スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exニュース No.4 

ちょっとサボっている間に、実はいくつか移動がありました。


icon-flower-wineredペスカド・ルイス、パラグアイへ

昨シーズン、ギャラクシーからトロントへ売り飛ばされたペスカド、
トロントからは契約延長をしてもらえず、
グアテマラに戻ってくるかもという噂もあったのですが、
最終的にはエベル・アルメイダが監督をする
パラグアイのオリンピアに拾ってもらえました。
そ、あのカルロス・フィゲロアと同じところでございます。


パラグアイは今週末にシーズン開幕しておりますが
オリンピアはまだ試合してないそうです。
フィゲロアはまだ足の故障が治らないようで、
開幕戦に間に合うかどうかは微妙だという話。


icon-flower-wineredエルメル・オサエタ、ウルグアイへ

私はこの選手のこと聞いたことなかったんですけれど、現在20歳。
ユース時代はロホス、スチ、ハラパと渡り歩いて
その後アルゼンチンのエストゥディアンテスへ。
12月にはウルグアイのナシォナルでトライアウトを受け
ナシォナルには拾ってもらえなかったものの、
2部のアトレティコ・ボストン・リーベルというクラブに移籍が決定。
ポジションはMFだそうです。


ウルグアイの2部は2月21日開幕。
同じくウルグアイの2部でプレーするリカルド・ヘレスと
顔を合わせることもあるかも。
まだ20歳だというのに、思い切ったものですよね。
ちょっと気にして見てみます。


icon-flower-wineredロコは、韓国!?

13日の金曜日になっていきなり降ってわいてきたニュースが
ロコが韓国に行くという話。
その13日の夜には既に飛行機に飛び乗って、15日に現地着。
移籍先は全南ドラゴンズ(チュンナム・ドラゴンズ)とか。


どこの誰がどういう経緯でロコに目をつけたんでしょう?不思議。
ロコにはいいプレーして欲しいと思う反面、
ロホスの行方が心配なんですけれど・・・。


ロホス、レギサモンもビヤトロも手放して、
残る快足と言えばロコくらいだったのに。大丈夫なんでしょうか。


*タグ/カルロス・ルイス(選手) カルロス・フィゲロア(選手) エルメル・オサエタ(選手) マリオ・ロドリゲス(選手)

スポンサーサイト

Exニュース No.1 

海外というか、国外でプレーする選手たちのことを
まとめてお伝えする新シリーズ?、
ぷちニュースに対抗して「Exニュース」と名づけることにしました。
ExはExtranjero(海外)のExでして、めでたく今日は第1回。


リカルド・ヘレス、デビュー

ウルグアイの2部、レンティスタに買ってもらったリカルド・ヘレス、
開幕戦からプレー。
対戦相手はアウディフレッド、2-1で負けたようですが、
リカちゃん、相手のPKを一つ止めたりして、大活躍だった模様。
おおお~、リカちゃんがPK止めたのなんて、今まで見たことなかったよ。
五輪予選で一つでも止めてくれれば・・・(ブツブツ
Se Volvió Costumbre

公式サイトによれば、前半はレンティスタが良かったけれど、
10分にゴールを決めたフアン・テヘラが
テレビカメラに向ってゴールパフォーマンスをしてたのを、
審判がカメラの後ろにいる相手インチャを挑発しているとして退場処分。

1人少ないレンティスタ、後半は守りに入り、
そしてリカちゃん大活躍。
それでも後半2点決められてしまっての敗戦ではありますが。
まあでも、このサイトによれば「スリナム人審判」だったらしい。
ウルグアイ方面もいろいろあるわけですな・・・・・・。
とにかくリカちゃん、デビューおめ。活躍を期待しております。





ホセ・コントレラスの巻

アルセナルは週末リーベルとの試合だったのですが、
コントレラスはベンチ入りせず。ま、長旅の後だし。
グアテマラからアルゼンチンだと、ヨーロッパから行くよりも
旅行してる時間が長いのと違いますかね?
試合は2-2の引き分けです。
Sin Contreras, Arsenal empató con River





マルコ・パッパの巻

シカゴ・ファイヤーはコロラド・ラピッズとの対戦。
パッパは軽い怪我をしてるらしく、ベンチ入りしてません。
試合は2-0でラピッズの勝利。
ラピッズの木村選手、いいプレーを見せていたようですね。
Sigue mala racha del Fire en Colorado





グスタボ・カブレラの巻


こちらもベンチ入りせず。
AaBとの試合、2-0で勝っているようです。
家庭的なmestreneに中空

相変わらずシュールなGoogle翻訳ですが、
Aabのところに「トッテナムホットスパーズカードFC」って出るのは何故???





カルロス・ルイスの巻

移籍後初めて90分プレーしたのと違うかな。
相手は東部地区のトップを走るコロンバス・クルー、
トロントは最下位、ホームとはいえ厳しい相手でしたが
先制して追いつかれ、結果1-1の引き分け。
Reds draw Crew, lose Trillium Cup

ペスカド、82分にいいパスを受けたみたいだけれど、決められず、ってか。
しっかりやってくれよ~。


*タグ/リカルド・ヘレス(選手) ホセ・コントレラス(選手) マルコ・パッパ(選手) グスタボ・カブレラ(選手) カルロス・ルイス(選手)

ぷちニュース No.87 

violetペスカド、売り飛ばされる

LAギャラクシーの新監督には、
前アメリカ代表の監督だったブルース・アリーナが決定しましたが、
その後、19日だったかなあ、ペスカドがトロントに移籍することが発表されておりました。
Tronto FC get forward Ruiz from LA


トロントのサッカー部長かな?のモー・ジョンストンさんは
「こんなにレベルの高いFWを獲得できて嬉しい」
と手放しの喜び様。
そんなに喜んでもらえるんだったら、しっかり頑張らないとね!


ペスカドのキャリアーはロホスから始まり、
2000年にはギリシアのPAS Gianninaにいたこともありましたが、
その後は専らMLSで、ギャラクシー、ダラス、ギャラクシーと来て今度はトロント。
心機一転したところでの活躍を期待します。


violetマルビン・バリオス、ケガ

時間がある時に別途新しい代表招集リストを作りますが、
ハラパがCCLのサン・フランシスコ戦を控えていることもあって
ハラパのルイス・ペドロ・モリーナは招集漏れ。


その代わりに、シェラフで今シーズン絶好調のマルビン・バリオスが呼ばれたのですが。
招集を聞いた数時間後に、右足の踵を傷めてしまったとか。
なので15日間はプレーできません。


シェラフのゴールマウスはミゲル・アンヘル・クレーが守るからいいとして、
折角のチャンスに張り切りすぎてケガしてしまったのか、
もったいないことをしてしまいました。


ま、またチャンスもあることだろうから、
焦らず、腐らずに頑張って頂戴。
ちなみに、代わりに招集されたのは、クレマのガト・ゲーラであります。


violetスチの新監督は

フリオ・セサル・アントゥネス(Julio César Antúnez)に決定。
今度はウルグアイ人です。
21日(木)からチームに合流し、
23日(土)のペタパ戦から指揮を取る、というか取りました。


スチと言えば、DFの要、アンデルソン・パソス・バティスタ、
実は先週くらいからだったか、チフス熱と診断されておりました。
最初は食中毒という話で、病院に入院したのですが、
どうやらそれがチフス熱(別名腸チフス)だったんだとか。
もう既に退院して、自宅療養している状態ではあるのですが、
試合復帰はもう少し体力が戻ってきてからになりそうです。


violet全然関係ないけれど

書かずにはいられない話題。


今日23日、小僧のサッカーの試合を観戦していた時のこと。
相手チームの子が小僧チームの子に足を出して引っ掛けて倒す、というプレーが
私たちの目の前で起こったのですね。


審判はファウルを取るわけですが、
ここで某お父さん:
「審判、今のはイエローだろっ!」
審判はもちろん無視。それに腹を立てたこのお父さん、
「スリナム人審判!」だって。
もう大爆笑。


また別のシーンでもちょっとラフプレーがあって、
やっぱりカードとかは出ない。
(子供の試合なので、出さずに口頭で注意する審判が多いです)


そこで別の某お父さん:
「そんなジャッジをしてるから、代表が勝てないんだ~!」
こちらも大爆笑。


ま、でも、これから変なジャッジがあった時には
「スリナム人審判~!」
これで決まりだな。


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マルビン・バリオス(選手) フリオ・アントゥネス親分 スチテペケス(クラブ) アンデルソン・パソス(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.85 

violet第4節で転がったクビが約2つ

最初がスチテペケスのペドロ・エバンヘリスタ・ロドリゲス監督。
前監督のガビーノ・ロマンが「個人的な理由」で辞任して
急遽招聘したパラグアイ人監督だったのですが。
まあ、あれだけの戦力を持っていて、未だ1勝もできないのでは仕方ないのかなぁ。


後任には何人かの名前があがっていますが、
とりあえずはカルロス・カスタニェダとマヌエル・カスタニェダの兄弟が
チームを率いる模様。


で、その次がエレディア監督のフランシスコ・メルガル。
もっともこちらの場合は辞任です。


エレディア、シーズンオフにはかなり金をかけて補強し、
監督にもメルガルを呼んで、
今シーズンこそは最下位にはならないぞ!(最低目標)
って感じだったのに、フタを開けてみれば、第4節までですでに最下位。


だから、あそこで駄々をこねずにUSACの昇格を認めておけば
こんなことにはならなかったのに(ブツブツ)。
こちらも後任は未定です。


violetも一つ転がったのが

こちらは国外ですが。
ペスカドがお世話になっております、ロサンゼルスはギャラクシー、
今シーズン、決して不調ではなかったような気がしたけれど、
ペスカドがケガから復帰したあたりから負けこんでません???
ここ7試合、勝ち星がないそうです、とりあえず。で現在14チーム中11位。
ベッカム様も俺様ドノヴァンもいるのにねぇ。


ま、そのせいかどのせいか、DTのルート・フリット、辞任しちゃいました。
それだけならわからないでもないけれど、
ついでに会長兼GMのアレクシー・ララスまで辞任って、
そりゃあ一体どういうことなんだい!?


多分、投資に見合った効果が上がってないってことなのかもな・・・、
とりあえず代理監督にはコービー・ジョーンズが!これもびっくり。
ペスカドの行方も何だか怪しげだなぁ。
ちょっと心配ではあったりします。




*タグ/ペドロ・ロドリゲス親分 フランシスコ・メルガル親分、カルロス・ルイス(選手)

続きを読む

ぷちニュース No.78 

violet代表、帰国する

日曜日の夜にロスで試合をして、その深夜の便で帰って来た模様。
てえことは、荷物まとめてスタジアムに向っていたのね・・・、ご苦労さん。


「満足ではないけれど、良かったと思う」
と何やらむにゃむにゃ言ってるのがプリミ親分。
ボリーヨみたいに「あかん、ダメや」と率直に言えないところが辛い?


空港についたところで代表は解散、
次回は8月3日から合宿入り、6日にボリビア戦。
確認できないのは試合する場所で、以前はワシントンという話だったのだけれど、
今度はアトランタだという話も。
まあ、どこでもいいよ、勝ってくれるならさぁ。


violetマルコ・パッパはシカゴに行く

金曜日の夜の便でシカゴ入り、今日メディカルチェックだそうです。
無事すめば契約となるわけですが、
契約期間が「1シーズン」「1年」「1年半」と諸説あって、なんだかよくわからん。
ま、いいです。頑張っとくれ。


実はパッパ、本当は水曜日に発つ予定だったのが、
シカゴファイヤー側のミスでその日の便に乗れなかったのですね。
そこで「パッパもドタキャンされるんじゃないか」と
皆をヤキモキさせた訳ですが、
金曜日、無事飛んでくれて皆安堵のため息。


以前からちらりと聞いてた話では、
シカゴの監督さん(って、誰?)が五輪予選のパッパを見て気に入って、
それで「ウチに是非オタクの若いのを」と申し入れがあったんだとか。
「いやいや監督、なかなかお目が高い!」
と言ってロホスがいくらで売りつけたのかしりませんが・・・、
今のところ、買取オプション有のレンタルだという話です。


マルコ・パッパ一口データ
  • 本名:Marco Pablo Pappa Ponce
  • 生年月日:1987年11月15日、現在20歳
  • ポジション:攻撃的MF、右と左の両方できる
  • 利き足:左
  • 所属クラブ:ムニシパル一筋
  • 代表暦:U-17, U-20, U-23



violetモーヨ・コントレラスは

土曜日にブエノス・アイレスへ飛んでいきました。
以上。


violetペスカド先生は

ケガが治って、やっとスタメンにもしてもらって、
ついでにゴールも決めてみました。
ギャラクシー復帰第1弾はニューヨークでのレッドブルズ戦。
試合のハイライトを見たのですが、何で見たんだっけ?ネットかな??
英語のアナでして、「カルロス・ルイース!」と呼ばれると
なんだか別人みたくて格好いいような気が(あ、気のせいですね、やっぱり)。


ペスカドのゴールは29分、バドルのクロスにうまくヘッドであわせたもの、
その後はレッドブルズが2点入れたのだけれど、
フアン・パブロ・アンヘルのフェイントで相手を交わしてのゴールがお見事。
で、91分にドノヴァンが同点ゴール。
いや、ドノヴァンは多分クロスのつもりで蹴ったんだけれど、
バドルが飛んだもののかすりもせず。
でそのバドルに騙されて飛び出してきたGKの脇にひゅーっと入っていったのでした。
なぜか憮然としているドノヴァンが可笑しい・・・。
その後、ギャラクシーはポストに当たるシュートもあったんだけれど、
跳ね返ってきたボールをボレーで撃ったベッカム様はホームランでした。
それにしても相変わらず、ギャラクシーってDFがひどいような気がする・・・。


あ、ペスカドのゴール、MLSの今週のゴールにノミネートされてるので、
良かったら投票してやってください~。
http://web.mlsnet.com/sights/goal_of_the_week/
アンヘル君のゴールの方が良かったとは思うけどさ(ボソボソ)。


*タグ/グアテマラ代表 マルコ・パッパ(選手) ホセ・コントレラス(選手) カルロス・ルイス(選手)

ぷちニュース No.74 

violetペスカドの行方は?

まだ公式には出ていないようですが、ギャラクシーから解雇されたという話。
今シーズンギャラクシーに移籍したものの、初戦に相手のファウルで負傷、
最近やっとこさ復帰したばかりですが、
ペスカド不在でも好調だったギャラクシーに、
今更ペスカドの居場所はないってことらしい。


いや、実はもう一ひねりして
「ギャラクシーはロナウジーニョを狙ってるから外国人枠を空けないといけない」
という話もあったりするんですがね・・・・・・。


で、ペスカドの次の行き先は同じMLSのコロンバス・クルーになる模様。
ま、プレーできないところよりかはプレーできるところの方がいいよね。
元気で頑張ってちょ。


violet人事異動

海外への移籍の話、いくつか取り上げておきます。

  • ロコ
    ロコ自身は「海外移籍の話はもうない」と言ってるらしくて、
    ロホスのヘラルド・ビヤ会長は「まだ何とも言えない」
    と言ってるらしいんですが、何がどうなってるのかさっぱり不明ながら
    ロコはロホスに残留することになるかも?


    ロホスとしてはロコが海外移籍なら
    スチにレンタル中のエドウィン・ビヤトロを呼び戻す予定で、
    ビヤトロのレンタルを続けて欲しいスチにとっても気になるところ。


  • フレディ・トンプソン
    クレマに戻ったばかりのトンプソンですが、代理人によると
    「メキシコの2部かMLSから話あるんだ」とか。
    トンプソン、MLSのチバスUSAに2度チャレンジして苦い思いをしてるし、
    今度こそは決まるといいけれど。


  • マルコ・パッパ
    これはちょっとびっくりでしたが、パッパがシカゴ・ファイヤーに移籍とか。
    もう話はかなり進んでいて「近日中に契約になりそう」なんだとか。
    いやいやそれはメデタイし、
    パッパにとってもいいチャンスだと思うけれど、
    ロホスのMF、ひょっとして足りなくありませんかね?


violetさて、2部の日程とか

決まった模様です。
開幕は8月の2、3日になる模様。


とりあえず、A組とB組の組分けだけ書いておきます。( )内は県名。
A組(西部・南部)
  • ラ・メシーヤ(ウエウエテナンゴ)
  • ラ・ゴメラ(エスクイントラ)
  • コアテペケ(ケツァルテナンゴ)
  • アウロラ(グアテマラ)
  • アンティグア(サカテペケス)
  • アマティトラン(グアテマラ)
  • サン・ペドロ(サン・マルコス)
  • ヌエバ・コンセプシォン(エスクイトラ)
  • フベントゥ・レタルテカ(レタルレウ)
  • マラカテコ(サン・マルコス)


B組(北部・東部)
  • ミクトラン(サンタ・ロサ)
  • カルチャ(アルタ・ベラパス)
  • コバン・インペリアル(アルタ・ベラパス)
  • サナラテ(エル・プログレッソ)
  • アチュアパ(フティアパ)
  • サカチスパス(サンタ・ロサ)
  • USAC(グアテマラ)
  • サン・ベニート(ペテン)
  • ミスコ(グアテマラ)
  • グアスタトーヤ(エル・プログレッソ)


来シーズンこそは昇格するぞ~、がんばれ”U”!


*タグ/カルロス・ルイス(選手) マリオ・ロドリゲス(選手) フレディ・トンプソン(選手) マルコ・パッパ(選手)

ぷちニュース No.72 

violetリベルタドーレス杯に中米のクラブが参加するとか

まだ噂に過ぎない段階ですが。


もっとも、08-09シーズンの南米杯には、
ホンジュラスのモタグアの参加が決まっており(初戦はアルセナルと対戦)、
中米からリベルタ杯にもおいでよ、ってな話だったらそりゃあ嬉しい。
何でも来シーズン(それとももう今シーズン?)のリベルタ杯、
第50回という記念大会なんだそうです。


で、CONCACAFからは3つのクラブをご招待。
その内2つはメキシコ、てのはもう確定なんだそうです。
残りの1つ、普通に考えればアメリカでしょ?なんだけれど、
「残念ながら面倒な問題があってね。ビザだよ。
 将来はこの大会に参加する選手へのアメリカのビザがもっと簡単に取れるようにしたいけれど」
と言ってるのは、南米サッカー協議会かな?のエドゥアルド・デ・ルカさん。


そんな事情で名前が挙がっているのがクレマとモタグアだとか。
モタグアは南米杯出るんだからいいでしょ、
なぜにクレマの名前が挙がっているのかよくわからないのは事実なんだけれど、
クレマにしよ、クレマ。


ちょっと楽しみな話ではあります。


violetU-20代表の監督候補には

少しずつ名前が挙がってきておりますが、ちょっとびっくりですよ。

  • ホルヘ・ベニテス(Arg)-前ロホス監督
  • カルロス・ルイス(Arg)-ロホスU-20監督
  • イバン・フランコ・ソペーニョ(Arg)-前クレマ監督、現U-20監督
  • フリオ・セサル・ゴンサレス(Uru)-現クレマ監督
  • ロドリゴ・ワトソン(Crc)

チノ・ベニテス~!?
でもベニテスだと、今から一からやり直しってことですかね、ひょっとして・・・。


まあ、U-20なら、ロホスの時みたいに
「オレ達のヒーロー(注:ベテランのおじさんたち)を使え!」
てな脅迫はないだろうから、も少しはやりやすいと思うけれど。
まだまだ紆余曲折しそうかも。


violetペスカドの行方

ギャラクシーに移ったと思ったら、開幕戦の相手のファウルでいきなりケガ、
しばらく欠場を余儀なくされてしまったペスカドことカルロス・ルイス。


ペスカドがいない間にギャラクシーは快進撃を続け、現在は西地区の首位ですか?
「うまく行ってるチームはいじらない」というわけで、
ペスカドはもうギャラクシーでは用無しだという話。


移籍先としてあがっているのはトロント、サンホセ・アースクイック、チバスUSAなど。
まあともかく、プレーできないことには話にならないわけで、
どうなるにしても、いい結果がでるといいけどね。


violetも一人びっくりなことに移籍しそうなのが

コロンビア人のカルロス・アスプリーヤ。
昨シーズンはマルケンセでプレー、あまりぱっとした成績を残せなかったけれど、
とりあえず契約を更新して、複数年契約した、という話でありました。


ところがメキシコのサン・ルイス・ポトシから「ウチにおいでよ」って話が来て、
二つ返事でトライアウト受けに行ったんだそうな。


合格すればそのまま、ダメだとグアテマラに戻ってくるらしいけれど、
マルケンセは「ウチでプレーさせてなんかやるものか」、
てなわけで、近隣のクラブ(サン・ペドロとかマラカテコ)とかに
レンタルアスプリーヤされるという話です。


そうとあっては、意地でも頑張らないとね、アスプリーヤ。
さてさてどうなりますやら。


violetボリーヨ元親分は

ホントはコスタリカ代表監督をやりたかったのかも?
まあでも、グアテマラ代表監督のトラウマも醒めた今日この頃、
いつまでもプー親分してるわけにもいかないので、就職先見つけたそうです。


コロンビアのサンタ・フェというクラブ。
クラブの監督は久しぶりなのかな。
何はともあれ、元気で頑張ってくださいね~、ボリーヨ親分~!!


*タグ/コムニカシオーネス(クラブ) カルロス・ルイス(選手) カルロス・アスプリーヤ(選手) ボリーヨ親分

ぷちニュース No.40 

violetマラディアガ、3日にグアテマラへ

代表監督に就任して一旦ホンジュラスに戻ったラモン・マラディアガ、
3日に再びグアテマラにやってくるそうです。
で早速今週末、国内の試合観戦に向う模様。
第14節は何と言ってもクラシコがあるんで
これを見逃す訳にはいかないぞ!ってことのようです。


violetは~ないちも~んめ!?

なんか、マルケンセがハラパのジャン・マルケスを欲しい!
と言ってるとかいう噂が。
マルケンセ、サイドに速い選手を並べているので、
自陣からロングボールが送れる選手が欲しいんだろうな、
と思うんだけれど、このシーズン途中にかい~?


・・・・・・大体、少なくとも今は、ハラパがマルケスを手放すとは思えん・・・・・・。


もしマルケンセが本気なら、ハラパと複数年契約を結ぶマルケスについては
かなりの移籍金が必要です。
ハラパ側はまだオファー受けてない、という話だそうで。


ライオンと虎のはないちもんめ、どっちが勝つかな?


violetペスカド、また怪我

MLSが開幕して、ギャラクシーに復帰したペスカド、
コロラドに4-0で負けたのみならず、
終了間際にシアラン・オブライエンの後ろからのファウルを受けて、
手術したばかりの右膝をまたしても傷めてしまい、
4月1日にまた手術したそうです。
・・・・・・大丈夫か。


オブライエンはこのファウルで一発退場になったけれど、
4-0で勝っているのに、どうしてこんなファウルが必要なんだ!
ホント、こういうのは勘弁・・・・・・。


そう言えば、このペスカドへのファウルの後、
ドノヴァンが何やら無茶苦茶怒ってチームメイトになだめられてましたねぇ。
いいヤツだなぁ~、ドノヴァン。


*タグ/マラディアガ親分 ジャン・マルケス(選手) カルロス・ルイス(選手)

ぷちニュース No.24 

violetドーピング事件その後

開幕シーズンの決勝戦のドーピングテストで陽性になった2人のうち、
ナンドロロン陽性と判定されたジミー・オサエタは
自分に非があることを認めたとか。
「筋肉を強化する目的で使ったんだけれど、
 買った時には、禁止成分は含まれていないと言われたんだ。
 どうやら、それは嘘だったようだけれど」


と言う訳で24日にFedeFutで行われた公聴会でも自分の非を認め、
罰則を受ける、と発言しています。
ハラパの中盤は競争の激しいポジションでもあったし、
良かれと思ったんでしょうが、不注意だったね・・・。


ハラパのエドムンド・ルアノ会長は、
「残念なニュースだ。
 チームの皆もショックを受けているので、カウンセラーを雇うことにしたよ」
とさりげなく素早い対応を見せております。


一方、大麻陽性のエドワルド・サンテリス。
「どうして大麻陽性になったのか、わからない。
 唯一考えられるのは、6ヶ月前、肝炎にかかって、アメリカで入院したことだ。」


それが事実だとすれば、罰則は下されないでしょうが、
6ヶ月前のクスリが今頃になって尿から出てくる、というのもすごい話・・・。


いずれも、31日にLNFによる最終決定が下される予定です。


violet沈み行くクレマ・・・・・・

クレマのお給料払えません事件、24日に選手たちが事務所に出向いたところ、
確かにそこには、彼らが要求した通りの店頭小切手が用意されていた・・・・・・のでした。


ところが。
ここで終わらないのがクレマらしいところ。
グスタボ・カブレラ、ルイス・ロドリゲス、アルバロ・ヒメネス、リカルド・ヘレスの4人には
小切手が用意されてなかったからさあ大変。


この4人、マスコミや個人的な会話の中で、
「別のクラブに移籍したい」
と発言したから、そんな奴らには給料なんか払ってやらないよ、
ってことなんだとか。


そんなわけで、折角やっとこさお給料貰える!と喜んだ選手たちも、
「もともとの合意は、全員に2ヶ月半の給料を支払うってことだったはず。
 そうじゃなければ、合意の不履行とみなす」
と反発、誰も小切手もらわずに帰ったそうです。


クラブ側の言い分は、
「出て行きたいんなら、出てけば。
 でも、複数年契約してるんだから、契約を破棄する交渉してからお金払ったげるよ」。


ちょっとちょっと。
合意にあった2ヶ月半のお給料てのは、既に仕事をした分、
あんたたちの滞納分の話でしょ。
そんな理屈、成り立つかいっ。


加えて。表立って意見を言いこそはしなかったものの、
選手たちを陰ながら支えていたマルロン・イバン・レオン監督も解任されてしまいました。
表向きの理由は「監督就任3シーズンで、好成績を残していない」から。
そんな理由で、シーズン始まった直後に解任するかいっ!!


後任はアルゼンチン人のイバン・フランコ・ソペグノ。
エスペシアルカテゴリーのクレマ監督だった、というか今もそうです、という人です。


というわけで週末のエレディア戦、またしてもパトッホスの出番のような。
トップチーム登録の選手では
ロロ・フォンセカ、アンヘル・サナブリア、ルイス・アライに加えて
ブラジルから24日夜に戻ってくるという噂のイーベルトン・パエスが出る模様。


選手たちの言い分の方がもっともだと思うんだけれどもなぁ・・・・・・。
代表に選ばれた選手たちにも影響が出そうなのも心配です。


violetペスカドやっとこさお披露目

ベッカム様の同僚となったペスカドことカルロス・ルイス。
やっとこさお披露目をしてもらったそうです。
背番号はやっぱり20。
ギャラクシーの公式(英語)にも一応話が載ってます。


ギャラクシーの試合、ダラスよりはテレビ放送されることが多いですから、
これからはもう少しペスカドの活躍が見られるかもな?
てな意味では嬉しいんですが、まあ、ギャラクシーですからね・・・・・・、
クラブとしてはダラスの方が好きだったんで、ちょっと複雑。


とにかく、心機一転、最初にギャラクシーに移籍した時のような
大活躍を期待することにしましょう。


violet最近になって聞こえてきた移籍の話

決定した人から書いていきますと、
フアン・カルロス・アリアサがエクアドルの2部ですかね?
ムニシパル・デ・カニャールというクラブへ移籍が決定。
このクラブ、現在1部への昇格を狙っているそうです。


アリアサは28歳、テクルタンでデビューし、
ロホスへ移籍したもののプレーする機会に恵まれず、
ハラパはエレディアへレンタルされたこともあったのですが、
2007年の開幕シーズンは2部のミスコでプレーしておりました。


一体全体どういうコネでエクアドルなのぉ?
てのにはびっくりですが、是非是非頑張って来てくださいませ。


で、やっぱりエクアドルへの移籍の噂があるのがロホスのパンド・ラミレス。
W杯予選とかもあるので、どうかな・・・という気はしますが。


前からアメリカに行きたい!と言ってたロホスのフレディ・トンプソンには
MLSのサンノゼ・アースクイックスからオファーが。
ロホスで今それを検討しているところだそうですが、
一足早く、沈み行くクレマから逃げ出したトンプソン、
願い通り新天地でプレーできるようになるかな?


*タグ/ジミー・オサエタ(選手) エドワルド・サンテリス(選手) コムニカシオーネス(クラブ) カルロス・ルイス(選手) フアン・アリアサ(選手) ギジェルモ・ラミレス(選手) フレディ・トンプソン(選手)

ぷちニュース No.20 

violetペスカド、ベッカムのチームメイトになる

どうもそうなるんじゃないか、という気がしてたんですが、やっぱりね。
ペスカドことカルロス・ルイス、LAギャラクシーに売り飛ばされてしまいました。


他にもコロンバス・クルー、シカゴ・ファイアー、カンサスシティ・ウィザード等が
ペスカド争奪戦に名乗りを上げていたらしいですが、
古巣ギャラクシーが「どうしてもウチが取るんや!」と頑張った・・・・・・
のかもしれません。


監督はルート・フリットになったところだしね・・・(んー、びみょー)
それに今はベッカム様がいるから、
ひょっとしたらひょっとして、一緒にハリウッドデビュー!(ありえねー)


気になるのは、ギャラクシーの補強の方針が全然わかんない、ってことで、
大体ペスカド、「ドノバンが帰ってくるからお前いらないよ」
って追ん出されたんじゃありませんでしたっけね・・・・・・。


ま、いいです。
ベッカムのお陰で注目を浴びることになったクラブですし、
ひょっとしたらまたチェルシーみたいなクラブと試合できる機会もあるかも、だしね。


で、当のペスカドはと言いますと、現在グアテマラでオフ中。
手術した膝も順調に回復し、ロホスの選手と一緒に練習参加。
ロホスの選手にとってもいい刺激になってるんじゃないかな。


もちょっとマジメな情報をご所望の方は、ギャラクシーの公式サイト(英語)をどうぞ。


violetアルゼンチンよ、オマエもかぁ・・・

どうやらアルゼンチンもメキシコ同様、
グアテマラA代表の親善試合にU-23代表を当てるようです。


もっとも、Conmebolの方はオリンピック予選1年前に終了しておりまして、
アルゼンチンとブラジルが出場することが決まってるようなので、
軽い肩慣らし程度かもしれませんが。


でもアルゼンチンって、U-23とか言っても、
メッシはいるわ、アグエロはいるわ、えーと、ガゴもそうだよね?
ウスタリ、ファツィオ、バネガ、ディマリアもそう???
いやはや、すごいチームですな・・・・・・。


加えて、オーバーエイジ枠の3人も連れて行く・・・という話らしく、
ひょっとしてリケルメェ~!?


いやいやどういうことになりますやら。
楽しみなような、恐ろしいような・・・・・・。


*タグ/カルロス・ルイス(選手) グアテマラ代表

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。