スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exニュース No.4 

ちょっとサボっている間に、実はいくつか移動がありました。


icon-flower-wineredペスカド・ルイス、パラグアイへ

昨シーズン、ギャラクシーからトロントへ売り飛ばされたペスカド、
トロントからは契約延長をしてもらえず、
グアテマラに戻ってくるかもという噂もあったのですが、
最終的にはエベル・アルメイダが監督をする
パラグアイのオリンピアに拾ってもらえました。
そ、あのカルロス・フィゲロアと同じところでございます。


パラグアイは今週末にシーズン開幕しておりますが
オリンピアはまだ試合してないそうです。
フィゲロアはまだ足の故障が治らないようで、
開幕戦に間に合うかどうかは微妙だという話。


icon-flower-wineredエルメル・オサエタ、ウルグアイへ

私はこの選手のこと聞いたことなかったんですけれど、現在20歳。
ユース時代はロホス、スチ、ハラパと渡り歩いて
その後アルゼンチンのエストゥディアンテスへ。
12月にはウルグアイのナシォナルでトライアウトを受け
ナシォナルには拾ってもらえなかったものの、
2部のアトレティコ・ボストン・リーベルというクラブに移籍が決定。
ポジションはMFだそうです。


ウルグアイの2部は2月21日開幕。
同じくウルグアイの2部でプレーするリカルド・ヘレスと
顔を合わせることもあるかも。
まだ20歳だというのに、思い切ったものですよね。
ちょっと気にして見てみます。


icon-flower-wineredロコは、韓国!?

13日の金曜日になっていきなり降ってわいてきたニュースが
ロコが韓国に行くという話。
その13日の夜には既に飛行機に飛び乗って、15日に現地着。
移籍先は全南ドラゴンズ(チュンナム・ドラゴンズ)とか。


どこの誰がどういう経緯でロコに目をつけたんでしょう?不思議。
ロコにはいいプレーして欲しいと思う反面、
ロホスの行方が心配なんですけれど・・・。


ロホス、レギサモンもビヤトロも手放して、
残る快足と言えばロコくらいだったのに。大丈夫なんでしょうか。


*タグ/カルロス・ルイス(選手) カルロス・フィゲロア(選手) エルメル・オサエタ(選手) マリオ・ロドリゲス(選手)

スポンサーサイト

Exニュース No.3 

昨年はあまりぱっとした活躍のなかった
国外でプレーするグアテマラ人たち。
今オフの間に若干の動きが見られますのでまとめてお届け。


icon-flower-wineredフレディ・トンプソン

メキシコの2部ベラクルスにお買い上げいただいたものの
登録時期が過ぎていたためにプレーできないでいたフレディ・トンプソン、
先週、やはり2部のオリサバに売られたそうです。


閉幕シーズンの間だけの契約の模様だけれど
買取オプション付。てえことはレンタルか。


メキシコの2部は既に開幕しているようですが、
オリサバの試合は17日から。
そんなわけで、代表から招集されていたものの、
許可をもらってクラブの方に参戦しております。


icon-flower-wineredグスタボ・カブレラ

最初こそはなかなかいい出足だったタボ・カブレラでしたが
その後は試合に使ってもらえもしないまま。
その後はコロンビアのサンタ・フェという話もありましたが
事情があってそれもダメとなり、
国内のクラブ、当初はマルケンセでしたっけかが有力と言われてましたが
結局ハラパに落ち着きました。


ハラパと言えば兄ちゃんカブレラのエディがいたわけですが、
エディ・カブレラはハラパとは契約更新せず(できず?)
2部のフベントゥ・レタルテカに移籍しており、
弟カブレラのタボは兄ちゃんの後釜として
同じポジションをやることになりそうです。


やっぱり、プレーしてこそサッカー選手。
頑張ってちょうだい。


icon-flower-wineredマルコ・パッパ

実はパッパにはポーランドのクラブから声が掛かったのでした。
シカゴのチームメイトだったトマス・フランコウスキの推薦があって
Jagiellonia Bialystok(読めない)ってクラブからロホスに照会があったらしい。


ところが貧乏ロホス、「$75,000」てな大金?で売りつけようとしたものだから
あっという間にご破算になってしまいました。
ポーランド、うーむ、ようわからんが、ヨーロッパではある。


パッパは2009年のMLSシーズン終了までシカゴにレンタルされることになっており
パッパとしては、その間にシカゴにお買い上げ頂けるよう頑張りたいし、
ロホスとしても$75,000、あわよくばそれより高額で売りつけてしまいたいし、
ポーランドなんかに行かれてしまったら、その後、買戻しもできないんじゃないの?
という心配もあって(邪推?)、できればシカゴにいて欲しいんでしょう。


パッパの気持ちはよくわからないけれど、
今はシカゴでスタメン定着をもくろんでいる模様。


まあそれにしてもロホス・・・・・・。
パッパの将来を踏みにじるようなことだけはしてくれるな。


icon-flower-wineredカルロス・フィゲロア

フィゲロアの話は12月の内に決まっていたのですが、
パラグアイのオリンピアに移籍いたしました。


オリンピア、昨年末の会長選挙やら何やらのすったもんだの結果、
元ロホス監督のエベル・ウーゴ・アルメイダが監督に就任、
このアルメイダがフィゲロアを高く評価していて、
就任する前から「ワシが監督になったら来んかぁ」と
フィゲロアにラブコール(え?)、
シェラフもフィゲロアの移籍を快く認めてくれて、
とんとん拍子に決まったのでした。


オリンピアと言えばパラグアイの名門ではありますが、
ここ数年は低迷中。
アルメイダがこれを立て直すことができるのか、
フィゲロアが貢献することができるのか。
ちょっと注目してみたくはあります。試合見られないけれど。


こんな事情もあって、代表に選ばれていたフィゲロアですが
代表を抜けてしばらくはクラブに専念する模様。
それはそれでかなり正しい選択のような気が・・・。


*タグ/フレディ・トンプソン(選手) グスタボ・カブレラ(選手) マルコ・パッパ(選手) カルロス・フィゲロア(選手)

ぷちニュース No.63 

violetタボ・カブレラの行方は

オーフスに決定!おめでと~。


代表合宿中のタボですが、デンマークから連絡があったとか。
6月23日にオーフス入りして、正式に契約する模様。


タボはCopacsaという3部のクラブから始めて、
クレマ、MLSのリアル・ソルト・レイク、クレマ、
そして念願のヨーロッパ。
気候も言葉も全然違うところなんでいろいろと大変でしょうが、
思いっきりやってきてちょ。ブエナ・スエルテ!


violetカルロス・フィゲロアは

ハラパが貸してほしいとか言ってたようですが、
結局、シェラフに移籍することになりました。


フィゲロア、ロホスとの間で合意に至らず他のクラブへということのようですが、
出場機会もあまりなかったし、この移籍は本人にとってはプラスじゃないかな。


ロホスカンテラ出身のフィゲロアとしては、
内心複雑なものがあるようですが、
シェラフで活躍して、代表に復帰するのが目標だとか。
こちらもブエナ・スエルテ!です。


violet代表のW杯予選用ユニお披露目

てのが今日あったらしいです。


とりあえず新聞では昨日のうちに取り上げられておりました。
Prensa Libre


青地に白のたすきがけ、襟元もさわやかな白でござい。
パンツは?ってのがちょっと気になりますが・・・。
個人的にはこのタスキがない方がすっきりしてて好みなんだけれどなぁ、ぶつぶつ。


今日のお披露目では代表の誰かがモデルになってるんでしょうから、
また写真でもあったらご紹介します。


*タグ/グスタボ・カブレラ(選手) カルロス・フィゲロア(選手) グアテマラ代表

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。