スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯予選 グアテマラ - アメリカ 

グアテマラ - アメリカ
8月20日20:00 マテオ・フローレス競技場(グアテマラシティー)
主審: John Wijngaarde (スリナム)


遂にやって来ました、アメリカ戦。
W杯予選もグループとなりこれからがいよいよ本番。緊張するよなぁ~。
とは言ってもグアテマラ、アメリカ相手には
ここ20年間勝ちがないんだそうで、
いきなりそんな相手とやるのは厳しいわけですが、
遅かれ早かれ対戦する相手なら、さっさと済ませてしまいましょ。


んなわけで、スタメンです。

グアテマラ
GK: 1トリゲーニョ
DF: 6タボ、14ロドリゲス、4フローレス、5ガヤルド
MF: 15トンプソン、11パンド、7ロコ、10フレディ、16モーヨ
FW: 9ペスカド(c)
DT: プリミ・マラディアガ

アメリカ
GK: 1ハワード
DF: 6チェルンドロ、5オニェウー、3ボカネグラ(c)、15ピアース
MF: 4マストロエニ、10ドノヴァン、12ブラッドリー、7ルイス
FW: 8デンプシー、11チン
DT: ボブ・ブラッドリー





今日も午後からものすご~く暗くなって、嵐の予感。
空模様か、それとも試合模様か・・・と思ったら
天気の方はさほど荒れることもなく、雨が通り過ぎて行きました。
だとすると、嵐は試合の方か、はたまた観客の方か・・・。


ほぼ満員のマテオ・フローレス。
観客席は真っ白で試合前からすごい盛り上がり。
スタンドも白のホームユニ着用してる人がほとんどかも。
個人的には青ユニの方が好きなんだけれどな。
ま、どっちでもいいですよ、勝ってくれるなら。


おお、アメリカ応援の人たちもいるっ!!!
こんな「危ない」試合にやってくるとは、勇気あるかも。
ほら、確か禁止されていたはずの花火を持ち込んでる人たちがいる。
大丈夫なのか、ここの警備。


さて試合。
両者いささかナーヴァスな立ち上がりで、ファウルが多い。
4分くらいにやっとウチらしい攻撃が一つ、
ただしフレディのクロスはノーコンだったけれど。


うーむむむ、中盤で少しボールは持てるけれど
アメリカも出足良し。あと手も良く出てるか?
相手ボールになると、速攻で来るのでヒヤヒヤ。
グアテマラはサイドから崩したいけれど、
相手の出足が良いのでいい感じでボールが繋がらないんだよね・・・。
でも人もボールも良く動く、いい試合ではあります。


16分、サイドでフレディとボールを競ったチェルンドロ、
相手ボールと言われてボールを叩きつけてイエロー。
この審判さん、ちょっと厳しくない?


右サイド、ロコがスピードを生かして裏に抜けるプレーが時々。
24分、グアテマラがボールを回して縦に入ったボールがロコへ、
ロコのクロスに少し届かないペスカド。
も少し動けやぁ~、ペスカド。


26分、デンプシーとパンドにイエロー。
パンドが後ろから軽くポン、とやったところに
むっとしたデンプシーがバシッとはたいてうずくまるパンドだったんですがね・・・、
ま、仕方ないかな。やっぱりこういうところに厳しいかもこの審判。
さっき誰かがモーヨのシャツを引っ張ったのは取らなかったのに。
33分にはマストロエニがペスカドに足引っ掛けてイエロー。


前半も終わり近くなってきて、いい感じでボールが回るようになってくる。
まあそれでも、相手ゴールは遠いかもな・・・、
おまけに、いい感じになってくると守備がおろそかになるのも怖いところ。
ほら、チンがフリーでエリア手前からシュート!!
ほんの少しだけゴールの上を通っていってほっ。


39分、フレディが左サイドから大きなクロス、
ロコがヘッドしたボール、ピアースが大きく開いた右腕でクリアー。
PKでしょ!PK!! PK~!!!!!!!


これまで流すのかっ、審判っ!!!
プリミが無茶苦茶怒っていて、第4審判が怖がってる?
この審判団、スリナムとジャマイカの人たちらしいです。
これがPKじゃなきゃ、一体何がPKなのよ?


その後もフレディが縦にいいボールを入れるけれど、
やっぱりどうもツメが詰まらないのがウチらしいかもねぇ・・・、
ペスカドがしっかりマークされているんだから、
もっと皆でどんどんシュート撃っていけばいいのに。


なんとびっくりなことに、グアテマラが押し込んだまま前半終了。
はあ、後半修正してくるだろうしな。大丈夫か、ウチ。





49分。右サイドをロコが上がり、ペスカド、フレディと繋いで
フレディが折り返し、モーヨが飛び込むものの、ちっ。
相手DFに上手く体を入れられてしまった。
いやいやしかし、ひょっとして、まだウチペース?


フレディとロコ、ポジションチェンジすればいいのになぁ~、
でもロコは左足使えないから、だからチェンジできないのか(爆


51分。ガヤルドがハイボールに完全に勝ったのに、
相手を押したとしてファウルを取られる。
全然押してないんですけれど?
そのすぐ後にも全然オフサイドじゃないのがオフサイドって・・・。
ちょっと大丈夫か、審判さん。


グアテマラの中盤は確かにすごくいいかも、
プレーキなのは実はキャプテンのペスカドかな。
ん、ま、FWってウチのウィークポイントですからね、
いっそのこと、0トップでもいいんじゃないかと思う今日この頃。


56分、エリア右角に入り込んだところから蹴りこんだロコのシュートは
わずかに外。う~ん、いい加減、誰か決めてくれ。
その直後、アメリカのラインの裏に出たボールをロコが拾ったところで、
審判がプレーを止める。
ファウルって・・・、ちょっと前のアメリカのファウルかぁ?
だったら、そのまま流してくれよっ(怒
絶好のチャンスだったのに。
と書いていたらトンプソンのミドル。これもはずれた・・・。


今までのところ、ものすごく一方的にウチが攻めてる
何だか全然見たこともないような試合展開。
でも得点がないのはいつものことか。


59分、チェルンドロがフレディの足を手で掴んで倒して2枚目イエロー。
これでウチが数的有利。


60分、カブレラとルイスかな?が頭をぶつけてごっつんこ。
で、えっ、カブレラにレッド!??なんで????
この審判の判断の基準が全然わからん。
タボ、確かに相手の頭を直撃したけれど、
ボールに行ったのであって、ワザとのプレーじゃないだろうが。
試合を壊すなぁ~、審判っ!!!


そこらでわいわい揉めている頃に、
アメリカは2ヘイジュックが入ってデンプシーが下がり、
頭の痛いルイスも下がって17ビーズリー。
ウチは12マルケスが入ってトンプソンが下がる。
おおおおお。初めて見るものが出てきた。
選手交代の時に使う、背番号表示用電光掲示板。
グアテマラ初ではないだろか。


続いてフレディも下がって、2カストリーヨが入る。
大丈夫かなぁ。


今度は16モーヨにイエロー。67分。
なんで?これもさっぱりわからん。
わからんけれど、とにかく、落ち着いてくれ~、
じゃないと誰もピッチにいなくなりそう。


その直後のドノヴァンのFK、誰かがヘッドしたけれど
トリゲーニョが弾き出す。


そしてその直後の68分、CKからボカネグラがヘッドを決めて0-1。
ウチのDFがたくさんいる中、ボカネグラ1人がフリーで空を飛ぶ。
審判の妙なジャッジ続きでイライラしてたこともあって、
集中力も切れてしまったかもな。あああ、これは嵐だ・・・。
審判さん、無事にスリナムに帰れないかもよ?


73分、CKから、カンチェ・ロドリゲスがヒールキック、
フリーのフローレスのシュートは枠を超えて行く。
あああ~、どんなにシュートたくさん撃ったって、
枠の中に入らなきゃダメなんだってばっ!


73分、やたらとかっかと熱くなってるモーヨに代わってパッパが入る。
再びアメリカのプレスが厳しくなってきた、
つまりウチのボール回しがゆっくりになって来たってことか。


76分、マストロエニに代わって13モーリス・エドゥー。
マストロエニ、今日はかなりくたびれているように見えるかも。


80分、パッパのボール、相手に当たってコースがそれ、
ハワードが体を倒して止めるんだけれど、
詰めてきたペスカドの足が顔に当たってボールがこぼれる。
このボールをロコが蹴りこんでゴール・・・、ファウルか、やっぱり。
でも、そう、諦めちゃいけないっ!
その後、怒ってペスカドの手を叩いたハワードにイエロー。
場内アナウンスが率先してSí, se puede! Sí, se puede!と音頭取り。


うーむむむ、もう時間がないよぅ~、頼む、誰か決めて。
アメリカはもう後ろに引きこもっているから、
攻めあぐねて、結局ボールを奪われて、って感じになってきた。


それでも・・・、シュート撃とうよっ!
エリア手前でいくらボール回ししてたって、何にもならないでしょっ!!
そして撃ったパッパのボールは大きくはずれる。
でも、そう、撃たなきゃ。
ライン裏に出るボールが無くなったのが辛いなぁ、動けっ、ペスカド!!


それにしても、こんなに受けに回ったアメリカって始めてみるかも。
エリア内に固まって、とにかくクリアー。
カリブの小国かい、おまいさんたち。
黄金杯とかも自分ちでやってたし、アウェーに慣れていないとか?
それとも単なる練習不足かね??


90分。こら~、皆、上がれ~!
外れてもいいから、シュート撃ってっ。
その勇気がないウチの代表たち。0-1のまま試合終了。


グアテマラ代表、決して悪くなかったし、
審判のジャッジについても言いたいことはたくさんあるけれど、
押している時間に点が取れなかったのもまた事実で、
それが返す返すも悔やまれる。
最後もシュートする勇気なかったしね。


枠内に飛んだシュートはウチが6本、相手が3本、
アメリカは要領良すぎだろ。
ま、ウチ的には内容良かったので
やれる、っていう自信もついたのではないかしら。
今後の試合に期待します。


いやそれにしても。
嵐どころかハリケーンのようなジャッジだったな(ボソボソ)。


*タグ/グアテマラ代表 アメリカ代表

続きを読む

スポンサーサイト

開幕前夜 

18日、アメリカ合衆国代表ご一行様が
空路グアテマラ入りしたのはいいんだけれど、
この人たち、一般の人たちが使うターミナルではなくて
反対側の空軍基地から入国したのだとか。
これって、大統領とか賓客用のVIP待遇。むか。


まあもちろん、一般客でごった返すターミナルでは
刺されたり撃たれたりするかもしれませんからね???


そんなVIP代表のご一行はこんなメンバーです。

GK Brad Guzan Aston Villa (Eng)
GK Tim Howard Everton (Eng)
DF Carlos Bocanegra Rennes (Fra)
DF Steve Cherundolo Hannover 96 (Ger)
DF Jay DeMerit Watford (Eng)
DF Frankie Hejduk Columbus Crew
DF Oguchi Onyewu Standard de Lieje (Bel)
DF Heath Pearce Hansa Rostock (Ger)
MF Damarcus Beasley Glasgow Rangers (Sco)
MF Michael Bradley Heerenveen (Ned)
MF Maurice Edu Tronto
MF Sacha Kljestan Chivas USA
MF Eddie Lewis Derby County (Eng)
MF Pablo Mastroeni Colorado Rapids
FW Brian Ching Houston Dynamo
FW Clint Dempsey Fulham (Eng)
FW Landon Donovan Los Angeles Galaxy
FW Eddie Johnson Fulham (Eng)

う~む、やっぱり手強い。
黄金杯の頃とあまり変わってないですよね、この顔ぶれ。
ウチに付け入るスキがあるとすれば、
アメリカさんは海外でプレーする選手が多いので
連携とかチームプレーがまだまだだといいなぁ(希望的観測)。


中盤薄めでパワーサッカーをしてくるアメリカと
中盤の人材が豊富でここを支配して有利に進めたいグアテマラ。
グアテマラホームなので、ボール支配はグアテマラかなぁと思うのですが
ボールを支配してうまく相手を崩せるのか、
それともボール持たされていいようにやられちゃうのか、
ああ、見るのが怖い(笑。


アメリカ代表は今日は第6区のセメントス・プログレッソ・スタジアムで練習した模様。
グアテマラシティーを銃弾じゃなくて縦断して行く感じで、
なんでまたそんな遠いところで?という気もするのですが、
ここの場合は余り選択の余地がないので仕方ないかもな・・・。
加えて久しぶりの土砂降りの雨も降ったりして、
さて、調整できたんでしょうかね?


一方のグアテマラ代表、18日には当地で合宿中のホンジュラス代表と
練習試合をしてみたりなんかしています。
結果は1-1の引き分け。
ウチの得点はパンド、ホンジュラスはダビッド・スアソ。
まあ内容がどうだったのかよくわからないので何とも言えないけれど
GKが活躍した試合だったという話。それって、かなり心配かも・・・。


も一つ心配なのは、アブネル・トリゲーロスがこの試合でケガをしたって、えっ!?
なんでも相手の選手の蹴りをまともに食らったみたいで、
アメリカ戦は出られないかも???最近調子が良かっただけに残念・・・・・・。
他の皆で頑張ってくれやぁ。


そう言えば、このグアテマラ-アメリカ戦、
FIFAが「ハイリスクな試合」と宣言してくれたそうです。
Prensa Libre / Juego Guatemala - Estados Unidos, catalogado de alto riesgo

「ハイリスク」ってのは、暴動とかが起こる可能性ありってことなんでしょうが、
グアテマラでやる試合で暴動が起きるとしたら、
グアテマラが負ける場合ですよね?
そんな、実力が全く上の相手とやって負けて、暴動になるかいな。
もっとも、代表がヘナチョコ試合してしまったらそうなるかも、だけれど。


この試合のチケット、発売の翌日には24,974席のほとんどが売れてしまったとかで
ダフ屋さんに回った分があったとしてもかなりの観客が見込まれております。
実際以前にはマテオ・フローレスで死者を出したこともあったし・・・。
そう言えば、ホンジュラスはテグシガルパのティブルシオ・カリアス、
FIFAから使用禁止のお達しが下りましたよねぇ。
なのでホームの試合はサン・ペドロ・スーラでやることになるらしいですが、
ホンジュラスのサッカー協会が猛反発してたような記憶が。


あと、ハイリスク試合とされているのはリカルド・サプリッサで行われる
コスタリカ-エルサルバドル。
これは以前おもしろい記事を読んだなぁ、そう言えば。
この試合のエルサルバドルサポへのチケットの割り当てが少なかったの、
「エルサルバドルのマラ(ストリートギャング)が入国するのを防ぐため」
とかいう説明がされて、サルバドレーニョスが怒ったという話。
いかにもティコらしい話で、
ワザと荒れる試合にしたいんか・・・てな気がしますが、
その後エルサルバドルへの割り当てを増やして
何とか穏便にすませてもらったのではなかったか・・・。
この試合、ケントンさんのコスタリカ代表監督としての初試合となるわけですが、
どんなデビュー戦になりますやら。


話はグアテマラに戻りまして、
マテオ・フローレスは20日15時開場(試合開始は20時)となっております。
スタジアム付近は厳戒な警戒態勢が取られるそうなので
迂闊に近づかない方が良いかも。
というか、帰宅の時間は道路が混むかもな・・・、
さっさと帰ることにしよ。


そうしてしっかりと試合に備える我が家だったりするのでありました。
雨が降らないといいけれど。


*タグ/グアテマラ代表 アメリカ代表


続きを読む

アメリカとメキシコ、どちらに勝ってほしいですか? 

ゴールドカップももう最後の一戦を残すだけ。
となったところで、グアテマラのサッカーを扱っているGuatefutbolというサイトで、
こんなアンケートをしています。


「アメリカとメキシコ、どちらに勝ってほしいですか?」


「どちらが勝つと思いますか?」ではなくて「どちらに勝ってほしいですか?」
おおおおー、これは意味深だ~!と思って結果を見てみたところ、
その時点ではこんなになっておりました。なお、投票数はまだ82です。

  • アメリカ   49 (59.8%)
  • どっちでもいい   22(26.8%)
  • メキシコ   11(13.4%)

普段はアメリカ嫌いなくせに、
アメリカとメキシコの二択を迫られると「アメリカ」って言うのがグアテマラ人。
こんなところでもしっかり出てる


グアテマラ人でバルセロニスタな我が家のサッカー小僧は
「ラファ・マルケスが出るならメキシコを応援する!じゃなきゃ、アメリカ~」だそうで。
ラファが出てなかった(ベンチにすらいなかった)準決勝では
グアドループを応援してましたね、そう言えば。
やっぱりこれってグアテマラ人のDNA?


グアテマラ人じゃなくてバルセロニスタな私は「とりあえずメヒコ」


どちらもこの後に本番のコパ・アメリカを控えてのゴールドカップ決勝。
アメリカで行われる大会で、メヒコはアメリカに勝てるか!?
さてさてどんな試合になりますやら。


*タグ/メキシコ代表 アメリカ代表

アメリカ戦 

結果は敗戦。でも、びっくりするほどの善戦。
パブロのバカタレのミスさえなければ、0-0で終わっていたかもしれない試合でした。


いや~それにしても、LAはいいお天気ですね。羨まし~な~。
おっ。キャプテンはタボ・カブレラ!とちょっとびっくりしていたら、
グアテマラのキックオフで試合開始。


と思ったら、いきなりUSAのCKですか。
ちょっと皆、動きがカタイよっ!!!なんかピッチの半分だけで試合してるじゃん。
超まず~っ!!
15、20、23分とやば過ぎるシーンが続出、ゴールが決まるのはもう時間の問題的な雰囲気が。


若い選手が多いので、いきなりUSA相手で緊張するのはわからないではないけれど、
緊張してる場合じゃないでしょっ!と思ったら、25分、デンプシーのゴール。


後ろからデンプシーが来ていることに気がつかなかった
今日のおばかさんNo.1パブロ・メルガルがぼーっとボールに見とれている間に
掻っ攫われて奇麗に決められてしまいました。あっちゃ・・・・・・。

追記:おっと間違えた。後ろから来ていたのはトゥエルマンで、トゥエルマンからデンプシーに渡り、デンプシーが決めた。が正解。


でも、です。どうやらこれで緊張がほぐれたみたい。
やっと少し、中盤で競れるようになってきました。


ワントップのペスカド付近にも、少しボールが届き始める。
それにしても・・・、何て読むの?テレビのアナウンサーはオンジェブって発音してますが、
表記はOnyewu、オニェウー?でもオンジェブって音が気に入ったのでオンジェブで行きます。


そのオンジェブが魚釣りの担当のようで。
決して身長の大きくないペスカドに、190cm以上はありそうなオンジェブが張り付いてファウル攻撃。
オンジェブの顎の下にペスカドの頭があって、なんだかトーテムポールみたいだな。


その後、一進一退&危険シーンもありましたが、USAが押し気味のまま前半終了。
ノーコンに助けられているにしても、あれで1-0なんてウソみたいだー。
私も前半だけでかなりぐったりしましたが、
グアテマラの勝利を信じている小僧はどうやら頭痛がし始めたらしい。


さて気を取り直して、後半。
あまり期待せずに見始めると、おっ、おお~っ!チョーロ・ノリエガがふわっと浮かせるミドルシュート!
シュートというよりはクロスみたいなボールだったのですが、
アメリカのGKハワードが飛んでゴール上にそらしたっ!


50分には魚釣り担当のオンジェブにイエロー。
ペスカド、オンジェブ相手に当たり負けしてないぞ。
うまく体を使ってオンジェブを捌くシーンが増えてきました。


ん?んん?んんんんん???ひょっとして、グアテマラが押し込んでませんか~?
というわけでUSAベンチが動きます。60分デンプシーOut、ジョンソンIn。


その5分後くらにはUSAはトゥエルマンOut、ラルストンIn、
グアテマラはイエロー貰ったばかりのゴメスOut、マリオ・ロコ・ロドリゲスIn。
でFWが2枚になった。


と思ったら、そのロコに今日のおばかさんNo.2オグチ・オンジェブがファウルでダブルイエロー。
後半は今日のヒーローNo.1カルロス・ペスカド・ルイスにテキトーにあしらわれて、イライラしていた感じ。
あらこの人、体は長いのに気は短いのね。今大会初のレッド獲得おめでとさん!


でもっていい場所でFK。エリア外やや右から。
なんだかボールが落ち着かないまま、キニョーネスの足元に「シュートしてっ」と落ちてきた。
そこでシュートできないのが今日のおばかさんNo.3カルロス・キニョーネス
もたもたしてる間にクリアーされてしまいました。あーがっかり。


何だか大体こんな感じで、押し気味ではあっても得点の気配なし。
マルビン・アビラOut、カルロス・フィゲロアInで右サイドからの攻撃が増えるようになってきましたが、
一人減ったアメリカがDFを立て直したような。
タンケ・ペサロッシもウォーミングアップしてたようですが、最後の交代は今日のヒーローNo.2レオネル・チョーロ・ノリエガに代わってルイス・スイシェル。
チョーロはイエローもらったこともありますが、キニョーネス?とぶつかってちょっと足を傷めたみたい。
大したことないといいんですけどね。


点が入らないまま、もう90分。
最後の最後にCK獲得!でトリゲーニョも上がってきた。
おっ、そう言えばトリゲーニョ、しばらくテレビに映ってなかったな。
と思ったら、ボールがそのトリゲーニョのところへ!
トリゲーニョ、ヘッド~!こら~っ、GKにヘディングさせてどーする!
誰か落としてやれよっ!
そんなテキトーな攻撃でなので、ハワードに難なく押さえられてしまい、試合終了。


がーっかり・・・ではあるのですが、大した善戦でした。
USAが一歩で行けるところを、グアテマラは2~3歩でチョコチョコとどんくさく走り回る。
まるでウサギとカメそのもの。
速さでは全然叶わないのに、それでもちゃんと誰かがカバーしてうまく凌いでいた。
さすがボリーヨ!余裕のショッピングに行くだけのことはあるわっ!て感じです。


あ、なんだかほのかに希望の光が・・・・・・


Bグループのもう一試合、エルサルバドル-トリニダード・トバゴは2-1。
グアテマラは次は9日土曜日、エルサルバドルと対戦です。


*タグ/グアテマラ代表 アメリカ代表

登場人物のご紹介 

遂にゴールドカップも開幕。コスタリカがカナダに負けてちょっとだけびっくり。
ま、でも別のグループのことはどうでもいいです。


明日はグアテマラがアメリカ代表と対戦。
ですので、登場しそうな人物をここにご紹介しておきたいと思います。
システムは4-4-2(4-4-1-1)、または4-5-1。
速くてアタリも強いアメリカ相手ですから、4-5-1で3ボランチの方がありそうですか。


GK 
Ricardo Trigueño Foster(リカルド・トリゲーニョ・フォステル)

DF 
Gustavo Cabrera(グスタボ・カブレラ)
Henry Medina(ヘンリィ・メディーナ)
Pablo Melgar(パブロ・メルガル)
Claudio Albizuris(クラウディオ・アルビスーリス)

MF *がついているのがボランチ
*Leonel Cholo Noriega(レオネル・チョーロ・ノリエガ)
*Carlos Buda Quiñones(カルロス・ブッダ・キニョーネス)
*Rigoberto Chula Gómez(リゴベルト・チューラ・ゴメス)
José Contreras(ホセ・コントレーラス)
Marvin Avila(マルビン・アビラ)

FW
Carlos Pescado Ruiz(カルロス・ペスカド・ルイス)


守って、守って、守り抜いて、得点はペスカドの個人技にお願い。ってフォーメーションですね、これ。
まともにやって勝てる相手ではないですが、数ヶ月前の親善試合では0-0で引き分けてるんで、
今回も狙いは引き分けかしらん。


実力が上の相手にどんな戦いを挑むのか!?
グアテマラ代表も気合を入れて練習に励んでいる!
と思ったら、昨日は午前・午後2回予定されていた練習、午前の分をキャンセルして、
皆で買い出しに繰り出したんだとか。


ボリーヨさ~ん、大丈夫なんですかあ?
「そりゃあもちろん、勝ちたいよね。でも、俺たちの目標は、この大会じゃなくってW杯だから」。
えええ?それって、この大会ダメでモトモトよ。って意味ですか?


なんか意味深なボリーヨ発言でしたが、どんな風に仕込んでくれたのか、楽しみですね、やっぱり。
勝てなくても、いい試合になってくれますように。


*グアテマラ代表 アメリカ代表 ボリーヨ親分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。