていたんだとか。


と言うわけで、ダラスも敗退したことだし、手術するなら今だよね?
いや、ちゃんとボリーヨ親分とも相談して決めたんだそうです。
「来年の予選に間に合わせーや、て言われてん」。


手術と言っても、切った、縫ったの手術ではなくて
関節鏡を使って半月板をゴリゴリするんだそうで、3週間程度で復帰できる模様。
手術は13日にダラスで行われる予定。


余談ですが、実はペスカド、ロホスのUNCAFクラブ杯で助っ人として参加か!
という噂もあったんですが、ご破算です。
ロホス、大丈夫かなぁ~。


ロコ、も手術。


11日のマルケンセ戦で顔?頭に膝蹴りを食らったロコことマリオ・ロドリゲス、
左の頬骨骨折で、当日のうちに手術したそうです。
経過は順調で12日には退院しておりますが、4週間はプレーできないとか。


代表、これでFWが2人減ってしまいましたね??
セルビン・モッタとか、ウィリー・シムスとか試すいい機会とも言えるかぁ・・・。


代表はともかく、マジで心配なのが、ロホス。
ロコがいないFWはとても機能するとは思えない・・・。
どーやって乗り切るんだ、UNCAFのアラフエレンセ戦。


ラテンアメリカ版ゴールデンブーツ賞


2007年から、ラテンアメリカで最多得点をした選手に、
Bota de Oro(ゴールデンブーツ)が贈られることになったんだそうです。


本家のゴールデンブーツは各シーズンで表彰されますが、
ラテンアメリカ版ボタ・デ・オロは暦年。
各国リーグでの得点を加算するわけですが、
そのリーグのレベルも勘案して、1得点につき各国ごとに定められたポイントをかけて算出します。


ポイント数が2なのがアルゼンチン、ブラジル、メキシコ、
1.5がコロンビア、ウルグアイ、チリ、パラグアイ、エクアドル、
1がペルー、ベネズエラ、グアテマラ、ボリビア、ホンジュラス、パナマ。


とりあえず上記の国が対象の模様。ん?コスタリカは・・・?ま、いっか。


さてさてもうすぐ1年が終わるわけですが、
現在のところ初代ボタ・デ・オロに一番近いのがアルゼンチンのヘルマン・デニス(インデ)。
20ゴールなのでポイント2をかけて40点。
う~んむむむ、グアテマラのリーグだと年で40~50ゴールしないといけないかぁ・・・。
さすがに厳しそ・・・・・・。


おまけニュース。ギャラクシーがペスカド欲しいとか・・・


LAギャラクシーと言えば、監督がルート・フリットに代わったばかり。
でもってなぜかこのタイミングで「ペスカド欲しい」という声が聞こえてきております。
声の主はギャラクシー会長のアレクシス・ララス。


ペスカドと言えば、ギャラクシー時代に大活躍。
ペスカドがいなくなった年は、たしかパンドが優勝を決めるゴールを決めたのではなかったかな?
というわけで、実はグアテマラ人選手とギャラクシーの相性は結構良かったりするのであります。


ベッカム様を取っても優勝できなかったギャラクシー、
やっぱりこうなったら頼れるのはグアテマラ人しかいない!?


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) ゴールデンブーツ(賞)

ペスカド君のお家訪問!ビデオ 

今日は小僧の宿題に1日つきあわされてしまいまして、もう精も根もつきはてました・・・。
なので第8節の試合の模様などは明日にさせて頂くことにしまして。


北の方で修行しているお魚くんがこの前のゲームで2ゴールしたらしいので、
たまには取り上げてあげようかなぁと。


9月15日、ダラスはフォクスボロ(ボストン)へ乗り込んでのニューイングランド戦。
試合は4-2ではかなく負けてしまったようですが、ペスカドは35分と84分にゴール。
今シーズン18試合に出場して、現在のところ6ゴール、2アシスト。


MLSはそろそろ大詰めですが、ダラスは勝ち点39で西地区3位に沈んでしまいました。
ま、でもいいですよ。
ペスカドの古巣でもある、あのギャラクシーは最下位の6位だ。はっはっは。


まあ、そんなことはともかく、FC Dallasのサイトに、
なぜか「カルロス・ルイスのお家訪問」なんてビデオがありまして、
ペスカドが英語でしゃべっている!!!というのに感動したんですが、
彼ももうアメリカ生活5年くらい?そりゃあしゃべれるわよね。


ペスカドのクローゼットには交換してもらったユニもずらっと並んでいるのですが、
「一番大切なユニ」と出してきたのはペスカド自身の代表ユニ。やっぱり!


7分近くある長いビデオですが、お暇な方は。

http://fc.dallas.mlsnet.com/t104/es/


スペイン語サイトです。写真の下、ビデオマークのところ、
”Conoce la casa de Carlos Ruiz”てところをクリックするとビデオが始まります。
いつまでこのサイトからリンクできるのか、よくわかんないですが・・・。


【追記】
このビデオ、YouTubeにアップされていましたので、貼っておきます。




さて、ダラスの残り試合はこんな感じみたいです。
9月20日(木) シカゴ・ファイヤー
9月23日(日) LAギャラクシー
9月30日(日)ヒューストン・ダイナモ
10 月 3日(水)ニューイングランド・レボルーション
10 月 6日(土)コロンバス・クルー
10月11日(木)チバスUSA
10 月20日(土)カンサスシティー・ウィザーズ

1ヶ月で7試合!て結構ハードだと思いますが、ケガだけはくれぐれも気をつけて、いいプレーを見せてくれよぉ~!


*タグ/カルロス・ルイス(選手) その他(ビデオ)

選手紹介 カルロス・ペスカド・ルイス 

グアテマラ・サッカーの現在のスターといえば、
幸か不幸かカルロス・ペスカド・ルイス

幸というのは、とりあえずスターがいること。
不幸というのは、ペスカドくらいしかスターがいないこと・・・・・・。

  • 本名:カルロス・ウンベルト・ルイス・グティエレス (Carlos Humberto Ruiz Gutiérrez)

  • あだな:ペスカド (Pescado、魚の意)
    アメリカに行ってからはFishというのも加わった。ま、同じですが・・・。
    なぜにペスカドかと言いますと、写真をご覧下さい。真中がペスカド。ほら、何かに似てません?

  • 生年月日:1979年9月15日(未年の乙女座)
    あら、魚座じゃなかったのね。
    まったくどうでもいいんですけれど、なぜかウチの代表のFWは乙女座ばかりです。
    ペスカド、ロコ・ロドリゲス(9月14日)、タンケ・ペッサロッシ(9月4日)。
    乙女座の男性というのは容姿的には○○な人たちばかりなんでしょうか。
    ちなみに、ウチの小僧はペッサロッシと誕生日が同じ。乙女座です。
    ああ、将来が・・・・・・。

  • 身長:175cm

  • 所属チーム: FC Dallas (MLS)

  • 背番号: 20

  • 略歴:12歳の時からムニシパルのカンテラでプレー。
    1995年16歳でトップチームに上がった。最初にプレーした相手はシェラフ。

    2000年、ギリシアのPAS Loaninaにレンタル移籍。
    6ヶ月間在籍した。4試合に出場したものの0ゴール。
    2001年1月、ムニシパルに戻る。

    2001-2002年シーズンは引き続きムニシパルでプレー。
    この年、ロホスはUNCAF杯のチャンピオンとなる。

    2002年、MLSのLAギャラクシーに移籍。
    26試合に出場、リーグ最多の24ゴールを決め、ゴールデンブーツ獲得。
    ギャラクシーの初優勝にも貢献した上、MVPにも選出される。
    ペスカドが一番良かった年。

    2003年、26試合に出場、15ゴール。
    テイラー・トゥエルマンと共にゴールデンブーツ獲得。
    MLSのペストイレブンにも選出される。

    2004年は更に成績が下がって11ゴール。

    2005年、ランドン・ドノバンがギャラクシーに移籍。
    おかげでペスカドはギャラクシーから追い出され、FCダラスに引き取られた。
    ちょっと踏ん張って11ゴール。

    2006年、ダラスに完全移籍。
    それまで、ルイスの所有権(の一部、多分)はムニシパルに残っていた。
    この年3月のDC United戦で決めたオーバーヘッドシュートは、
    この年のベストゴールに選ばれている。

  • その他なんでも:
    ペスカドは今年ダラスのキャプテンになっちゃいました。
    ついでに代表戦でもグアテマラ最多タイの35ゴール目をやっとこさ決めちゃいました。
    最近はぱっとしないペスカドではありますが、
    そろそろW杯予選に向けて調整(え??)していってほしいところ。


*タグ/プレーヤー(プロフィール) ペスカド・ルイス(選手)